スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーラルゴ

ゆるいバッティング系のお宝探索ゲーム。

ダイバーを雇って、海に潜らせて、沈没船の中のお宝を集めるというのがゲームの流れ。
午前午後で1回ずつ行動できるので1日2行動可能なんですが、1日の始まりに午前午後の両方を5つのアクションカードから選択する必要があります。つまり、午前の結果を見てから午後を決めるのは不可能、かつ、カードは1枚ずつしかないので、午前午後で同じ行動はとれません。
アクションカードは午前、午後の始まりに一斉にめくるんですが、酒場(ダイバーの雇用等が可能)、アイテムの購入、財宝の売却は人と被ると値段があがったり、売却価格がさがったりと影響があります。他の選択肢の観光船、財宝探索は、被ってもほぼ影響ありません。(同じ沈没船を対象に潜ることはできませんが、そもそも沈没船自体がプレイヤー数よりも多い数用意されているので、基本的に被らない)

で、"ゆるい”バッティングと書いたゆえんはここにあって、別に人と被ったからといって、その行動ができなくなるわけでもないですし、被ったことによる損失も20~60$程度です。
そして、この程度の差なら財宝1つ差、高価なものなら財宝の価格差だけでリカバー可能なんですよね。というわけで、被ればいい気はしないものの、被ったことによるゲームへの影響はほぼないと見ていいです。(相方は、被ったおかげでダイバーを雇うお金が足りなくなったのが2回ほどあったみたいですけど、余程カツカツのプレイをしない限りはこんなことは起こりません)

午前午後の1日2回行動と言っても、10日間しか時間がないので、全体で20行動ですし、午前午後で同じアクションは選べないので、1アクションは最大10回しか選択できないことになり、あっと言う間にゲームは終わります。

先ほどバッティング云々書きましたが、キーラルゴってバッティングよりもリソース(手番回数)をいかに計画的、効率的に運用するかが主眼だと思います。そして、どんなに計画的に準備をし、潜りに行ったとしても怪物がでたり、やっすい財宝しかないという「結局は運」がつきまとうところが、宝探しというテーマと相俟って、テーベの東を思い出させました。
(運の要素はキーラルゴの方が遥かに小さく、また、キーラルゴは金で運の要素はほとんど排除できるので、あくまでテーマと含めて似てるレベルですが)

リソース(手番回数)の運用と書きましたが、今回、参加者全員が全員、異なる運用方針でプレイしていました。まず僕は、ダイバーを最大人数の3人雇った後、ホースを1本だけ装備させて、中深度と浅瀬をひたすら潜って、質より量の作戦。
怪物を倒せる槍を買う時間はなかったので、ダイバーを雇った時に噂話をしっかり聞いて、浅瀬と中深度の怪物情報はおさえてました。
相方は、ダイバー2人雇いつつ、装備をそろえながら、徐々に深いところに潜っていく作戦。
Tは、ダイバーは2人ながら、一気にフル装備を購入し、最深度を潜る、質も量も作戦。
Yは、ダイバーを1人に絞って、重りを補充しつつ、最深度をひたすら潜る、とにかく質作戦。Yは噂話を聞いてはいませんでしたが、どうも今回はややカードが偏っていた&運も良かったこともあり、怪物に殺されることは一度もなかったです。
結局、最終的には、僕が勝てましたが、2位のYとは僅差でしたし、最深度しか潜っていない=高額な財宝しか持っていないということで、Yは終盤、いくつか財宝を盗まれていたので、単純に潜ってゲットした財宝だけで言えば、Yが1位だったようです。
意外だったのは、Tが案外稼げていなかったことですね(相方は前述の通り2ターン無駄にしたのが痛かった)。
思っていたよりも早くゲームが収束してしまったため、投資に見合う効果(収入)が入らなかったということでしょうか(ボーナンザの3つめの畑のように)。確かに、終盤はどこも財宝が枯渇したので、終盤に投資費用の回収を図る作戦はイマイチなのかもしれません。全体の財宝数(収入)が限られているため、投資は序盤だけにして、中盤の早い時期(ライバルのくる前)からガンガン潜る・u桙フがいいんですかね。(少なくとも僕はそこまで考えていなかったので)結果として、僕とYがとった質か量を切り捨てた作戦がベターで、かつ、泥棒は金額ではなくて、あくまでカード1枚だけを盗むので、安い財宝を数多く持つというのが泥棒対策にもなったということみたいです。
そこまで考えていたわけではないので、思いっきり、結果オーライでした。

個人的には、ゲームとしてはぬるくて雰囲気を楽しむものだと思ったので、感想戦時に、「もういいかなー」と言ったのですが、女性陣からは「もう一回やりたい」と声があがってましたので、もう1度はやりそうです。でも、作戦がまる被りしない限り、質より量作戦が投資金額の少なさや泥棒対策という点で優秀そうなのが気になりますが。次回は傍から見るだけにしようかな…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。