スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yokohama 1 GAME Night(2012.06.12)

Yokohama 1 GAME Night(略称:1ゲー)はロール&ロール横浜店にてキノさんが主催されている「平日の夜に1ゲーム、集まって遊びませんか」という、大人の香り漂う集まりです。詳しくはツイッターの公式アカウントかロール&ロールステーション横浜店におかれているチラシにて。

僕は勤務地が横浜からは結構遠いので参加は諦めていたのですが、当日に実施予定だった打ち合わせが翌日にずれ込んだので、これ幸いと、開始時間には間に合いそうにありませんでしたが、どの程度人が来ているかも気になったのでいそいそと横浜に向かってみました。

着いた時点で予告通り(1ゲーは時間が限られている関係もあり、事前に立卓ゲームが予告されています)、チケット トゥ ライド:レジェンダリーアジアとインディゴが遊ばれていました。
インディゴはもう終わるとのことでしたので少し待った後に、4人目としてインディゴに加えていただきました。

インディゴ
1337708911145810.jpg

手番には、タイルを1枚ボードに配置して、山から1枚引くだけです。タイルには道が描かれており、その道によってボード端の自分のマーカーがおかれた辺に宝石を運んでくることが目的です。
辺によってはマーカーが2種おかれており、そこに宝石が運ばれた場合、マーカーが示す両方のプレイヤーの得点になります。

タイルで作るルートは結構急な方向転換が可能なので、あと1枚タイルを置けば自分の得点になるというところまで宝石を進めたとしても全く安心はできません。むしろ、他プレイヤーのマーカーのある辺にもすぐに持っていかれるような状態でもあります。
急な方向転換=意図せぬ道に進められることがあるので、自分がマーカー近くまで運んだ宝石を実際にマーカーまで運んでもらう、もしくは、近くまで運ばれた宝石を自分がマーカーまで運ぶという、ある種の協力プレイ(時にはごっつぁんプレイ)が得点の基本になります。
特に四人プレイだと容易に他プレイヤーの得点にされるので、まわりと仲良くすることが大事です。

僕はまわりに相乗ることも、また、相乗ってもらうこともなかなかできなかったこともあり、得点は全く伸びませんでした。
(最後に上位プレイヤーに追いつくためか協力してもらっておこぼれをもらえましたが)

手元に持てるタイルは基本的に1枚(戦略ルールは2枚)なので、選択肢はないように最初は思いましたが、どんなタイルでもまわりの道との関係から、かなり自由度高く宝石を運べますし、(少なくとも4人プレイでは)最終的に辺と接する位置にタイルを置く人の意向次第なので、自分がどんなタイルを持っているかよりも、周りに協力してもらえる関係が築けているかの方が大事です。
すごい面白い!是非もう一度やりたい!というゲームではないですが、軽さ、宝石の移動のままならなさ、他プレイヤーと会話が必要になる等々の理由から、何回やっても同じくらい面白いだろうと思います。

あとすごいのは、箱にタイル、ボードもろもろがピタッとはまるところ(箱を縦にしても中身が動かないほどとのこと)と、説明書頭の序文が、「インディゴってのは染料でこんなことに使われてたんだ。一方このゲームでは宝石を集めます」と言う感じでミラクルなところです。

ピラニア

チケット・トゥ・ライドがもう少しとのことだったので時間調整のつもりで軽めのこれを。ざっくりいうとカードを出せる出せないの判断基準が3つあるトランプのスピード。
「ピラニア!」「新鮮な魚!」と言うところと、ゲームの性質上、慌てまくってしまうところが秀逸です。ただ、軽すぎなのと、他人に構っている暇が全くないのが今回は気になりました。

それはオレの魚だ!
1337708911145811.jpg

ピラニアを3回やっても、チケット・トゥ・ライドが終わらんので、別の軽めのゲームで、ロール&ロールにおかれていたこのゲームを遊びました。もうひと箱あり、チケット・トゥ・ライドがすぐに終わるのならばふた箱使って8人でも・・・とおっしゃっていましたが、もう少しかかりそうだったので4人で。

まあ、苦手です。経験者3人、初めての方おひとりだったので、このゲームはうかうかしてると閉じ込められてなんもできなくなるところを見せようと無謀に果敢に進めすぎて中盤前に将来性がなくなりましたw。
(上の写真の黄色が僕です)
しかし、写真左下の漁場がえらいおいしそうに見えたのか、僕以外の3人が取りに行ってくれたおかげで少しはましになり、4位にはなりませんでした。競合しなければある程度はましになるのですが、競合をつぶすくらいでないと勝てはしませんね。結果は右下から右上までざくっと切り取った島を作られた赤ペンギンが大差で勝利されていました。

ゲシェンク
1337708911145812.jpg
(写真は片付け時&ぶれぶれですが・・・)

閉店まであと25分くらいなのであと、1ゲームをチケット・トゥ・ライド組とシャッフルして、7人でゲシェンクを。

僕は初プレイです。我慢とやったらあと取りに行くときの対比というか、周りを煽るのが大変面白いですね。抜いてあるカードがあるので、どんなチャレンジも基本的に「無謀な挑戦」になるのと、誰にとらせたら有利なカードかが一目瞭然というのが盛り上がるポイントなんでしょうか。
7人なので1周回ると大量にチップが置かれており、余程大きな数でない限りは1周以内に取られていました。そういう点で4人程度に比べると淡白だったのかもしれません。

数ゲームやらないと勝負としては判断できないなと思いつつ、1ゲーム終わったところでほぼ時間となりました。僕は取らされたというか、下家に取らせたくないカードをがんがん取っていたら、びりっけつでした。

もう1卓のゲームも時間内に終わり、この時開催されていた決算セールの商品を参加者の方であーだこーだと物色してから帰りました。
初回から2卓立っていましたし、みなさん楽しまれていたようなので大成功だったのではないしょうか。
主宰のキノさん、お疲れ様&ありがとうございました。

19時開始と横浜近辺に職場がない方は参加難しいですが、終了時間も21時と下手な残業よりも早いのでリフレッシュして仕事に望めるのではないでしょうか。時間が限られているからこそ、逆にみっちりゲームをやったような気もしますし。
今後も機会があれば来てみたいですが、定時ちょうどに退社しても開始時間に間に合わないのがなんともかんとも・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

お忙しい中、Yokohama 1 GAME Night に参加いただきありがとうございました。

インディゴはルールもシンプルで思ったよりも短時間で終わる収束性の良いゲームでしたね。
1プレイ30分はかかると踏んでいたのですが、実際はその半分くらいだったでしょうか。
まぁそのおかげでひだりさんにもすんなりゲーム会に参加していただけたと思えば結果的には良かったかなと…。

19時に横浜は時間的に間に合わないというのはよく言われるところなので、しばらくは1卓は比較的短時間で終わるゲームを中心にして遅れてきた方がいても対応できるようにしてみようかと思っています。

こんな感じでまだ手探り状態で進めている会ですがこれからも都合の良いときにはぜひ遊びにきてくださいね。

Re: ありがとうございました

>キノさん

コメント&先日の会の主催、ありがとうございました。

1卓は比較的短時間ゲームにしていただけるのは嬉しいです。

先日の感じだと残りの20分、15分でさくっとできるゲームが重宝される会だと思うので、1卓を、とはいかない時でも、比較的短時間のゲーム、思いっきり短時間のゲームの需要は高そうですね。僕も参加時には持っていけたらいいなと思っています。

今後も予定があえば是非参加させて頂きたいですので、その際にはよろしくお願いしますー。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。