ザップ・ゼラップ

129492697771049.jpg
(2人でインスト込み30分~1時間)

【概要】
魔法使い使いたちは、弟子たちを旅に送り出しました。弟子たちは魔法のつまった壷を集めます。

【ルール】
基本はすごろくで、自分のコマ(3つ)を一番早く全てゴールさせたプレイヤーが勝利します。

コマを動かす際には、まずいずれかのプレイヤーがサイコロを二つ振ります。

ボード上におかれた樽(というか壺というか)には、小さな玉が1~12個入っており、底に何個入っているか、正解が書いてあります。
サイコロが振られると全プレイヤーは一斉に樽を振って、音を頼りにサイコロの出た目以下の玉が入った樽を選びます。
全員が樽を選んだら公開して、サイコロの目以下の数の玉が入った樽を選んでいた人は、好きなコマをその数分だけ進めることができます。動かす順は、玉がより多く(しかし、サイコロの目以下)入っている樽を選んだ人からです。

百聞は一見にしかずということで、動画を。(途中、相方の名前を呼んでいるところがあったので、そこは音を消してます。なので、音が跳ぶのは仕様です)

途中、他プレイヤーのコマを追い越すと、そのコマをスタート地点にまで戻すことができます。ただし、ボード上に数か所安全地帯があり、そこにあるコマは追い抜かれてもスタートに戻す必要はありません。

また、コマはボードを1周すればゴールですが、全プレイヤー、スタート位置は違う(色ごとに90度ずつずれてます)ので、一気に大きな数で進んだつもりが、そこは他プレイヤーのスタート位置近くで、すぐに抜かされてスタートに戻されるということもありえます。

ちなみに、安全地帯にいても、別のコマの同行として連れ出される上級ルールもあります。

【プレイ内容】
『ボードゲームジャンクション』の「ウニ頭でもできるもん!」で紹介されていて面白そうだったので購入したゲーム。アロザ殺人事件にストップ・シーフ、さらにこのザップ・ゼラップと最近“音”に関するゲームづいているなあと思いつつ、相方も楽しそう!と乗り気だったのでプレイしました。

通常ルールでも(スタートに戻されまくって)終わらないんじゃ?と思ったので、上級はやめてとりあえず通常のルールで遊びました。

サイコロを振って、ふたりで一斉に樽振りタイム! 上に動画貼ってますが、結構じゃらじゃら音がします。僕はこれかな?と早めに決めてしまいますが、相方はひと通り全部ふって、3つくらいに絞り込み、更にまたじゃかじゃか振って2つ⇒1つと絞り込んでました。
相方のように慎重だったり、優柔不断だったりする人がいる時には選べる時間を30秒とか1分とかに決めた方が良いかもしれません。今回で言えば、プレイ時間の大半は相方が振ってる時間です。

しかし、さすがに時間かけるだけのことはあって、サイコロの目と全く同じか悪くて2つ程小さいくらいのを当ててきます。
僕は相方よりは誤差が大きいものの少しでも進めるようにとオーバーはしないことを心がけていたので、相方の方が進んではいますがそれほど差はついてません。
まあ、相方はコマは3つとも進めていて、僕は2つしか進めてなかった(1つはスタートに置きっぱなし)のでそのせいもありますが。そして、比較的大きなサイコロの目が出た時、相方よりも近い数字の樽を選ぶことに成功します。

ここだ!っとばかりに、相方のコマの中で最後尾にいたのを追い抜いてスタートに戻します。相方はこれでリズムを狂わされたのか、サイコロの目をオーバーしてしまうことも出てきて、僕の勝利で終わりました。

129492700371050.jpg
(僕の黄色コマが3つともゴールしてます)

相方が、「面白くない」ということですぐさま再戦。

今度は上級ルールを入れますが、もう夜も遅かったので時間を決めてそこまでに終わらなければゴールしているコマが多い人が勝ちということにして遊びました。

相方はリズムが狂ったままのようで、もう最初の頃の冴えはありません。逆に僕は冴えまくって着々とコマを進めて行きました。

ちなみに、上級ルールはプレイヤーが2人では入れても入れなくてもあまり関係ないようで、ゲームを通して1,2回しか同行の状況はできませんでした。

そんなこんなで僕の方が有利にゲームを進めて、ほとんどのコマはゴール直前。あえて問題をいえば、サイコロの目が大きいものが出過ぎて、ゴール手前のコマをゴールさせるために使うのがもったいなくて、ゴール直前に3コマあってもゴールはしていないということ。
相方は2コマはゴール手前ですが、1コマは僕に抜かされてスタート地点から出たばかりのところにいました。

うーん。ほぼ勝ったとは思うけど、もし9以上が出ると一気に抜かれちゃうんだよな…と思っているところに出たサイコロの目は9!
9ちょうどを選べれば僕の方が先にコマを進められるので1つはゴールさせることができますが、相方が7や8を選べば2つは追い抜かれます。さらに相方の方が大きな数字の樽を選べば一気に3つ戻されます。

129492709971051.jpg
(相方の緑コマが9マス進むと僕の黄色コマは全て抜かされます)

やばい!とチキンになった僕が大きな数字を選べるわけもなく、相方のミスを祈りつつ、相方が選んだ樽の数字は9!
見事に3つともコマをスタートに戻されて、ぎゃふんとなったところで時間もきたので相方の勝利となりました。

129492712071052.jpg
(ぎゃふんの図)

相方は「面白いね!」とご満悦でした。

【感想】
じゃかじゃか振るのが面白いです。つい2つ手に持って…とやりたくなってしまうのですが、それはルール違反なので1つずつ振りますが、それでも結構うるさいです。場所は選ぶかもしれません。

音を鳴らすだけで楽しくなりますけどね。

バカっぽい側面が強いですが抜かれるとスタートに戻される、上級では同行ルールもある、と戦略的な面もあります。2時間、3時間もかかるようなボードゲームとは比べるまでもない戦略ではありますが、樽を振るという楽しいゲームの印象を残しつつということなので、いいぐらいだと思います。

上でも他の紹介記事でも「音を聞いて樽を選ぶ」とありますが、僕は手触りというか手に伝わってくる感触を頼りにしていました。人それぞれです。

樽はもちろんですが、コマも4色全て形が異なっているなどコンポーネントも素晴らしいです。
ボードゲームのメーカは、見た目ですぐわかるHABA以外は意識したことなどなかったですが、にわとりのしっぽもヴィラパラッティもアロザ殺人事件も、同じメーカと言われるとZochすごいな!と思わざるを得ません。

129492713971053.jpg
(ぼけぼけですが・・・)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析