スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅ゲーム会(6/7)(前半というより「ブラス」)

どうせ客たちが起きてくるのは、昼過ぎだろうとのんびりしていたら、Tは9時には起きてきていて驚きました。他のメンツも10時過ぎには全員揃い、珍しく客も含めて全員一緒に朝食というかブランチとなりました。

Aさん、Hさんは用事があるとかで昼過ぎに出て行きましたが、TYは、道路がすいてくる夜中まで、うちにいてくれるとのことなので、ボード―ゲームをやることに。

前々からやりたくてやりたくてひとりで盛り上がっていた「ブラス」を選択しました。正直重めですが、まだ時間あるしいいかなあと。
細かいルールも多いのですが、そこらへんはやりつつということで、手番にできること、勝利点の獲得方法、収入の獲得方法、手番順の決定方法等を一通り説明し、あとはゲームをやりながらということにしました。以前、相方とふたりでやった時には、運河期だけで3時間くらいかかりましたが、今回は4人だからそれ以上に時間かかっちゃうかなと思いきや、あまり悩まないことと、4人になって山札がなくなるスピードが倍化したことで運河期は1時間ちょっとほどで終了しました。
きりがいいということで、ここでお昼ご飯をとりましたが、鉄道期の概要と、僕が考えている勝つための道筋を説明しました。
実際に始めてみると、全員が造船所を作ろうとしてましたが…、運河期の最後にお金を全然使わないプレイをした僕から鉄道期スタートですぐに造船所をひとつ建ててしまいました。が、その直後、運河期からずーっとルールミスをしていたことが判明したので、鉄道期は正しいルールでということでいったんリセット。

本気で鉄道期に造船所を建てようとするのであれば、運河期に開発>レベル2以上の港をLivepoolに建設とかしてないと駄目ぽいですね。条件付き連結があるので、やろうと思えば1ターンに2つの造船所建設が可能?なんでしょうか。
鉄道期開始時の僕の手札は、LivepoolやManchesterといった要所のカードがなかったのですが、運河期に金は貯め込んでいたので鉄道期の2ターン目にBarrow-in-Furnessに造船所を建設できました。(製鉄所を他の3人が建てていたので、色んなとこから、うちの鉄を!と声がかかったのが面白かったです。相方のとこのを使いましたが)
カードは北西部の都市に偏っており、また運河期は最低限(借金してもマイナスにならない程度)の収入確保のためにしか建設しておらずレベル2の建物もなかったため、北西部中心に開発を進めました。

その後は、相方がLivepoolとBirkenheadに造船所建設、Yは造船所建てられなくなったことに絶望するも南部に紡績工場建てまくり&線路をがしがしひく、TはManchesterから西部にかけて炭鉱、紡績工場を建てるという感じで進みました。
僕は、西部に炭鉱をちょこちょこ作りつつ、ひとりで北西部を開拓していきました。終盤、僕、相方、Yがかつかつの中でプレイしている時に、Tだけは資金が潤沢だったので、Tの圧勝かなと思ったのですが、蓋を開けてみれば僕と相方の造船所建てたふたりだけが100点超えで、TYは100点に届きませんでした。しかもTが結構な差がついて4位という想定外の結末。

しかし、いま思い返してみると、終盤に資金が潤沢ってのが、開発に追われててとかであれば確かに優勢ぽいのですが、Tの場合は単純に収入が多かったんです。つまり、レベルの低い建物の建設が多かったと。(レベルの高さと勝利点は比例、収入は反比例する)
鉄道期にばーんと得点が入るというのは、前回のプレイでわかっていたのですが、それは、「運河は最大で3点にしかならないが、鉄道は最大で7点、平均しても4点ほどになる」というところが大きな原因だろうと思っていました。でも、運河期にはほとんど鉄がないので、レベルの高い建物を建てることもできないんですよ。レベル1とレベル4で比べると、3倍から4倍も勝利点があがってます。
そりゃあ、鉄道期の点数多くもなるわってもんです。
ちょっと考えれば、レベルが上がれば上がるほど費用対効果というか点数効率があがることやそもそも手番回数と建設場所に制限があるので、レベルの高い建物を建てた方がよいってこともわかるんですよね。
鉄道期に入ると、なんかどんどん建てていかないと場所がなくなる!という意味のない脅迫感に追われてましたが、急ぐのは造船所を建てるまで、くらいで十分かもしれません。
そこからは開発を交えつつ、効率よく建物を建てると。
まあ、造船所建てても手をゆるめると負ける(相方は2つ建てましたが、今回僕に負けてます)こともあるので、やはり相手の手を見ながら、なんですかね。「ブラス」本当にうまくできてるゲームだなーと感心します。
(まあ、相手の手を見ながらってのは大抵のゲームに言えることなんでしょうが…)

長くなったので、記事を分けます。まだまだ前半です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。