ヒットマンガ 学園

130111432583384.jpg
(4人でインスト込み20分ほど)

【概要&ルール】
基本はカルタで、読み札と同じ取り札を早いもの勝ちでとっていき、ゲーム終了時に最も多くの取り札を持っていたプレイヤーが勝利です。

読み札、取り札ともマンガのコマのようになっており、読み札を読む際、そのコマにあったセリフを自由にあてて読みます。他のプレイヤーは、そのセリフに合うのはどの絵かを考え、これだ!という札を取りに行きます。
読み札と異なる絵を取ろうとした場合、お手つきとなります。全プレイヤーがお手つきをしてしまうと、面白くないということで、読んだプレイヤーが打ち切りカードを受け取ります。
打ち切りカードが3枚出されるか、取り札が最後の1枚になったらゲーム終了です。

【プレイ内容&感想】
昨年のゲームフェスティバル2010で販売されていた同人ゲームですが、ゲームを紹介しているブログなどを見て、やりたい!と激しく思っていました。
そこに、先日、すごろくやさんやバネストさん等のショップに一気に入荷があって購入することができました。

その数日後、春分の日を絡めた3連休の最終日、TとKがうちに遊びに来てくれました。酒を飲みつつ、ツマミとケーキとつつき、のんびりした後で、せっかくだからと、相方、Y、Kに1ゲーム付き合ってもらいました。

僕もYもマンガは読みはするものの、Kがかなりのマンガ好きなので、「マンガ好きをスタートプレイヤーにする」というルールに則り、Kが最初の読み手になってゲームスタートです。

4人なのでサクサクと読み手の番がまわってきますが、これ、案外難しいです。
ヒットマンガというタイトルのせいか、それとも単に性格なのか、面白いか、かっこいいか、とにかくうまいことを言いたいわけです。例えば、朝礼風の絵柄で壇上の校長風のひとに吹き出しがあるカードがあります。ここで「えー。みなさん、おはようございます。今週で1学期も終わりとなりますが、気を緩めることなく…」などと言いたくはないわけです。
しかし、捻り過ぎてわけのわからないことを言うのも避けたい…となると、いいカードを読み札として引きたくなりますlol。

カルタなので当然、取り札はひと通り見ます。僕は、そこでうまいこと思いついたカードが自分の手番で読み札にこないかなーと途中からは考えていました。(結局きませんでしたが)

ゲームは中盤くらいで打ち切りカードが3枚でたので終了となり、そこまでに取った札数が一番多かったKが勝利しました。

ゲームの主旨は馬鹿みたいに盛り上がることだと思うので、うまいこと言うという考え方が間違っていたとは思いませんが、思っていたよりは盛り上がれなかったというのが正直なところです。

何故こうなったかというと、以下の2点が原因かと思います。
1.ゲームの概要・ルールから想定できる面白さを感じるポイントが、想定の範疇を越えず、実際にそのままかつ、それだけであること。
2.開始前に想定していた面白さを感じる展開になるようプレイすることが意外と難しいこと。

ルールや概要と聞くと、取り札(マンガのコマ)にあう、または面白い台詞が飛び交って笑える、いい意味でバカなゲームなんだろうな思えるわけです。しかし、それ以上の何か面白さを感じるポイントがあるか?と言われるとありません。例えばファウナだと、動物クイズというだけでなく、プレイヤーが根拠を問わず知識を披露してしまうところや、プレイヤーたちの思いも寄らない回答が出てきて驚くというところで、『最初に想定していた以上の、または想定していなかった面白さ』があります。僕は頭悪いので大半のゲーマーズゲームと呼ばれるゲームだとルールだけでは仕組みがようわからんので、実際にプレイして初めて「こういう面白さなのか」とわかる時があります。ヒットマンガはそういうプレイして初めてわかる面白さがないと感じました。

しかし、予定調和というか、わかりやすくてそのままであるというゲームがダメと言っているわけではないです。ここで2点目が関係してきますが、最初に想定した面白さを実現するためのハードルが結構高いんです。このゲーム。笑えるという意味でも、真面目な意味でも“名台詞”を言わないと面白くはならない(と少なくとも僕は)思いますが、そんな“名台詞”がぽんぽんと出てくるわけもなく、終始、微妙な雰囲気でした。
(まあ、その時の展開&メンバに左右されまくるゲームなのは間違いないんで、参加メンバが悪いと言われればそれまでかもしれませんが)

こういうパーティーゲームでは、意外性というか、サプライズというかハプニングというか、そういうものもゲームの面白さに一役かっていることが多いですが、1ゲームプレイしてみた段階では、その意外性すら読み手次第な気がしています。

ここまでは言いすぎかもしれませんが、読み手がうまいこと言えるかどうか、それが試されているだけのゲームだったなと。

最後に。私の世界の見方も、うまいこと回答してやろうという気になるという点は同じですが、あれは、プレイヤーのものではない回答がランダムで1つは入ったり、選ばれなかった回答は誰がどれを出したのかわからない等、意外な展開の発生の余地があったり、マイナスの評価は本人に伝わらないようになっていたりとデザインに工夫されてんだなあと、この感想書いていて思いました。(僕はうまいこと言えずに負けるので、正直、そこまで好きなゲームではありませんが・・・)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析