ゲームマーケット 2011春

ゲームマーケット2011春に行ってきました!

先日の記事に書いたとおり今回はサークル参加という形ではありましたが、前半で客としての記事、後半はサークル参加の体験記(てかお礼)的な記事構成にしたいと思います。

後述する理由があり、客として出歩けたのは14時から15時くらいになってからでした。去年の記事を見返しながら思い出してみると、この時間にはもう帰ってしまっていたんですね。
なので、去年とくらべて~などは書きづらいですが、フリースペース、各ブースの試遊卓ともに大賑わいで、まだまだ各ブースで商品説明を求めているひとも多く、開場から4時間以上経っているとは思えない活気がありました。
(別記事であげますが)もうガツガツ新作を買う!というわけではなくなっており、あとでもショップで購入できるなら別にいいや~とゆるい気持ちだったこともあり、どの程度目玉のゲームが売れ残っていたのかはわかりません。
しかし、先ほども書いたとおり、この時間でもまだまだ買う気のあるひとは多く、僕が興味を持ったゲームの説明を聞くために前の人たちを待つということも何回かありました。ここから考えるに、魅力あるゲームがまだまだ在庫があったということかな?と思います。

買ったものは以下の写真の通りです。

130788473294709.jpg

コンポーネントの実物次第だなーと思っていた、ドロッセルマイヤーズさんの「Stamps」は、箱すらスマートで素晴らしく、この会場内では「Stamps」しか入らないだろうという細いおされな紙袋に入れてもらいました。リメイクもとのモダンアートは持っているので相方にはおしゃれ方面で押してごまかすしかありません。

「紳士のかつら」は、ゲームではなくて冊子です。うちの相方はカツラ判定士なので知識に箔と厚みを持ってもらう意味で購入しました。

力士の絵が見えるのは高円寺盤遊会で購入した「大相撲八百長札」です。僕がボードゲームにはまり始めた頃、読ませていただいていたMoonGamerというブログ(現在は更新されていません)で読んだプレイレポートが大変面白そうで、ずっと記憶に残っていた「政治献金ゲーム」がプレイできるということで事前からチェックしていました。

「What is the may they work?」は、漫画家版ファウナのようなゲームで漫画好きがまわりに多いのでこちらも事前にチェックしていたもの。ハンター×ハンターが~とか、大奥が~とかでなく、冨樫義博が~とか、よしながふみが~とかのように、漫画家のくくりで話すようなひとたちなので、きっと楽しめるのではないかと。相方はルールの概要伝えた時に、これってミステリ作家編もできるね!と言ってました。なんてマニアックな・・・と思いましたが、まあ、マンガもミステリもどっちもどっちなのかもしれません(マンガでも小説でもボドゲでも作品単位ではなく作家単位で語る人たちは大概その道のマニアのように思います)。

同人ゲームは事前に欲しいなと思っていたものを全て購入できました。ラッキーでしたし、プレイするのが楽しみです。

で、ゲームマーケットそもそもの目的であるという中古ゲームの販売は今年からバザーがなくなったので各サークルさんがブースで売ってらっしゃいました。ちらっとしか見てませんがこちらはやはりまわるのが遅れると、メジャーなゲームはほとんど売れてしまうのか、僕があまり知らないものしか残っていませんでした(真面目に細かく見る体力がもうなかったので、探せばあったのかもしれません)。うちのサークルの近くで中古ゲームを売っていたところは、開場してしばらくは人だかりができていたので、やはりゲームマーケットの目玉のひとつのようです。僕も時間があえば&体力があれば、欲しいゲームないか探しに行きたかったですし。

あとは、ゲーム会に顔を出すようになったので、見たことある方、一緒に卓を囲ませていただいた方もちらほらお見かけして、挨拶されたりしたりでした。こういうのもまた嬉しいですね。

ここからは、ゲームマーケットにサークル参加してみた感想やらです。

とりあえず、全くどの程度売れるのかわからなかったので、1つでも売れれば十分、5つ売れれば歓喜の嵐というように思ってました(相方も1日通しで10個くらい売れれば十分すぎると思っていたとのことです)。
前日や当日の朝は、ナーバスになって相方にあたったり、かと思えばハイになってアホみたいに相方に馬鹿な話をふってみたりと、我ながら迷惑の塊のような男でした。猛省です。

設営のために開場前に5階フロアに入ると、大勢のひとたちが5階の入り口脇に並んでいました。でも、不思議なもので、並んでいるひとたちが、うちのサークルのお客さんになるかもしれないという気持ちはなかったです。
130788368594699.jpg

客観的に列がどう形成されるかも見たことなかったですが、人気サークルには、入り口前の列がそのまま移動したのではないかと思うくらいの列が一気に形成されました。僕らのサークルの隣のブースである、“I was game”さんのところにも開場直後に列ができていました。途中、いったん波が収まった時があったので、「あ、今のうちに買っちゃおうかな」と思ったのもつかの間。気づくと完売されてました。1時間かかってなかったように思います。同人ゲームの余程の人気作、注目作を買おうとするのならば開場前に並ぶのは必須みたいです(しかし、僕が買えたゲームが比べて面白くないとは思えないので、その年の流行、頒布数次第ということなんでしょうか)。

そんな人気サークルを人事のように見つつ、悠長に構えていた当サークル、カジタブリッジですが、多くの方に来ていただきました。本当にありがとうございます。売れると思ってなかったので家に在庫を残しており、それを取りに帰ったりしていたので、一部の方には購入までお待たせしてしまったり、興味を持っていただいたのに準備数が少なく購入いただけなかった方がいたりと、大変ご迷惑をおかけしました。

説明を聞いたり、説明書を読んだ感想を聞かせてくださった方々、お褒めの言葉も苦言もありましたが、どれも大変嬉しかったです。多くの方が、クルードみたいなの?とおっしゃっており、やはりクルードの存在は偉大というか、あれくらいしかないんだなと思わされました。(当日は、テンデイズゲームズさんで豚小屋も売ってましたが)
クルードの推理は消去法で、推理を働かせる要素はありはしますが、個人的にはパズルだと思っていてあまり好きではありません(本格推理は英語ではpuzzlerですが)。なので、いつかクルードを越える推理ゲームを作ってやるぜ!というだけならタダなので書いておきます。

実際に遊んでいただき、楽しい時間を過ごせていただけることを祈っております。カードの折れなど、コンポーネントに不具合があれば可能な範囲で対応しますので、メール等でご連絡ください。

感想等もできれば聞きたいところではありますが、これは贅沢だと思ってます(当ブログかカジタブリッジのHPからメール等で頂ければ本当に嬉しいです)。
コンポーネントを購入する時にノリで買った、金のポーン、銀のポーンが少量ありますので、感想頂けた方には先着でお送りいたしますとか書くと多少は感想いただける可能性もあがるのでしょうか(笑)。

当日は僕と相方しか参加できませんでしたが、サークルの他のひととも話して調子にのればご要望等があれば再販なども考慮したいと思ってます。
繰り返しになりますが、購入してくださった方々&興味を持ってくださった方々、本当にありがとうございました。

130788358794696.jpg
(当サークルの宣伝・広報部長です)

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>きみきさん

コメント&相互リンクのお申し出ありがとうございます。
ただ、ブログを拝見したところFF4の攻略ページということで
テーマは同じゲームでも、当ブログと扱っているものが
違いすぎるように思いますので、申し訳ありませんが、
相互リンクはお断りさせていただきます。

当ブログはリンクフリーですので、当ブログへのリンクを
設けていただく分には無論問題ありません。
また、相互リンクはお断りしたにも関わらず、
そちらのURLを残しておくというのも変な感じがしましたので、
コメントは削除させていただきました。
不快に思われましたならば、重ね重ね申し訳ございません。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析