マーブルすくい/Monster Torte

1337708911146001.jpg
(3人でインスト込み10分)

【概要&ルール】

ケーキを彩る色とりどりのマーブル! 素敵なケーキには素敵なマーブルが必要です。マーブルをのせてケーキを仕上げましょう。ただし、お客様に出せるよう手は使わず、スプーンを使ってマーブルを集めます。

ケーキの書かれたカードを1枚めくり、カードに書かれた1~4のマーブルを一番先に集めたひとがそのカードを入手します。
1337708911146004.jpg
(ケーキはこんな感じ)

一番先にカードを規定枚数集めた人が勝利します。

【プレイ内容】

Yが遊びに来てくれた際に、せっかくだからゲームで遊ぼうということになり、XXXX(自粛)とマーブル掬いを出してきて、「やりたいのはXXXXなんだけど、Yはマーブル掬いみたいなの好きだと思うんだよ。どっちがいい?」

Y:「XXXXは見るからに重そうなので却下です」

ということでマーブル掬いで遊びました。

箱開けて、カードを見るだけでルールはわかるんで、さくっと開始です。

Y:「ひだりさん。ひとりだけ集めてる色が違いますよ。色盲ですか」

僕はオレンジを取っていたのですが、相方とYはともに赤を集めてます。

僕:「いや、色盲なのは君らだから。これはオレンジ」
Y:「それは赤ですよ。オレンジはこっち」
僕:「それは黄色」

色盲、色盲と言いあう、どこかの団体に怒られるようなスタートでしたが、色見本として何枚かのカードをボードの端におくことで解決。カードの色使いは淡いのに、実際に掬うマーブルは濃い目の色なので、意外と間違えるかもしれません。
1337708911146002.jpg
(なんか写真で見ると間違えそうに見えないですが、間違えてる人がいたので)

ゲームは邪魔すんなーと罵声が飛び交うこともそれほどなく、2枚くらいしかカードが取れていない相方やYに対して、安定して素早くマーブルを取ることができた僕が勝利しました。

相方&Y:「ずるしてますよね」
僕:「してないだろ!w あえていうなら、角にマーブルを集めて取ろうとしてるうちは素人」

と言いつつ、角ではなく壁を使って取るのを見せます。

Y:「あ、そうか! こうすれば早いのか」
相方:「コツを教えないのがずるいよね」

散々、精神的に攻撃されたダメージがあったのか、僕はさえず、2戦目はYの圧勝でした。

【感想】

掬えなさ具合が絶妙で、いらいらするわけでもなく、簡単すぎるわけでもなくちょうど良いもどかしさです。

まあ、ゲーム性はそこだけしかないわけですが…。
最初からコンポーネント目当て、掬うの目当てのひとしか買わないはずなので、別に問題ではないと思います。

プレイ中、えらい相方の左手と僕の右手が当たっていたのですが、いま思うと、金魚すくいのように、掬ったマーブルを入れる容器を左手に持って箱の中に入れた状態で相方は遊んでいたような気がします。(金魚すくいでポイのすぐ上に容器を持っていくような感じです)

それは余計な争いごとの種になるだけなので、マーブルを入れる容器は箱の外に置いておいた方が良いですね。

物理的に邪魔するのは簡単なので、子供と遊ぶ時は特に、どこまで紳士的にプレイできるかというのもあるかもしれません。まあ、邪魔したくなるのも、掬うのがもどかしく、面白いからこそなんでしょうけど。
1337708911146000.jpg
(今年?リメイクされたようで、日本語タイトルが旧作と同様にマーブルすくいになるかは不明です)
1337708911146003.jpg
(箱側面の絵もかわいいです。全ての側面で絵が違います)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析