スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングルスピード

128844640455893.jpg
(4人でインスト込み20分以上、3人で5~10分ほど)

【概要】
ジャングルでは、カードの模様がそろった時、黄金の棒が手に入るという…。
※こんな設定はありません。

【ルール】
目の前のカードが全部なくなった人が勝利。

はじめにカードをプレイヤーに等分し、プレイヤーごとの山札を作ります。
プレイヤーはこの山からカードを1枚ずつめくり、他のプレイヤーと同じ模様のカードが出てきたら、模様が同じプレイヤーA,Bでテーブル中央に置かれた棒をとりあいます。

取り負けた方が、相手と自分の前にめくられていたカードを引き取り、山札の下に足します。

他プレイヤーと模様が同じでないプレイヤーが棒に触った場合、ペナルティとして机上にある全てのめくられたカードを当該プレイヤーが引き取ります。

また、カードには特殊な効果(模様ではなく同じ色で取り合い発生や、全員で棒を取りにいくなど)を持つ、スペシャルカードがあります。

【プレイ内容・感想】
今年のゲームマーケットでプレイさせてもらったゲームです。その場では買いませんでしたが、結局購入しました。

とはいえ、相方と2人でやってもつまらなそう(ルール上は2人プレイ可能です)なので、TとY来宅で初お披露目です。

ルールはさっくりと伝えましたが、細かいことは気にせずに遊ぼうと相方から注文が入りました。
というのも、前にゲームマーケットで遊んだ時のことが関係しています。ルール上、手番プレイヤーが有利にならないように、カードは手前側ではなく奥側にめくるようになってます(手前にめくると手番プレイヤーだけが早く絵柄を見ることができるので)。
相方はもちろん知っていますが、なんか絵柄に集中し始めるとどうも失念してしまうようで、何回か、「(めくり方が)逆ですよ」と指摘されていたのです。確かに、ルールなんだから守るべきだし、別にルールを疎かにしようとも言ってないと、ただ言いたいことは、手前にめくって先に自分が見るような狡い真似はしない、んなこと考えてる余裕すらないよと言うことだけだとのことで、全員が、「そんなことはどうでもいい」と賛同したので、そこらへんは緩く遊ぶことにしました。

(まあ、プレイスタイルは人それぞれなんで、それはそれで許容できますが、本来の意図とは外れたところでこういう杓子定規なこと言う人いますよねえ)

僕と相方も遊んだのは半年くらい前ですし、その時も上手だったとはお世辞にも言えないような結果だったので、全員が初めてみたいなもんで、ペナルティもでまくるし、いざ取る段になってもなかなか咄嗟には手がみんな動きません。

模様がそろった時も、当事者よりも周りが先に気付いて、ほら、ね?ね?という感じになります。

誰が上手いというわけでもなく、全員が同じくらいの失敗をしていたので、全員が、これは終わらんぞ…と思い始めたため、とりあえず、その時点から20分という時間制限をしました。そして、見事に終わらなかったので、全員で枚数を比べたところ、枚数が一番少なかったTの勝利と言うことにしました。

その後、僕、相方、Yの3人で何回かやりましたが、徐々に慣れてきたのか、キリがつくようになってきました。似たような模様と紛らわしいものは数パターンなので、それに対応できるようになってかなり楽になりました。まあ、1度失敗すると、2度、3度と似たような失敗をして、一気に枚数が増えてしまうわけなんですが。

3人プレイ時には、模様が一緒になる確率が減るため、全員が同じ色になった時にも棒がとれるというバリアントがあるのですが、それでも、なかなか揃うことがなかったため、2人用バリアントである“プレイヤーの前の山札を1つから2つに増やす”を適用してプレイしました。当初、相方とYからは反対の声があがっていたのですが、勝率は全員同じくらいだったので、良い変更だったのだと思います。

128844644855894.jpg
(バリアントの2枚出しはこんな感じです)

女性陣と遊ぶと爪が刺さって痛いと言うことはありますが、楽しいゲームでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらでは初めまして。
わいわい楽しんでプレイしている間にこんな事を考えていたのかーと感心しきりです。

個人的に、ロジカルな戦略を立てるのが得意でないので、直感に頼るパーティゲームの類が好きです。
なので、ジャングルスピードはかなり面白かったですね。
反射神経のゲームかと思うので、飽きがこなそうな所も好きです。
今後の定番になるかもですね。

今回やった中ではカタンも面白かったです。
重すぎず軽すぎず、絶妙なプレイ感でした。

インカは確かに「もう一回!」とはならない感じでしたね。

自分がプレイしたゲームを論理的に解説してもらうのは面白いですね。
これからも拝読します。

Re: No title

>Y

コメントありがと。というか、猫被り気味だね。

さすがにやってる時はこんなにうだうだ考えてはないなー。
やってる時になんとなく思っていたことを後ではっきりさせる感じ。

手軽でさっとプレイできるゲームが増えるのもいいんだけど、
繰り返し遊ぶせいで重めのゲームを遊ぶ時間がいつもなくなって
そういうのばっか積んゲー化してるのもちょっと悲しくもある。
今度体力ある時に、付き合ってもらおうかしら。

あと、カタンやジャングルスピードも面白かったろうけど、
買ってもいいなとまで言ってたファウナに関しては何もなしかいな?
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。