バサリ その4

1320762542115348.jpg
(4人で1ゲーム60分程度)

【概要&ルール】

省略!
⇒ 以前の記事 その1 その2 その3

【プレイ内容&感想】

Sからのリクエストがあり、やることになったものの5人いるところに3~4人用ということで、僕が抜けようかとも思ったのですが、相方がやや疲れたとのことで離脱して、僕、S、Mさん、Hさんの4人でのプレイとなりました。
Mさん、Hさんが初プレイ(Mさんは後で話を聞くとやったことはあった模様?)ということもあり、ガチガチのプレイをすると楽しくないだろうという思いから、序盤は色々試してやろうとサイコロ過多や点数過多等の方針を決めてプレイしてみることにしました。手を抜いているというよりも、以前、プレイした際に宝石を取りに行くのが強いので、他の手では勝てないのかが気になっていたので、試してみました。

しかしながらというか、当然というか、自分ひとりで方針を決めたところで他プレイヤーの思惑とバッティングすればうまくいくことなどなく、かといって人の手を読み始めると、○○過多とか言ってる場合でもなくなり、中盤以降は結局いつも通りにプレイしてました。

序盤はMさんが点数を多めにとり、リードする展開に。SやHさんも追いますが、なかなか追いつけません。

しかし、2回目の決算前後でMさんが失速します。

原因は宝石不足で、序盤に気前よく交渉で使いすぎたのか、宝石をほとんど取りにいかなかったのか、とにかく手持ちの宝石がほとんどなくなり、交渉で勝つことができなくなっていました。

逆に僕は宝石を多めに持って、Mさんから逆転して1位になったSを追いますが、1回目の決算時の差が大きく響いて追いつくことができず、結局、Sが1位となりました。
1320762580115349.jpg

宝石を使った交渉の見た目がきれいで、かつ、お金ではなくて宝石の数ということで交渉の単位が細かくならず、とっつきやすい作品ではありますが、ゲームに勝とうと思ったらそれなりにボードゲームの経験がないときついように思います。

しかし、逆にボードゲームで汎用的に使うことのできる視点を学ぶことができる作品でもあります。バサリ以上にわかりやすいゲームがないとは言いませんが、わかりやすいゲームの1つだと思います。それが、交渉や複数の得点要素があるゲームにも関わらずとっつきやすさに結びついてるのかなと。

具体的に言うと以下のような点です。

1.異なる得点要素のなかでどれが得なのかがわかる。
2.他人の手について予測できる。
3.一般的な得と勝負の上での得が異なることがわかる。

1についてバサリで言えば、自分のコマがとまっているマスの内容でどれが一番得かがわかるということです。宝石2つをもらった方が得なのか、得点6点をもらった方が得なのか等々です。一見、宝石と得点を単純に比較することはできませんし、更にサイコロなんてどう評価すればよいのかさっぱりです。しかし、このゲームで言えば、得点の幅は4~7点、宝石の幅は2つ~4つと得点要素のレンジが同じなので比べ易いとは思います。(実際には宝石には種類もあったりと、こう単純ではないですが…)

2については、1にも書いた自分のコマがとまっているマスの内容でどれが一番得か判断しやすいというのは、すなわち、他人のコマがとまっているマスの内容の判断もやりやすいということでもあります。

3つめは得点要素がひとつのゲームだとあまりありませんが、得点要素が複数あるゲームだと、「Aさんに自分が負けることで、AさんがBさんにも勝ち、その結果、総得点で自分はBさんに勝てる」という状況があるというやつです。
バサリで言えば、わざと赤い宝石が絡む交渉で負けて、赤い宝石のトップをとらせるとかです。

なんか大仰な話になったようにも思いますが、純粋に楽しめて、ボードゲーマーとしてステップアップも狙える、かつ、プレイ時間もそう長くない(交渉の時間次第ですが)っていうゲームは貴重なように思います。

4人プレイでないとバッティングが起こらずにそれほど面白くないというのと、既に絶版というのが残念です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析