FC2ブログ

ゴールド・ディガー/Gold digger

※写真ありません。

(4人でインスト込み30分ほど)

【概要】
俺たちゃ山師。金がざくざく眠る鉱山を探すのが仕事。
よそのやつらに出し抜かれないように山の権利はしっかりいただいておくぜ。

【ルール】
プレイヤーは3枚の手札を持ち、ターンごとにカードを1枚プレイし、使った分を補充します。

カードには街(鉱山)の名前が書かれたものと、金の保有量が書かれたものとがあります。
場には6つの街(鉱山)があり、街(鉱山)の横に金のカードを置けば、その鉱山からそれだけの量の金がでることになります。街(鉱山)名のカードをプレイした際には、街(鉱山)の権利を主張するためのマーカを置くことができます。

山札および手札が尽きた段階で、各街(鉱山)の金の保有量を合計したものを、その街(鉱山)におかれたマーカ数で割り、プレイヤーでわけあいます(ある街の最終的な金の保有量が9、プレイヤーAのマーカが1つ、プレイヤーBのマーカが2つ置かれていた場合、プレイヤーAが1/3の3を、プレイヤーBが2/3の6を得ます)。

こうして、最も金を手に入れたプレイヤーが勝利となります。

【プレイ内容&感想】

街カードは枚数が決まっており、金カードも1つの街に出せる上限があることに加えて、全てのカードが必ず場に出されるので、様子を見合うかたちで序盤はあまり派手な動きはありませんでした。
とにかく動きをだそうとされたのか、大量の金(8)をある街に置かれたことで少し場が動きます。その金につられた人たちが街にマーカを置くと共に金カードも置き始めたからです。しかし、結局、この流れに置いて行かれてたまるかと、全員がマーカを置いたことで、結局、最大の鉱山を持つ街は意味無し(参加者全員で等分するため)に。

その頃には既に中盤の後半から終盤に差し掛かっていたので、ゲームもガンガン動きます。あちこちに金が置かれ、それぞれの金を狙ってマーカが色々な街に置かれ、最後は瞬く間に終了となりました。

勝負は、ある街のカードを偏って手に入れていた僕が、他プレイヤーに手出しされないことに気づかれないように、こそこそとその街の金を育て(保有量0という金カードもあるので、独占されそうだと金の保有量が伸びないよう邪魔をされる)、その分勝利しました。時間も短いのでもう1戦と、手に入れたお金はそのままにして、2戦目をやりました。

またもや、最大の金鉱は等分になったりしつつも、追いつかれそうなプレイヤーと同じ街にマーカを置いていたため、増える量も変わらず、1戦目の差のまま追いつかれることなく勝利できました。

手札の上限が3枚と言うのが厳しく、これは後から出したいなとカードを出し惜しみしているとあっという間に出したくないカードばかりになって放出せざるを得なくなります。街カードも欲しい街のカードが周ってくるとも限らず、かつ、マーカを出し惜しみしていると街カードが尽きるという可能性もあるので、その場その場のジレンマは結構あります。

ただ、マーカをいつ出すか、どこに金を置くかという点での駆け引きはそれほどないです。なぜなら、その後に引いた手札次第でその時にとった行動が良い結果にも悪い結果にもなり得るからです。
これは、ジレンマを生んでいると書いた手札の少なさに起因していて、長期戦略を持つことが非常に難しいです(というか無理じゃないかと)。なので、その場その場ではなくて先まで見通した悩みどころを持ったゲームが良いという人には物足りないと思います。

とはいえ、1戦のプレイ時間は慣れれば15分かからないくらいになるので、軽いゲームを何度も遊んだり、こういうジレンマのあるゲームを紹介したりする目的に使用するには良いゲームだと思います。まあ、このゲームならではのいいところを僕は見つけることができなかったので、あまり説得力はないでしょうが…。

※上記のような感想になったのは、僕が「相手にブラフをかけたり、相のったりと駆け引きを楽しむタイプのゲームだな」という先入観をもっていたせいもあります。例えば、ねこギャングはその場その場の判断しかありませんが、初プレイから変わることなく、ずっと好きなゲームなので。と書いてて、同じクニツィアのゲームだということに気づきました。

わぎゃんしりとり その3

129674473975085.jpg
(3人でインスト込み30分ほど)

【概要&ルール】

省略!
⇒以前の記事 その1 その2

【プレイ内容&感想】

ゲームはえらい単純でなので、もう既に書くことはほとんどないのですが、大変楽しいゲームなので記事にしてみます。
同人ゲームなので手に入り難いというのはありますが、絵の書いてあるカード(ディクシットでも何かTCGのカードでもカルタでも)なら一応代用可能なので。カルタとか案外いいような。

ゲーム連投にもそれほど疲れていなかった僕、F、Sの3人で何か軽いものをということで遊びました。
軽いものなら他にもありますが、Sはファミコン時代からのゲーマーなので興味あるかなと思いだしてみると、案の定「わぎゃんしりとり」と言うだけで、破顔&ルールまでわかってもらえました。ワギャンの愛され具合と、カードゲーム化した人はえらいです。

ゲーム自体はこれまで通り盛り上がり、中々言葉が出てこない時には全員出てこないようになりということもありつつ、楽しく終わりました。
とりあえず今回のファインプレイは、「見事な姿勢」⇒「意外と男前」の流れです。
129682656775149.jpg

カードには、写真カードと絵カードがあり、写真カードは写っているものなら何でも、しりとりに使って良いと言うことになっていて非常に便利ですが、カードに写っている(書かれている)ものをそのまま使うと言うのは、絵を読み解く行為からの逃げだと思うのか、僕や相方を始め、これまで遊んだ人たちはあまり積極的には使っていませんでした。それをあえて、写真でうまいことをいう!を試みてみたのですが、まあ、結果は…。

熟語トランプやワードバスケットのような、持ち運びがし易くて、かつ、ルールもわかりやすく盛り上がりやすいと三拍子そろった重宝するゲームだね!と相方が言ってましたが、その通りやと思います。

世界の七不思議/7 wonders その2

129649231474562.jpg
(4人でインスト込み1時間弱程)

【概要&ルール】
省略!
以前の記事

【プレイ内容】
昨年末に相方と2人で遊んで以来、どうも2人だとなーと放置していましたが、僕、相方、F、Sの4人で遊んでみました。

僕と相方が陥った“第3世代で建築可能なものがない”にならないよう、ルールのインスト後にルールブックについている全建物の一覧を軽く見てもらってから開始です。

文明はランダムに引いてもらいましたが、盤面はAのみということにしました。
僕の担当する文明はバビロンの空中庭園だったのでとりあえず科学を伸ばす方向でと思ったものの、前回の相方とのプレイを教訓に、加工品(ガラス、パピルスなど)は、各種最低1つは自分と左右の文明とで確保できるように意識しつつ、自分の7不思議を建設するために必要なものを中心に、原材料もそれなりに自分の文明で作れるようにしました。

Sはあまり自分では材料を生産せずにどちらかというと軍事力重視、Fは満遍なく、僕の対面の相方はとにかく自分で材料を生産しまくってました。

第1世代、第2世代は順調に全員進めていましたが、第3世代に入ってくると、材料を他プレイヤーに頼っていたSの手が金欠のせいで伸び悩み始めます。一方、相方は馬鹿みたいに生産可能な材料で高得点の青建物を建てて行きます。

129649234174563.jpg
(第3世代入ったくらいの状況)

高得点の青建物を建てるつもりで、加工品の生産量とかを気にしていた僕としては完全に狙いが外れたわけですが、まあ、引き運もあるし、しゃあないと、まわってきたギルドを建てることでちょこちょこと得点を稼ぎつつ、科学技術を順調に伸ばして行きました。

僕だけが軍事力を伸ばしてなかったので、その分で差はつきましたが、ギルドと科学技術の得点の伸びがそれを上回ってなんとか2位でした。相方は材料の生産に手を費やし過ぎたのか思ったより点が伸びていませんでした。Sは建てる建物がなくなっていたのが響いたようです。結局、相方や僕の材料をうまいこと使って第3世代の高得点青建物を建てつつ、他の建物もそこそこ点数を稼いでいたFが勝利していました。

だいたいの感じはつかめたよねということで、続けて2戦目を遊びました。

今度は全員B面側を使うと言うことで文明は引き直しました。僕はまたバビロンの空中庭園を引いてしまいましたが、まあ、B面は初だしということでそのままで。

2戦目は相方が軍事を鍛える、Fはほとんどの材料を生産しないながらも貿易路を複数用意して、安価で材料を仕入れるような体制に、Sは科学技術を伸ばしていってました。僕はまたまた7不思議の効果で科学技術もらえるしということで科学技術を偏重しつつ、材料もバランス良くという1戦目と同じ方針でやってみました。

とはいいつつも、空中庭園B面の2段階目建設の効果「6枚目の手札選択時に7枚目を捨てずに使うことができる」が強そうだったので、急ぎ目に7不思議の建設も進めました。

今度はSも特に建設材料で困ることもなく、着々と手を伸ばして行きますが、今度は僕が材料不足で困り始めます。貿易立国であるFの場に原材料の生産施設があまりないため、鉱石があと1つ足りないとか、木材が…という羽目に陥りました。
(FとSは相方から買えるので困らない)

うむむむとなりますが、仕方ないので科学技術をかなり伸ばしていたSやFにこれ以上科学技術を建てさせないようにカードを絞ったりするのが精いっぱいで、かなり苦しかったです。絞るといってもSもFも僕の隣なので僕が絞られているという感じになってましたが。

129649235774564.jpg
(全員が慣れたのか、1戦目よりもなんとなく場が華やかです)

結局、勝手にへこんでいた僕以外の2人から戦争でいい感じに点数を稼ぎ、相方の7不思議であるハリカルナッソスのマウソロス霊廟の建設効果「捨て札から1枚を無料で建設できる」で建設建物数でも全員の上をいった相方が勝利しました。

Fは科学技術関連の建物が7,8枚ありましたが、僕や相方がまわすカードを絞ったせいで3種の組を作ることができず、枚数程の得点にはなっていませんでしたし、Sは相方に軍事力で負け続けたのが響いてマイナス点が多かったのか、狙い通りの展開には全く持っていけませんでしたが僕は2位でした。

【感想】

2人でやるよりは余程面白かったです。
人数が多すぎると、ドラフトしたカード群はもう二度とまわってこないので、全て初見のカードからその場その場で選ぶことになりますが、同じカード群がまわってくるのであれば、これとこれが欲しいけど、多分こちらは残るから今とらずにまわしてしまえという考えもできます。
そのため、3,4人くらいがベターなのかなと思ってます。

手軽でゲームをやった感を得ることができるゲームですが、材料不足は第2、第3世代ではりカバーすることはできず、かといって、自分だけで材料をまかなおうとすると得点にまわす建物が不足して勝つことができません。

他人との絡みがないソロプレイゲームも嫌ですが、今回のプレイでは、あまりにも他人の手に自分の勝敗が左右されすぎるかなという印象を受けました。
隣接するプレイヤーに恵まれないと勝てないというのは、逆に言うと自分の力だけではどうしようもないということであり、少々厳しいです。

さっき書いたことと少し重複しますが、第1世代が終わって、「あ、うちの周りの文明って思ったより材料を産出してないぞ」と気付いた時には手遅れで、その後に挽回するためには余程のことがないと無理というのは、軽いプレイ感覚と相反してかなり辛い作りだと思います。その後出てくる建物の必要資材とにらめっこをして、進め方のプランニングをしっかりすれば挽回も可能かもしれませんが、そこまでやる必要があるとは思えません。建てたいと思っていたカードがひとつのカード群に固まっていたら終わりなわけですし。

まあ、プレイ時間も短いので何回かやってトータルで勝負する。そういった勝負のつけ方を考えてもよいゲームなのかもしれません。

あと、案外、自分で選んでいるつもりでも周りの状況に左右されまくるので、あるカードを選ばざるを得ない場合もあり、ふと気付くと流されているうちに終わってしまうという印象もあります。

また、他人との絡みも多いように見えますが、その絡みが直接、どう勝負に絡んでいるかは最後の得点計算を迎えるまでわからないので、実は右隣のひとを邪魔するよりも左隣のひとを邪魔した方が良かったと言うこともありえます。得点計算がもう少し直感的で、途中の場からも察することができれば、より良かったなと思います。

あそこが駄目だ嫌だと書いてばかりになってしまいました。ゲーム後に面白かった、ゲームをやったという感覚はしているのですけども、ふと考えてみると、あれ?そんなに楽しいわけじゃない?という結論になってしまう不思議なゲームでした。
おそらく、ゲーム的な楽しみを感じるポイントというのが、ボードゲームの楽しみであると自分が考えているポイントが実際には異なっているということなんじゃないかと思います。
例えば、「自分で考えた戦略が成功した時が楽しいんだよね!」と自分では思っていても、「周りの状況からうたされた一手(自分で考えてはいない)で勝利して楽しかった!」と感じてしまうような。結果的に楽しかったんだからいいじゃんと言われそうですが、それは享楽的にすぎるかなあと。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析