スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴっぐテン/Pig10

130472319289111.jpg
(1ゲーム5分ほど)

【概要&ルール】

0~10までで構成されたカードを3枚手札としてもちます。手番に1枚ずつ、場に出ているカードに書かれた数字の合計を言いながら1枚ずつカードを場に出します。この時、合計値が10未満であれば何も起こりませんが、10ちょうどであればぴっぐテン!と言いそこまでに場に出ていたカード全てを受け取ります。
10を超えてしまうとバーストで、1つ前の手番のプレイヤーが場のカードを全てを受け取ります。

出した分は山札から補充しつつ、ゲームを続け、山札が尽きた時に最も多くカードを受け取っていたプレイヤーが勝利します。

今の合計値と同じ数のカード(例えば、4,5と出されている時の9とか)は、数字を足す必要はなく、今の数字のままになったり(さっきの例だと「4」、「9」、「9」となります)、5は足すだけでなく引くこともできたりと、単純ではあれど単調にはならないようになってます。

【プレイ内容&感想】

gioco del mondoさんで紹介されていたダイナマイトが非常に楽しそうで欲しかったのですが、絶版?のようだったので仕方なくノイを購入したまま、仕方なく買ったせいか、中々遊ぶ機会もなく放置していたところに、似た感じのゲームぽいぴっぐテンが発売されたので購入して、相方、Yと遊んでみました。

面白かったです! 以上!

まあ、それしか書くことがない程単純なゲームではあるのですが、単純であるが故にゲーム中に色々な喜怒哀楽が起こります。

基本的に戦略的な要素が少ないので、ほとんど運任せ=ランダムです。ランダムすなわち、ほどよく集中と分散が起こる状態ってことなので、誰かがぴっぐテンしまくったり、全員がバランスよくあがったり、ひとりだけ何故かしばらくあがれなかったりという状況が出てきます。もしくは、誰もしばらくあがれなかったり等々。

こういう全ての状況が楽しいんです。

「お前、勝ちすぎだろ」「いい勝負だね!」「さっきから仲間はずれがいるんだけど」等々、ゲームをコミュニケーションツールとしてみれば、どんな状況でも話のタネがあって、展開もスピーディなので停滞して空気が重くなることがないという意味で、ぴっぐテンはかなり優秀です。

あと、盛り上がる要素のひとつでカードの補充忘れがあります。僕はよくやります。中盤以降、手札が1枚しかなかったということもありました。
「あ、補充忘れた」というだけで、「2枚でやってね」「またですか!」となりますし、本当によいコミュニケーションツールです。(そのコミュニケーションに中身があるのかはさておき)

さすがにノリだけのゲームでは、刹那的すぎて、いい歳した大人が時間を使うものとしてどうなのよという気もしないではないですが、ぴっぐテン並みにつきぬけていればありかなあと。

以前、同人ゲームですが新刊落ちますたに対して、有効な手は大概1つなので山札ができた時点で勝敗も展開も決まっているというようなことを書きました。ぴっぐテンもそれに近いと言えば近いんです。手札3枚+達成条件(バーストさせずに10を出す)の単純さもあいまって考える余裕ないですし。

でも、こちらは面白くできたし、運の要素がでかすぎるともならない。ゲームの趣味嗜好と、プレイ前の期待(&裏切られた感の程度)とゲーム自体のさじ加減次第なんでしょうが興味深いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。