ヒット・ザ・ロード/Hit Z Road

IMG_8836.jpg
(3人でインスト込み70分ほど)

【概要&ルール】

ゾンビが蔓延る世界でシカゴからロサンゼルスまで旅するロードムービーボードゲーム。

プレイヤーは何人かの生存者コマを持ち、規定ラウンド生き残ることが目的です。シカゴからロサンゼルスを目指して旅をしているという設定で、各ラウンドでカード2枚分旅していきます。

各ラウンド、人数×2枚のカードが公開され、そのうちどれを取るかを競りで決めます。競りで使われるのは王冠(ビンのフタの方)型のトークンで支払った数が多い人からカードを選んでいきます。
IMG_8831.jpg
(競りは、右側の数字が書かれたトラックを使って行います。ソフトパス、全プレイヤーがパスした時点での数字分お金を払います)

カードには、得られるリソース(王冠やその他のアイテムトークン)、襲ってくるゾンビの数、得点、イベントテキストなどが書かれており、得点以外はただちに解決します。

ゾンビに襲われて場合、ダイスロールで解決します。生存者数分のダイスを振り、ゾンビを倒したり、生存者コマが死んだりをゾンビか生存者がなくなるまで続けます。手持ちの生存者コマがなくなったプレイヤーはゲームから脱落します。
IMG_8832.jpg
(サイトマークがでればゾンビは倒せます。黒色ダイスではドクロマークがでて、なおかつ、やる気が支払えない場合に限り生存者が死にます。一発死亡の目がある赤色ダイスもあります)

全プレイヤーが競りで獲得したカードを解決したら、次ラウンドに進みます。最終ラウンドだった場合、まだ生存者コマを持っているプレイヤーの中で最も点数の高いプレイヤーが勝利します。

【プレイ内容】

如月さん、タムラさん、僕の3人で。

毎ラウンド競るカードは序盤、中盤、終盤の3種類あり、カードの山を作る際にその順に重ねているので徐々にゾンビが増えるような作りになっている…というのは想像がつきます。

しかし、全員初プレイで具体的なカード構成など知らないので、カードでもらえるリソースと同じくらいなら損はしないから…と1ラウンド目からそれなりに全力で競りにいきます。
カードからは王冠以外がもらえる場合もあるんですが、そのもらえる地図だったりバイオハザードマークだったりはもらった時には効果はわからず(※)、後から出てくるカード上で「地図を持っていればXX」のように指定されてます。
一部のアイテム効果はルールブックに載っていますが、大半は載っていないようです。まあ、使い方に色々種類があるわけでもないので2回目以降は全て効果はわかった状態で競るわけなんですが。

僕は効果はわからないけどもとっとけば何かしら面白いことが起こるだろうと、カードの素点はおいといて王冠やアイテムの獲得できそうなものを優先して取っていきました。

僕はチキンなのでしゃがんで競りから抜けるとかあまり出来ないんではじめの数ラウンドは常に1番手か2番手を取ってました。今回は幸いなことに、競りに全く王冠を費やさずにゼロで抜けるということを如月さん、タムラさんがそれほどせず、また、熱くなったプレイヤー2人がとんでもなくせり上げるということもなかったため、競りに費やした王冠数はほとんど差がつきませんでした。

王冠、王冠と書いてましたが、王冠は実は3種類あります。競りでお金として使う場合は種類を問わず同じものとして扱いますが、「ゾンビとの戦闘時2つ捨てることで先頭を回避できる”燃料”」、「ゾンビとの戦闘開始前に捨てることで遠隔攻撃できる(ダイスを振れる)”弾薬”」、「戦闘時、使用することで追加でゾンビを倒せたり、生存者死亡を回避できる”やる気”」と使うことで有利にゲームを進められます。

当然、競りで1番手、2番手を取れば王冠を多く使うんですが、如月さん、タムラさんはゾンとの戦闘前に結構”弾薬”として王冠を消費されてた&前述の理由もあり、なんだかんだで中盤くらいから王冠が一番多いのは僕になってました。
しかも、序盤で取っていたアイテムのトークンや競りの時に支払う王冠の種類の関係で、如月さん、タムラさんは競りの選択肢がどんどんなくなっていってしまうということが発生。

”弾薬”、”やる気”は戦闘で使うからと”燃料”を多めに支払われてたんですが、カードのイベントとして、燃料消費できなかったら生存者コマ1つ死ぬとか出てくるので、回避不能で1つ死ぬならゾンビとの戦闘を選ぶかなどなど、後半になると当然出て来るゾンビの数も増えるので戦闘でも厳して消費も激しくなりどんどんジリ貧に。
けれども、競りで勝とうにも王冠数で負けてしまっていて足元を見られるという負の連鎖。

最初に死亡者が出た如月さんが徐々に生存者を減らしていき、最序盤の伏線を回収する形で最後のひとりも死亡して脱落。

ミス・ダイナマイトを仲間に加え、最も多い生存者を誇っていたタムラさんも赤ダイス(団体ででくるちょっと強いゾンビ)の効果によって死亡者を出し、その後”やる気”も使い果たして最終ラウンド開始時には最後のひとりに。
IMG_8839.jpg
(どんどん生存者が死んでいく(ドクロの目がでる)タムラさん)

僕は比較的楽なカードを競り落とせていたのと、ダイス目が走っていたこともありまだ一人も死んでません。

最終ラウンド、僕が最後のひとりまで生存者を減らしてしまうとか、最後のひとりになってたタムラさんが6体のゾンビを全て倒しきる(1ラウンドに競るカードは2枚なので2枚目のゾンビ戦ダイス1投目で死亡)という波乱もありましたが、無事にロサンゼルスまでたどり着いたのは僕のみということで僕の勝利で終わりました。
IMG_8842.jpg
(ここまでに競り落としたカードを並べると雰囲気出ます。下段一番右の2枚は終了時に残していたリソース数トップがもらえる得点カードで、これをみるとロサンゼルスは天国のような土地だったようです(きっと続編で壊滅します))

【感想】

ダイスでゾンビでヒャッホー的なゲームです。

このゲーム、この世界にあるHit the Roadというボードゲームを加工したものという設定で、カードはトランプを流用したもののような見た目、手番順を表すタイルはポイントカードやクレジットカードなど、ばらばらのとにかくカード状のものに数字が書かれていたりと雰囲気作りに全力を注いでくれてます。それに加えて、カードに書かれた細かいフレーバーテキストが素晴らしく、淡々とゲームを進めるのではなく、ストーリーを感じさせてくれる作りになってます。

効果だけ見れば、同じカードはたくさんあります。例えば、ゾンビが5体現れるカードと生存者コマを1つ失う効果のカードは何枚かありますが、その中の1枚ずつにだけ、フレーバーとして「ゾンビどもは倒したがアーロンが怪我しちまった」と、「怪我が原因でアーロンが死んだ。安らかに眠ってくれ」とか書いてあり、アーロンの怪我カードを競り落としてた人からすれば、(同じ効果のカードが競り対象に並んでいても)アーロンが死んだカードを取るか取らないかは結構でかい選択肢になります。
生存者コマが増える効果にしても、この生存者はなんという名前なのかだとか、弾薬を手に入れるカードに今日は休んで弾丸作りさなどとゾンビから逃げつつの日常だとかが書かれてるというのが、カードを競り落として自分の手元に並べていくのが楽しいんですよね。
競りの時に場に並んだ時点で、こんなことがあんなことがとフレーバーをついつい読んで盛り上がっちゃいましたし。

ボードゲームをプレイ中に設定に乗っかった冗談(「この時代だったり食料手に入れるの超大変だから!」とか、まあ、そういうこと)を言ったり聞いたりした経験が多少なりともあるかと思うんですが、(まあ、言い過ぎなんですけど)ゾンビもの+ダイスというプレーヤーが入れ込みやすいテーマ&システムの上にさらカード間のつながりをフレーバーでもたせて、うまいことドラマを感じさせてくれるゲームです。

ボードゲーム的には肝心要のシステム部分は、下手にゾンビテーマにしてしまったためになんかおまけみたいになってしまったというか、主役から外れてしまっているように思います。
競りで使うお金をその後のダイスロールで特殊能力トークンとして使えるというのは、例えばクニツィアがのっけただけのテーマでゲーム化したなら、いいカードを競り落とすのに使った方がいいのか、それとも、競りでは節約して困った時に特殊能力として使えるようにしといた方がいいのかと、いい具合に悩ましい作りにしてくれるのではないかと思えるとても良い素材だと思うんですが。

思うんですが、このゲームだとほんと扱いが雑なんですよね。ゾンビが襲ってくるなら遠隔攻撃でぶちのめすのが当然だろ?くらえええええ(2金使って遠隔攻撃用ダイス4つを振る)とか、おらああ、燃料使ってゾンビどもを燃やしてやるぜえええ(2金を燃料として消費)とか。
競りか特殊効果か、もっと悩んでも良いような要素なのに勢いだけで決めてしまえるような雑さです。

それも、入り込めるテーマとそれにジャストフィットしたダイスロールというシステムを採用してるがためだと思うんですが、これ、デザイナー(ワレスです)がこういうアートワークでと指示したのか、パビリッシャーがこれなら受ける!とプロデュースしたのか、ちょっと気になりますw。

キャプテン・ソナー/ Captain Sonar

IMG_8747.jpg
(インスト込み8人で30分程度)

【概要&ルール】

「艦長!魚雷発射準備できました!」
「通信士!敵の位置は捕捉できているか!?」
「よし!ちゅうもーく!! 魚雷発射!」
「どーーん」

2艇の潜水艦でチーム戦でリアルタイムに海戦ゲームをやるゲームです。
IMG_8750.jpg
(こんな感じで衝立を挟んで戦います)

プレイヤーは潜水艦の乗組員になります。乗組員には以下の4つの役割があります。
・艦長:潜水艦の進行方向や魚雷などの装備の使用を決定します。進んだ方向は手元のマップにメモしながら、相手の通信士に聞こえるよう「北!」のように声に出さないとなりません。

・通信士:敵艦の進行方向を聞いてメモし、相手の位置を推測します。
IMG_8751.jpg
(通信士が使うのはマップの書かれたボードと、透明なプラスチック板。プラ板に敵艦長が言った通りの進行ルートを書き、そのプラ板をマップ上でずらしながら、島にぶつからないようにこの進行ルートで移動してるということはこの辺りのはず!とやります。写真のようなジグザグの航跡だと島影とあわせてここしかないんじゃない?とすぐばれますw)

・主任航海士:潜水艦が進むごとに装備にチェックを入れます。チェックが満たされれば装備が使用可能になります。

・機関士:この潜水艦は移動するごとにどこか故障するのですが、どこを故障させるかを機関士が決めます。
IMG_8748.jpg
(主任航海士と機関士が使うボード)

これらの役割をプレイヤーで割り振って戦います。8人プレイなら各チームの各役割をひとりずつ担当しますが、4人プレイだと1人が2つずつ役割を担当することになります。2人プレイならひとりで艦を動かさないとなりません。

こうして潜水艦を動かして、相手の艦の位置をつきとめ、魚雷や機雷で一定のダメージを与えて相手を撃沈するのが目的です。

【プレイ内容】

ちょっと前にツイッター上で話題になり、面白そうだなーと思っていたゲームだったのですが、いたるさんに声をかけていただき、遊ぶことが出来ました。

いたるさん、一味さん、かろくさん、侍さん、たむらさん、ねんそさん、ふうかさん、僕の8人で。

通常はリアルタイムで遊ぶゲームなのですがいきなりだとルール間違えとかもあるだろうということか、ターン制の練習を最初にやることが推奨されているようで、僕らも最初は練習ゲームをすることに。

チーム分けは、

艦長:いたるさん
通信士:一味さん
主任航海士:かろくさん
機関士:ふうかさん

といういたるさんチームと

艦長:ねんそさん
通信士:たむらさん
主任航海士:侍さん
機関士:僕

という全員がメガネをかけているメガネチームに。

練習ゲームではマップも狭く、単純な作りになっているのですが、スタート時にはノーヒントなので敵を見つけるまでしばらくかかるかなと思ったんですが、我チームの主任航海士である侍さんはソナーのパワーをため、最初に使用可能にしてくれました。

ソナーを使われた側は、いま潜水艦がいる縦軸座標or横軸座標orマップを4等分したエリアの3つの情報のうち1つ本当の情報を、そして1つ嘘の情報を伝えないといけません。嘘が混ざるのでだいたいの場所しかわかりませんが闇雲にやるよりはかなりヒントになります。

こうやって徐々に相手の位置を突き止めていくんだな…!と思っていると、いきなり魚雷を発射してくるいたる艦長w。

ノーヒントなので、これは当然外れ。

魚雷は、敵艦のいる(と思われる)座標を指定して発射し、その座標のマス+隣接する8マスにいればダメージを与えるという武器なのですが、自分の艦から4マス以内しか指定できません。つまり、魚雷を撃つとだいたいの位置が相手に知られるわけです。

にわかに活気づくメガネチームの司令室。たむら通信士から、先ほどのソナーと相手からうたれた魚雷で相手はこの辺りにいるはずですと報告がされ、ねんそ艦長とふたりで、では、どうするかという真面目な話がされてます。

その時、機関士である僕はというと、どの装備がいつ使われるかを推測し、その頃に使えるよう準備を進めていた…というわけでもなく、最初、ねんそ艦長と練習ゲームでは急速潜航はしないという話をしていたので、急速潜航に関する部品を壊し、最初にソナーをうった後はもう相手方の位置わかったからと探査系に関する部品を淡々と壊すという作業をしていたので、すげえ暇でしたw。

※意味がわからないかと思いますが、機関士のボードには装備に関するマークが書かれており、移動するごとにいずれかのマークに印をつける。印には、攻撃系、探査系、急速潜航、プルトニウムの4種類があり、プルトニウム以外の3種のマークはひとつでも印がついてると、パワーがたまっても関連する装備が使えません。
マークはグルーピングされていて、グループ全部に印がつけば、そのグループ全ての印が消せます。

侍主任航海士も淡々と魚雷と機雷のパワーをためるだけのお仕事になってたので、敵艦が行動する度にこっちだあっちだ、いやいやこうだと話されているねんそ艦長、たむら通信士を横目で見ながら、いやー、暇ですねーと話してました。衝立の向こうのふうかさん達も似たような感じらしくちょっと雑談したり。

一度場所を特定されてしまうと、移動する方角は必ず相手の通信士に申告しなければならず、1マスずつしか進めないんで普通にやるぶんには相手をまくことは不可能です。
ただ、急速潜航すれば方角もマス数も申告無しで移動ができるので、また相手から隠れることが出来ます。

しかし、急速潜航の重要性がこの練習ゲームでは両チームとも認識できておらず、真っ先に機関士がぶっ壊してしまったため、一度見つかるとタコ殴りですw。
(いや、タコ殴りのはずなんですが、今回は相手の申告を聞き逃してしまったのか、「艦長!相手艦を見失いました!」という声も聞こえてきてました)

攻撃したメガネ艦も場所を特定されましたが、先にダメージを与えていた分のリードのおかげで先に撃沈することができました。

いやー、これは面白いということで続けてリアルタイム制で遊びました。
リアルタイム制だとマップが広くなったり機関士や主任航海士のボードも若干スペースが増えます。

せっかくだから役割変わりましょうということでいたるさんたちはそのまま、メガネチームは役割をシャッフル。
僕は通信士になりました。

相手の艦長の進行方向を聞いて手元のボードにメモするだけでしょ?となめてたんですが、これが案外大変でした。

進行方向をメモした透明ボードを地図上で色々とずらして、この航跡だと島に当たらないように移動できる場所の候補は3ヶ所だ。これに、さっきのソナーの情報を重ねるとたぶんこっちだな…と集中してやる分にはたいして難しくなさそうなことが、リアルタイム制だと思わぬタイミングで相手艦長が艦を進めるので、作業が中断してしまってなかなかやりたいことができません。

しかも、「では北にいきます」「はい、北ですね」となればいんですけど、そういうわけでもなく、

相手艦長:「よし、北だ。北」
相手主任航海士:「北、OK!」(航海士と機関士は作業が終わったらOKといわなければならないルールです)
相手機関士:「え?北?」
相手艦長&主任航海士:「うん、北北」
相手機関士:「北ね。OK!」
相手艦長:「よし、北行ったから…」

え?結局北に行ったのは結局1回なんでしたっけみたいな時もあれば、艦長が1度しか言わずにみんなに指示が通って相手チーム的には問題ないけれど、こっちは相手艦の場所を特定しようとしてて聞き逃したという時もあったりで、すんなりいきません。

やべえ、聞き逃してる気がする…という不安の中、最初にうったソナーのおかげで先に相手艦の場所を特定できたのはこちら。
スタート直後はたむら機関士と侍艦長の連携がうまくいかず、艦が爆発したり(1ダメージ)することもありましたが、ねんそ航海士とたむら機関士がうまく装備が使えるよう調整し、進行方向を侍艦長に具申。これでうまく機関の故障をリセットしつつ、相手艦を追い詰めます。

もちろんこちらも見つかっているので、両チームとも慌ただしくなります。装備を使う際には「ちゅーもーく!」と艦長が発声して、いったんリアルタイム制をとめて、装備を使う処理が終わったら、再開という流れなんですが、装備を使うには、主任航海士にパワーがたまっているかを確認し、機関士に関連機関が故障してないか確認し、相手艦の場所は特定できているのか通信士に確認しと全メンバに確認した上で「注目!」という必要があります。

A艦長:「ちゅうも…、あれ?まだダメ?いける?」
A機関士:「えーっと、魚雷です?いけーま…」
B艦長:「まだ注目しなくていいよね?北北!北に移動!」
B主任航海士:「急速潜航いけます!急速潜航!急速潜航!」
A通信士:「え?どっちいったんです?北?」
A艦長&B艦長:(ほぼ同時に)「注目!」

うかうかしてると相手が魚雷の範囲外にでてしまいますし、逆に見つかってる時はとっとと急速潜航したいです。
もう色々てんやわんやで、ちょっと落ち着いて考えようみたいなことをする雰囲気ではないです。

あと1発当てれば勝てる!魚雷のパワー貯まるの待ちという状況から急速潜航で逃げられ、その後、2ヶ所まで候補が絞れました。当てれば勝ちだけど外すとこちらもあと1発当てられると沈むのでたぶん負けますという状況で、1/2の選択を外してしまい、我々の艦は撃沈。

最後に若干チームをシャッフルして、マップも氷河(たぶんプロモ)にして3戦目。僕は主任航海士で、それなりにうまいことやり、今度は機関士、艦長との連携もばっちりで、通信士の腕もよく相手が全くこちらの場所に見当がついてない状況で相手の位置を特定。これいいんじゃない?と思ったのもつかの間。やはり攻撃できる=攻撃されるという状況なので、結果的にはいい勝負になり、リアルタイム制の悪魔の手により焦りから2回攻撃をミスったため、この勝負でも撃沈されて終了しました。

※書きませんでしたが、浮上というアクションもあり、浮上することでダメージと現在地以外をなかったことにできます。浮上後、簡単な一筆書きをメンバー全員でこなせば再び潜れます。当然、相手は自由に動いてくるので早く潜りたーいとこれまた焦るわけです。氷河マップでは氷のあるところで浮上すると1ダメージ食らうという仕組みになってます。

【感想】

リアルタイムの協力ゲームには前から興味があったので遊べて良かったです。お誘いいただいて感謝感謝です。

潜水艦のゲームで衝立の向こうから聞こえてくる相手の声を頼りに相手艦を倒すと聞いて、最初はもっと静かなゲームかと思ってました。チーム戦のリアルタイムゲームなら賑やかにならないわけがないですよねw。

そんなわけで、ゲームの面白さは、みんなで慌ててわちゃわちゃしたり右往左往したりする楽しさと、うまいこと連携が取れた時のやったぜ!という達成感の2点です。

連携については、各役職の仕事が絶妙に絡んでいるというか、まあ、「他人関係なし、自分の好きな様にやる」でも仕事自体はこなせるんですが、ちょっとうまくやってやろうとすると自然と他プレイヤーの動向に気を配ったり、声掛けしたりするようになる作りになってます。

デザイナーのフラガはスカッドセブンとか、リアルタイムゲームを他にも作っているせいか、ルール上で連携を強要している部分とそうでない部分の分け方がうまいです。ひとつひとつのやることの楽しさを増しつつ、全体としてわちゃわちゃしてるのをうまく”ゲーム”にしてます。

連携がうまくいった時、嬉しくなったり、楽しくなったりするためには、ある程度の難しさが必要だと思うんですが(難易度相当の嬉しさ、楽しさが得られると言い換えてもいいです)、これは”仕事”ではなくて”ゲーム”なので難しすぎることやストレスのかかりすぎることをプレイヤーにやらせるのはうまくない。でも、簡単すぎてもつまらない。
そこでプレイヤーにやりようを投げてるのはうまいなあと。通常時のやることでどの程度連携するかはプレイヤーが好きにすればいいですが、連携すればするほど難易度もうまくいった時の達成感もあがります。

ルールで連携が強要されている浮上時の一筆書きも、やること自体はめっちゃ単純で簡単、ただし急いでやらないと相手艦がどんどん有利になるというシチュエーションで、スマートに各人の一番の頑張りを出させてうまくいった時の達成感をあげるとかほんとにうまい作りだなと思います。

一番良くやることは工夫の余地を作って飽きさせない、たまに出てくることは単純にしながら緊急性をあげて達成感を確保とか、リアルタイムゲームのことをよくわかってる作りのゲームです。

連携と達成感、リアルタイムのみんなのわちゃわちゃのゲームなので、やはり大人数で遊んだ方が楽しいのは間違いないです。
一応、2~8人プレイ用になっていて、2人や4人でも遊べますが、6人はいた方が良いかなあと思います。
先ほどから書いている通り、個々のやることは簡単な内容なので通常は8人でやる仕事を4人でやったとしてもできはします。そして、それはそれできっと楽しいです。
しかし、明らかに8人用に作られたゲームをひとりで何人か分やれば少人数でも遊べる!という作りなので、やはり8人で遊び、各チームが4人全員で潜水艦を動かす時に最大パフォーマンスを発揮するゲームだとは思います。

ダーク・ディーリング/Dark Dealings

IMG_8672.jpg
(インスト込み4人で40分ほど)

【概要&ルール】

「俺、魔王なんだけど、なんか近所を歩いてた勇者を適当に捕まえて、そいつらの強さでモンスター競り落としたら勇者が怒って襲ってきたから、モンスターで撃退したわ」
何をやってるかよくわからんですが、こんなゲームです。

ゲームは3つのフェイズで構成されています。

1.ドラフトフェイズ
勇者カードを各プレイヤーに規定数配り、2枚とっては隣に渡し~で各自の手札を作る

2.競りフェイズ
モンスターカードをプレイヤー数×2場に並べ、プレイヤーは手札から英雄カード2枚プレイする。
英雄カードの強さに応じて数字が振られており、数字の高い英雄カードをプレイしたプレイヤーから順に1枚ずつモンスターカードを獲得して手元に置く。
これを全員の手札がなくなるまで繰り返す。

英雄カードはプレイした順(モンスターの獲得に使った順)に伏せてプレイヤーごとに山札を作る。
IMG_8670.jpg
(英雄カードはこんな感じ。左下の数字が競りで使う数字、左上の盾の中にあるのはこの後のフェイズで使う戦闘力です)

3.襲撃フェイズ

各プレイヤーが英雄カードの山の1番上(要は競りで1番最後に使ったカード)を公開し、英雄カードの戦闘力を上回るようモンスターカードをタップして戦闘する。
モンスターカードは辺にアイコンと数字が書かれており、対応するアイコンを弱点に持つ英雄をその数字で殴れる。タップしてアイコン&数字の書かれていない辺が手前に来たモンスターカードは破棄する。
戦闘はモンスター側の殴った数字が英雄の戦闘力を上回れば英雄を倒せる。

無事、英雄を倒せたら山札から次の英雄カードを公開して戦闘…を英雄カードの山が尽きるか、戦闘に勝てなくなるまで続ける。

最後まで生き残った(戦闘に勝ち続けた)プレイヤーが勝利する。

【プレイ内容】

キノさん、一味さん、如月さん、僕の4人で。

設定がようわからんもののとにかくやってみましょうということでスタート。

最初は英雄のドラフトからです。
次の競りフェイズでお金として使うものの、最終的には自分のところを攻めてくるカードでもあるのであまり強い英雄をとるわけにもいかないなと考えて僕は弱そうな奴から順に選んでました。
英雄は戦闘力だけでなく職業が設定されていて、職業ごとに特殊能力があります。

例えば、ハーフリングは常に2人で行動してるので1枚のカードで2回戦闘が発生するとか、シーフは戦闘力ちょうどの攻撃でないと倒せない(オーバーしたらダメ)とか、ウィザードは引かれたら即座にモンスターカード1枚を破棄させるなどなどです。

戦闘力ちょうどでないとならないといっても、弱いやつだと戦闘力は2とか3なので、作りにくいわけでもないだろうとシーフ中心に集めていきます。もちろんドラフトなので徐々にやっかいなカードばかりが残っていくので、とにかく戦闘力が高い(その代わりモンスターカードの使用制限がなくなる)ナイトとかが回ってくるだろうと思っていたら、そんなこともなく。
如月さんが、「うちにナイトこない!」と仰っていたのでキノさんと一味さんがナイトを多く獲得されていたようです。

そして、英雄カードがそろったので今度は自分を守ってくれるモンスターカードの競りです。

次の襲撃フェイズでは、この競りで使ったのと逆順に英雄カードが公開されます。つまり、最初に競りに使ったカードが最後に攻めてくるカードになるわけです。
ぶっちゃけた話、襲撃の最後まで生き残れないんじゃないかなと思い、ドラフトで最後に回ってきた(僕の手札の中では強い)ウィザード2枚をとっとと使ってしまいました。

どうもみなさん同じだったらしく、場には強い英雄カードがずらりと並びましたw。

当然、強いモンスターを競り落としたいんですが、弱い勇者=競りでも価値が低いので、大抵回ってくるのは余り物。
何故かみんなから嫌われたミミックのカードばかりが手元に集まりました。それでも、手元にある罠カード(ミミックも含まれます)数分だけモンスターの攻撃力があがるスペシャルなミミックも手に入れることができました。
IMG_8673.jpg
(弊ミミック軍団)

そして、ここからは他プレイヤーとの絡みはなくなり、淡々と自分のとこにある英雄VSモンスターを処理していくことになります。

英雄には弱点が設定されていて、その弱点に対応したモンスターでないと攻撃が有効になりません。僕のところの英雄のように戦闘力が低いやつらは、どのモンスターでも弱点つけますが、競りで常に1番、2番をとっていた一味さん、キノさんのとこには、弱点が1つしかないような英雄が当然います。

そんなわけで始まる記憶力勝負w。
この英雄はこのモンスターとこのモンスターで倒せる! いや、こっちのモンスターは後ででてくる(はず)の別の英雄を殴るのにとっておかないと。よし、使えるのはこのモンスターだな。お待たせしました!あ!弱点あってなかった! じゃあ、こっち使って…って大変そうでしたw。

僕のところは弱点は関係ないので、シーフの数字を覚えておくのと、最後の2枚の英雄はたぶん倒せないということだけ。

とはいっても、全ての英雄にあわせてモンスターカードを揃えられているわけでもないのでここで使う予定ではなかったモンスターを使わされたりしつつ、最後から3枚めの英雄まで無事撃破!
しかし、この時点で残っているモンスターは攻撃力1のミミックが2枚のみで、次は(僕の手札のなかでは)格の違うウィザードがでてくるため、次戦で敗北は確定。ゲームに勝つ目はなくなりましたが、せめて同点に…と思いながら、みんなで次の英雄を公開。

僕は予定通りウィザードに負け、如月さんは戦闘力3のシーフと弱めの英雄だったもののちょうどの攻撃力を持ったモンスターがおらず負け、キノさんも負け。一味さんも負ければタイブレイクだが…と思いましたが、一味さんはぎりぎり勝利されて、一味さんの勝ちとなりました。

【感想】

競り+記憶ゲームというのが新鮮でした。

どうやって倒すか考えつつ、倒す予定の英雄で倒すのに必要なモンスターを競り落とし、それをちゃんと予定通り、モンスターをとっておけるかというのが楽しかったです。

今回、僕はそんなプレイになりましたが、たぶん強い英雄ばかり集めて、モンスターカードも強いものを競り落とし、記憶とか関係ないぜーとばかりにどんな英雄だろうとなぎ倒す、そんなプレイも有りだと思います(今回の一味さんとかそれに近かったのかもしれません)。

パワープレイやろうとしてるところに、ドラフトで弱いシーフがまわってきたら、そいつのために弱いカードも必要になって悶絶しそうですけど。

競りで英雄カードを使う順番も、今回は基本的に強いやつから使われていってましたが、出てくる順番はともかく結局、全部(もしくは他人より多く)倒さないとならないので、1戦目にでてこようが、ラストバトルにでてこようが変わらないと考えれば、もっと競りも面白く出来そうです。最後の競りに自分の最強の英雄をぶっこむとかすれば、競りには勝てるけど1戦目からめっちゃ強い英雄と戦うことになりますが、他人の思惑をずらせるかもしれません。

ドラフトにせよ、競りにせよ、最後の各自が自分とこの英雄と戦うソロゲームになる襲撃フェイズに向けて、「いかに自分の思い通りの英雄/モンスターカードを集めるか」と、「いかに他人の思惑をくずすか」のせめぎ合いをやろうと思えばできる作りになっているので、次にプレイする際にはどんどんぶっこみを狙って行きたいです。

もちろん、あれー?どんな英雄があるんだっけー?とやりながら、あーだこーだとモンスターをやりくりするだけでも面白かったんですが。

姫路にあるドイツゲーム喫茶B-CAFEに行ってきました。

帰省先の岡山から戻ってくる時に乗る予定だった新幹線より何本か早いのに乗れそうだったので途中、姫路で降りてドイツゲーム喫茶B-CAFEに行ってきました。(お店のサイト
数日前読んださとさんの訪問記で興味を持ったのですが、ちょうどオープンしたばかりで帰省タイミングよかったです。

姫路きたら当然姫路城(国宝・世界遺産)行かないと!と、先日の福山に続き、お城→ボードゲームカフェ/スペースという流れにしたわけですが、平日にも関わらず姫路城、めちゃくちゃ混んでました。というか、街全体に観光客がこんなにおるんか!というくらい多かったです。
IMG_8637.jpg
(この先の角を曲がると天守閣への行列があります)

子供の頃に2回くらい来たことあるんですがその時は、こんなに混んでなかった覚えがあるんですが。やはり世界遺産とかになってから人が増えたのか、昔来た時はえらいオフシーズンだったのか。まあ、今混んでるのはどうしようもないのでひたすら待って、天守閣まで見てきました。なんか、整然と観光客をさばく、えらく観光地として慣れてるところと、のんびりしてる空間が混在してて面白いところでした。

観光終えて、んではとB-Cafeに向かいました。姫路城と姫路駅の中間あたり、商店街からちょこっと曲がったとこにお店はありました。一応看板(メニューとか書いてある黒板)は出てるものの、場所知らないとなかなか気づけなさそうです。お客さんの大半は地図身ながら目指してくる方々ばかりなんでしょうけど。
IMG_8638.jpg
(立て看板のあるあそこかな?)
IMG_8640.jpg
(あってました!)

オープン2日目ということもあってか、オペレーションがこなれてない感じでしたが、店内焙煎のコーヒーをアイスで頂いて、まずは大量に流れていた汗をひっこませつつ、のんびり店内を見させていただきました。
IMG_8646.jpg
(メニュー一覧)
IMG_8641.jpg
(オーダーすると番号札としてニムトのカードが渡されます)

ちなみに飲み物は、コップではなくストローを挿す穴が開いた蓋がつけられる瓶にいられてました。まったく同じかはわからんですが、↓こんなのです。(この後うかがった神保町のアソビCafe でも同じものが使われてました。) 簡単にはこぼれなさそうでいいですね。

いくつか種類があったので飲み物によって瓶の種類を変えられているのかもしれません。

ボードゲームカフェというのにあまり来た経験がないんですが、置いてあるゲームにもその店の特色が感じられて棚見てるだけでも面白いもんですね。先日うかがった遊び場さんさは、ショップも兼ねていることもあるんでしょうけど、今手に入りやすいもの中心で「ボードゲームショップ(非マニア向け)の棚」という感じだったんですが、B-Cafeは古いものから新しいもの、今では手に入りにくいもの、ユーロゲームだけでなく国産アナログゲームの古いものまでほんと様々で、「ボードゲーム好きの個人宅の棚」という感じでした(店長さんのお宅のもの中心に置かれているのかもしれません)。
個人宅の~といっても、うちみたいに趣味に走りまくったクソゲーがあるわけではなく、評価の高い名作中心でした。
IMG_8647.jpg
IMG_8648.jpg
(写ってないところにもテーブルが1,2つあります。)

B-Cafeでもゲームをする際に相席OKかどうかを聞かれ、OKであれば僕みたいにひとりでふらっと寄った人も混ぜてもらえます。始めは店長さんがやりましょうと仰ってくれてたんですが、この日はおひとりだったので受付やってオーダー受けて料理や飲み物作りつつ同卓するというのは流石に無理ということで常連さん(オープン2日目なんでお店開かれる前からのお知り合いかと思うのですが)と同卓させて頂きました。調理スペースの隣の卓で遊んでたせいか、遊んでる最中、どなたかが頼まれた軽食を調理する時のにおいが大変おいしそうでしたw。

新幹線の時間もあったので3,4ゲーム、1時間半ほどしか遊べませんでしたが楽しく過ごさせていただきました。

んで、たこ焼きと御座候を商店街で買って、岡山から新幹線に乗ってきた相方たちと合流して関東に帰ってきました。
粉モノ文化圏は、たこ焼きとかの値段が安くて大変素敵ですね。関東の半額とか6,7割とかで買えてしまって、しかもうまい(※個人の感想です)ので始末に終えません。

福山にある遊び場さんさに行ってきました。

お盆に岡山の実家に帰省していたのですが、せっかく近く(といっても車で2時間弱かかる程度には遠いのですが)にいるから行ってみるかーと、広島県福山市にある遊び場さんさに行ってきました。

自分の用事がないのに福山まで車で行くのめんどくせえなあと言われたので井原まで送迎してもらう事にしてそこから電車で。

駅前にいきなり福山城があって驚きました。あとから調べると昭和初期までに堀の埋め立てや市街地化が進んで、こうなったようです。ロータリーあるようなとこに石垣あって、すごろくやもびっくりな駅徒歩ゼロ分ぶりでした。
学生時代に何回か福山には来た事あるはずなんですが、どうも駅前まではきてなかったようです。
IMG_8582.jpg
(駅から1歩でると目の前がこれです)

せっかくなので福山城をひと通り見た後で、歩いて遊び場さんさへ向かいました。せいぜい15分くらいでしたが、気温が35度超えてて汗はだらだらになってましたがw。

んで、だいたいこの辺だろうというところを通ったのですが、見つからない。あれー?と引き返してきて見つけました。東京だとショップもボードゲームスペースもだいたいビルの上の方の階にあるので上の方を見て看板を探していたのですが、なんとお店は1階というか平屋の1戸建てでした。当然駐車スペースもいくつかあって、当然ですが地域によって全然違いますね。
IMG_8585.jpg
IMG_8586.jpg

中は半分ほどが販売スペース、残り半分がプレイスペースになってました。全体的に余裕ある作りがなんか新鮮でした。
販売ゲームは軽~中量級のものが多かったですが、重量級のものもいくつかありました。まったく詳しくないので多いのか少ないのかもわかりませんが、トレーディングカードゲームも扱われていらして、公式大会も開催されているとのことでした。
IMG_8591.jpg
IMG_8592.jpg

んで、ひとりでふらっと行ったのですが遊べますかと聞いてみると、相席OKの人がいるのでということで混ぜてもらって1時間ほど遊ばせてもらいました。
1時間200円+1ドリンク(ソフトドリンクなら120円)とくっそ安くてびっくりしましたw。ちなみにフリータイムは平日500円、休日600円とのことでした。飲み物がしっかりした蓋つきのタンブラーにいれられてたのもこぼす心配なく遊べてよかったです(普段タンブラー使わないので実際どうなのかはようわからんのですが)。
IMG_8588.jpg

僕が入った卓もあわせて3卓くらいでゲームされていたのですが、聞き慣れた方言が飛び交う場で遊ぶというのが新鮮でしたw。なんというか落ち着きますw。

さらにどうでもいいんですが、実家に帰る前に土産けたものをなんか買おうとしたところ、福山駅に入ってるお店が広島市内に本店のあるところが多いのか、それとも「広島土産」として需要があるのか、一番数売ってるお土産がもみじ饅頭でこれまた驚きました。
プロフィール

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析