ジェムディーラー(ポーランド語版)/Pan tu nie stał! Demoludy

IMG_5785.jpg
(5人でインスト込み30分ほど)

【概要&ルール】

車に乗って東ヨーロッパ、共産圏を旅してお土産を物々交換で手に入れるゲームです。当たり前ですが、より多くの品を提示した人にお土産は渡されます。

同じ数字構成の5色のカードをシャッフルして各プレイヤーに規定枚数配ります。
スタートプレイヤーが1色を決め、その色のカードで競りを行います。
各プレイヤーは手番に出来ることは以下です。

・前のプレイヤーがプレイしているカードの数字の合計よりも大きくなるようにカードをプレイして、1枚カードを山から補充する。
(同じ競りであれば、これまでにプレイしたカードに追加する形でカードをプレイします)
・競りから抜け、1枚カードを山から補充する。

最後まで残った人がその色のトークンを獲得し、次の競りのスタートプレイヤーになります(次の競りの色を決めます)。

こうして、一番初めに4色のトークンを集めたプレイヤーが勝利します。

プレイできるカードは色で縛りがありますが、カードを伏せて出すことで色に関係なくカード1枚=数字の1として、1度の競りの間に1回だけプレイできます。黒色のカードはワイルドでいつでも色の縛りに関係なくプレイできます。

ジェムディーラーは上記ルールだけなんですが、ポーランド語版には2つのバリアントがあります。

1.4色かつ10点以上集めた人が勝つ
お土産トークンに1~5の数字が書かれており、その数字の合計が10以上にならないと勝てません。

2.特殊能力カードを入れる
人からカードを奪ったり、場にプレイされているカードを破棄するなどの特殊能力付きのカードをゲームに入れます。

【プレイ内容】

ヒガさん、彼葉さん、けがわさん、ねんそさん、僕の5人で。せっかくポーランド語版を遊ぶのだからとオリジナルの追加バリアントである10点以上にしないと勝てないルールで遊びました。

僕の初期手札はなんと赤と緑のみ。競りなので満遍なくあるよりはある程度偏っている方が強いは強いのですが、4色集めなければならないので、2色だけというのはちょっとがっかりです。

そしてヒガさんが指定した色は黄色。僕は持ってないので当然パスですが、持ってないのか様子見なのかみなさんパスされてヒガさんは労なく1枚目を獲得。そして、続けての競りでも勝利され、あっという間に2色目のお土産も獲得されてました。
その後、3色目のお土産もさくっと獲得されて、あっという間にヒガさんがリーチ。

10点以上ないとならないといっても、お土産トークンの数字は1~5なので4色集めて10に足りないのは1のお土産しか持ってないような状況を除けばほぼありません。
ヒガさんは3色で9点以上お持ちだったので数字に関係なく4色目獲得で勝利です。

いやいや、流石にそんなにあっという間に勝たせるわけにもと奮起したのか、ようやくヒガさんが以外の方が勝ち始めます(普通は競り勝てば手元のカードが減ったりするのですが、毎手番1枚プレイ1枚ドローをしていれば、手札が減ることはないので、引き運がよければ勝ち続けることも案外できます)。

僕も緑、赤と2色獲得して、ここからちょっと手札を貯めたいなーと思っていたのですが、ヒガさんが持っていない緑の競りが始まり、当然、ヒガさんは参加。僕は既に緑トークンは持っているのでパスしたかったのですが、みなさんが「任せた」とどんどんパスするので、僕がパスして降りるとヒガさんが勝つ状況に。

お仕事任されたーと思ったときは既に遅く、既にトークンは持っているので他色の競りの時に裏向きに使おうと思っていた緑のカードを、ヒガさん早く降りてくれーと思いつつ徐々に徐々に出していって、なんとか数順で競り勝ちました。

その後は手札をためるためにしゃがみ。運よく続けてひけていた青が競りにかかったので、ワイルドカードである黒もどんどん投入して勝利。まだ手札は不安なので、リーチされてるヒガさんが既に持っている色を選んでまたしゃがむかーと黄色を選んだところ、

「お、勝ちにきましたね」

といわれて手元を見ると、ほんとだ!黄色が揃うと勝てる!と今更気づきました。
彼葉さん以外は降りたので、手札の黄色はちょっと寂しいものの勝てるんじゃないのか?と降りずに競りを続行。ドローしたカードが黄色だったりワイルドの黒だったりと引き運にも助けられて最後、お互いに全てのカードを伏せてプレイして、手札がゼロ枚(正確にはプレイ後に1枚引くので1枚)になった勝負で見事勝利して、4色目を獲得。
ゲームにも勝つことが出来ました。
(ここでゲームが終わったからいいようなものの、リーチしてた僕はともかく、それに付き合ってお仕事で全手札を費やす羽目になた彼葉さんはこの後ゲームが続いていたらかなり厳しかったんでないかと思います。お仕事怖い怖い)

【感想】

実はこれが2回目で初プレイ時は引き運と競りにかかる色の相性が悪く、何もできないまま終わってしまい、「ゲーム展開は淡白だし、引き運強すぎるしで面白くはないな!」と思っていたのですが、今回はえらく面白かったです。

1回1回の競りに引き運が大きく関係しているというのは変わりないのですが、トークンの種類だけでなく点数というわかりやすい指標がついて、競りにメリハリがついたのが大きいように思います。
競りに参加する/しないの選択するにあたって、他プレイヤーがどの程度その色のカードを持っているかを読む、もしくは自分より少ないことに賭けるという部分が大きかったところに、「赤色は持っていない人は何人かいるけど、1点だしそこまで競りあがらないだろう」などと考えられるようになったのは良いなと。

元々は色だけですし、それだけでも、まだひとつ目だから、もうみんな持ってるから、もうそろそろ勝負かけないとあの人が勝ちそうだからと、勝負時による相場の変化というのもありそうではあるんですが、数字というわかりやすさにはさすがに敵いません。
(3回目の赤の競りが終わった時に、けがわさんもぼそっと「よし、これで赤の相場が下がった」と仰ってましたし)

あと、カードは1枚以上プレイ、その後1枚ドローなので、1枚ずつプレイしている分には手札は減りません。逆に言えば、他プレイヤーには複数枚ださせて、自分は1枚ずつ出すということができれば有利になれそうです。各色2と3は結構な数あり、5と7が1枚ずつという構成です。今回のゲームでは気づかずに2スタートとかしてましたが、初手で3をプレイすると5や7を持っている確率は低いため、自分以外のプレイヤーは2を2枚や2と3を1枚ずつプレイせざるを得ず、手札枚数が(たかだか1枚ですが)減ることになります。

ゲーム自体は引いたカードで競りをするというだけ、しかも引き運次第で最大5倍もカードの強さに差がつくという理屈で考えると荒いゲームなんですが、そんな中でも色々考えること、できることがあっていいゲームでした。

ゲームの内容以外でも、このEGMONTのクニツィアのゲームはテーマの乗せ方と、それにあわせたアートワークとか非常にうまいです。
冷戦時代の東ヨーロッパを車でめぐる(商品トークンの裏はパスポートに押されるハンコの柄になってます)というテーマなんですが、商品トークンを乗せるだけにしか使わない個人ボードに、おそらく当時使われていたのであろう自動車の絵が10種類も用意されてます(最大5人プレイ、両面仕様)。「色は違うけど俺んち、これだったわー」、「これ高かくて親父買えなかったんだよな」などと(おそらく)盛り上がるのでしょうし、トークンに書かれたカメラなどの絵も時代や国を感じさせるものなんだと思います。
IMG_5868.jpg
IMG_5867.jpg

そして、赤トークンはソ連、緑はハンガリーという設定なのですが、それに対応する色のカードも絵柄は全部同じですが、丈夫に書かれたテキストがそれぞれの国の言語でかかれてます。ポーランドでニベアや酒を買って、他国に持って行き、その国の言葉でクリームだのウォッカだのと伝えつつ、商品と交換する設定なのかななどと、色々面白い想像が膨らみます。
ちなみに、黒色のカードはワイルドで数字も7や10と大変強いのですが、そのカードに書かれた絵は何かというと、ドル紙幣だったりします。実際に、その国のお金よりもモノ、モノよりも米ドルだったということなんでしょうけど、面白いですw。
IMG_5869.jpg
(左から赤:ソ連、青:チェコスロバキア、紫:トルコ、緑:ハンガリー、黄色:東ドイツです)

万里の長城(長蛇の列)/Pan tu nie stał!

IMG_5638.jpg
(3人でインスト込み30分ほど)

【概要&ルール】

クニツィアの万里の長城のポーランド版です。Pan tu nie stał!は直訳すると「あなた、そこにいなかったでしょ!」というようなポーランド語で、横入りすんなよ!みたいに使うそうです。

全プレイヤーが同内容のデッキを持ち、それを使って得点トークンを取り合います。
終了条件を満たすまで時計回りに手番を繰り返します。
手番には以下を任意の組み合わせで2回行います。

・いずれかの店の前に手札をプレイする。同種のカードであれば一度に複数枚プレイできる。
・自分の山札から1枚カードをドローする。

カードには数字が書かれており、ある店の前に置かれたカードの数字の合計が自分が最も高い状態で手番がまわってきたなら、決算が発生し、店に置かれた商品トークンの価値の高いものをひとつ、店の前の自分のカードの上におきます。この後、商品トークンに書かれた数字を合計数から引かなければなりません。
店に置かれた商品トークンが全てなくなったら、店の前に置かれたカードを全て破棄し、新たに商品トークンをふたつ、店におきます。

手札が全てなくなるか、商品トークンが全てなくなったら終了で、手元にある商品トークンに書かれた数字の合計数が一番高い人が勝利します。

IMG_5810.jpg
カードの一部は特殊効果があります。他人のカードを上書きできたり、同じ店の前に2枚、3枚と置くことで、2,3と数字があがるものなど。
ゲームへ入れるかは任意ですが、ポーランド語版での追加の特殊カードもあります。カード自体の数字はゼロですが、決算後、破棄されるカードと入れ替えることが出来ます(子供が代わりに並んでたとこに別の店での用事を済ませた大人が並びにくるみたいな感じでしょうか)。

【プレイ内容】

いつきさん、一味さん、僕の3人で。

3人プレイでは店の数は3つ。上側の店に価値の高い商品が置かれており、真ん中、下側と価値が下がっていってます。山札自体は同内容ですが、もちろん引き運で手札内容は全員異なるので、手札の内容がよければ中段の店にいくところですが…。
スタートプレイヤーの一味さんは中段の店にカードをプレイ。そこまでよくもないようですw。

僕も中段の店にちょっと上回るようにカードをプレイ。とりあえず様子見です。

いつきさんが手札内容が素晴らしかったようで、アクション数+1のカード、同じ店に同種のカードを並べるほど強さがあがるカードを3枚、さらに3のカード(数字は0~3までしかありません)を上側と中段においてきました。

これはかなわん!と一味さんはドローのみ。僕もこのまま喧嘩が売れるような手札ではなかったので1枚ドローしつつ、上側の店に1のカードを置きました。一番上の店は商品トークンの1つは7点と価値が高かったですがもうひとつは1点だったので、見逃してもらえるかなーとw。
いつきさんは上側と中段で決算が起こり、商品トークン2つを獲得。一味さんは下側の店に行くかな?と思っていたら、僕が1点を取りにいった上側の店に被せてきました。

えー、たった1点ですよ?と言いつつ、なんとなく引き下がれなくなったので更に2枚のカードを追加しました。
が、一味さんも引き下がらず、泥仕合になった挙句に敗北。

いつきさんはその隙をついてまたおいしい点数を獲得されてました。

その後も、どうも手札の回りが悪いのか、思い切りが悪いのか、とれても価値の低い方のトークンだけということが続き、どうもうまくありません。
最大価値である8点の商品トークンの取り合いもいつきさんに破れ、しかも、いつきさんの手札が切れて終了トリガーがひかれてしまいました。

これであと一味さんと僕が1手番ずつ行えばゲーム終了です。
が、ルールではカード配置はなくなっても決算は全て行うこととなってます。

ん? これって最後手番超有利じゃね?
ぎりぎり勝てるようにカードプレイできるし、その後、邪魔されることもないですし。

アクション数+1のカードを取っておいたのもうまく作用して、複数の店で商品トークンをかっさらう事に成功。これが大きく、勝利することが出来ました。

【感想】

万里の長城は2006年に流通開始したゲームでもちろん日本国内でも扱われていたようですが、正直、僕は聞いたことがなかったタイトルでした。僕がボードゲームにはまる前の作品とはいえ、面白いゲームであればどんなに前のゲームでも遊ばれていたり、話に聞いたりはすることが多いので、あまり期待してなかったのですが、「(選択肢が悩ましすぎて)何していいかわからん!」と、相変わらずのクニツィアジレンマが効いた面白いゲームでした。

Pan tu nie stał!は必死にトイレットペーパーを取り合ったりする様子が面白おかしいのですが、オリジナルの万里の長城は、絵面もテーマも地味で面白みがないというのも評判にならなかった要因なのかもしれません。
まあ、「よくあるクニツィアジレンマの効いたゲーム」なので、テーマとのマッチ具合やある程度の派手さがないと埋もれ易い気はします。

IMG_5639.jpg
テーマが共産圏時代のポーランドなので、トイレットペーパーやカセットテープがそれなりに高得点だったり、すごい時代を感じる商品がでてきたりでそれをネタに話すのが楽しいゲームでした。
(クニツィアのゲームは、単純なジレンマ一発勝負みたいなところがあるのでブログ書きにくいんですが)

ペイダート/Pay dirt

IMG_5402.jpg
(3人でインスト込み90分ほど)

【概要&ルール】

おいらは出稼ぎ金鉱掘り。どんなトラブルに見舞われようと寒くて機械が動かなくなるまでにとっとと金を掘り尽くしまうぜ。

終了条件を満たすまでラウンドを繰り返します。終了時に最も金(カネではなくゴールド)を持っていたプレイヤーが勝利します。

ラウンドの流れは以下の通り。
1.競りフェイズ
金を掘る為の機械、優秀な人材、金の掘れる土地の3ジャンルの中から競り主が1つを選び、それを競ります。競り方法は最後のひとりになるまでぐるぐる値上げていく方式です。
2.アクションフェイズ
手元にあるワーカーコマをメインボードや個人ボード上にあるアクションのできる場所に配置してアクションを行います。
3.イベントフェイズ
山からとった規定枚数のイベントカードを所持金の低いプレイヤーから1枚ずつ獲得します。イベントカードは基本的に次ラウンド中効果を発揮します。
スタートプレイヤーが獲得したイベントカードに書かれた分だけ温度が下がります。温度が規定値以下になったら最後に1ラウンド行いゲーム終了となります。

【プレイ内容】

如月さん、キノさん、僕の3人で。

競りの対象は、採掘機械、人材、金脈のある土地の3種ですが、各ラウンドそれぞれ3つずつ公開されるので9つの中から1つを競るということになります。
土地はもちろん金を掘りつくせばなくなりますし、機械も機械ごとに決められた回数を使えば壊れて修理が必要になります(たまに修理できずに破棄されるのもありますが)。
じゃあ、効果がなくならない人材を取るかなと思い見てみると一部のイベントの効果を無効化するものがあったので、これを競り落としました。
キノさんはワーカーの所持数を増やすものをとり、如月さんは性能の良い採掘機械を手に入れました。

金の採掘はすげえざっくり書くと、1つの土砂を採掘するのに初期は9ワーカーが必要ですが、良い機械を購入すると、必要なワーカー数が減ります(採掘の終わった土砂タイルは裏に返すことができ、そこに獲得できる金の個数が書いてあります)。
つまり、ワーカーを増やしたキノさんと機械を買った如月さんは金を採掘しやすくしたわけで、早速、1つ土砂を採掘し終わり、金を手に入れられてました。
僕はみなさんよりちょっと遅れてようやく1つ目の土砂を採掘完了。そして、裏を見ると、書かれていた数字は2。
全員スタート時に持っていた土地から採掘したのですが、如月さん、キノさんが採掘した土砂の数字は4と僕の倍で、この数字分の金を手に入れるわけですが、金は勝利点であり、売って現金に変えることも出来ます。
土砂は初期のワーカー数、採掘機械の性能だと1ラウンドに1つくらいしか掘れませんし、(ラウンドごとに収入が少しあるとはいえ)競りで獲得するタイルの最低金額もそれなりに高いので初期資金も2ラウンドくらいで心もとなくなります。

そんなわけで金を売って競りのための現金に変える必要があるんですが、その売るための金がみなさんの半分ってどないしろと!とは思いましたが、まあ、仕方ないことです。

如月さん、キノさんは1ラウンド目と同じ方針で採掘機械の更新と、わーカーの増強を行い、あとはゲーム終了までほぼルーティンワークをこなすだけ。僕は現金が足らずに出遅れたので思い切って、如月さんたちよりも金を売り、高性能の採掘機械をどんどん手に入れて2人を上回る採掘効率を目指すことでなんとか逆転を狙いました。

そうなると現金を誰よりも持ってる=イベントカードを選べるのが一番最後となります。まあ、当然、一番酷い効果のイベントが残されますし、僕の持っているイベント無効の人材が効果を発揮できないイベントが残されます。
このイベントのせいで、1ラウンドまるまるアクションを行えないこともあったりでかなりのストレスに。
IMG_5403.jpg
(あるアクション1回ごとに結構な現金が減るイベントとか残されるとどうしようもなく)

こんなんで追いつけるのか?と不安になりましたが、終わってみればトップの如月さんと金の個数ではタイにはなっていたので、バランスよいみたいです。タイブレイクで負けましたが。

【感想】

なんというか、可もなく不可もなく、ふつーだなーというゲームでした。普通というか、全然とがったところや印象に残るところがないというか。

イベントは酷いことが起こりますが、イベントにはかなりの種類がありますし、引かれるカードは事前にわからないので予想して対策することはできないので、苦境への対策に四苦八苦するゲームというわけでもないです。
また、機械、人材、土地はパラメータは様々なものが用意されてはいるものの、結局、金採掘の効率を良くするというのに変わりなく、単に価格の差というだけで、どれも最低落札価格分の働きをすることには変わりません。感覚的なものですが値段が同じなら、機械でも人材でも土地でも点数に寄与する度合いは(プレイヤーの戦術に因らず)同じな気がします。

これは、すごい作りこまれていると思っているせいなのか、どんなに工夫しても結局は運よく高い数字の書かれた土砂タイルを引くか、ひかないかの話なんじゃないのかと冷めているせいなのかはわかりませんが。

今回のプレイングがたまたまそうなっただけかもしれませんが、収入に対して最低価格が高いので競りあうこともそうそうなく、アクションも他人との絡みもなく(一応特殊能力付きのタイルを購入するのは手番順ですが、それ以外のアクションは他人の行動に全く影響されません)、唐突に起こるイベントも消去法で取るのは決まっていく上に前述の通り他プレイヤーとの絡みがないのでどんなイベントが起ころうと知ったこっちゃないと、盛り上がるポイントがほぼないってのが、ふつーに思った要因かもしれません。
プレイヤー間である出来事を共有し、共感できるというのが盛り上がるためには大事なんだなと再認識しました。

とはいうものの、機械を使った金の採掘というテーマや重機の登場するゲームというのはあまり見かけないのでテーマ好きならマストバイなんでしょうが。

あと、ショップの商品紹介文に”ワーカープレイスメント”と書かれていますが、「アクションを行う場所にワーカーを置く」という広義の意味であって、「先にワーカーを置かれた場所(行われたアクション)を後続が選択することが出来ない」という狭義のワーカープレイスメントゲームではないのでご注意下さい(単にAP=ワーカー数というだけのゲームです)。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析