スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーライオン/The Blue Lion

1337708911146900.jpg
(2人専用、インスト込み15分ほど)

【概要】

神秘の宝石ブルーライオン、それを狙うふたりの怪盗、さらに怪盗を追う刑事。
あなたは怪盗のうちのひとりになり、ブルーライオンを狙います。見事にブルーライオンを盗み出すのか、相手の怪盗を刑事に捕まえさせるのか。

【ルール】

カードで組を作り、その組によって得点(宝石)を獲得する2人用のゲームです。

場には6枚のカードが並べられます。カードの表裏は、2人の怪盗、宝石、刑事の全ての組み合わせで構成されています。(刑事の書かれたカードは3枚あり、裏面は怪盗X、怪盗Y、宝石とばらばらになっています。他の絵柄も同様です)

手番には、以下の3アクションのうち1つを行います。
①端のカードを反対の端に移動する
②隣り合うカードを交換する
③1枚のカードを裏返す

カード3枚が組になったならば、その組に応じた宝石を獲得した上で、組の真ん中のカードを抜き、次の相手の手番は5枚で行います。相手の手番終了時にどちらかの端にカードを戻します。

これをどちらかが過半数のダイヤ(得点)を獲得するまで続けます。

【プレイ内容】

カード6枚+小さい宝石というコンポーネントなので手軽に持ち歩けることもあり、色々なところに持ちこむ一方で、記憶ゲームだし、疲れそうだからなあ…というやりたいのかやりたくないのかよくわからない状態がしばらく続いた後、インスト込みで30分ほどしか時間がとれないがゲームはしたいという状況になり、同僚のK君と遊ぶ機会が持てました。

まあ、ふたりともマジで覚えようとはせずに、手なりと言うかなんとなーくで初回はプレイしました。

そんなプレイなので、相手が自分に有利に動かしてくれることもお互いに結構な頻度であり、「あれ?ああ、これだとダメか」「いただきます!」ということの繰り返しが続いた後、とりあえず宝石1つ差で終了(K君が勝ったような記憶がおぼろげに)。

だいたいわかったと続けて2回目。

「相手のとった手を元に戻すような手は禁止」と言うルールもあるのですが、やろうと思えば4,5手でぐるぐると千日手をすることもできてしまいます。しかし、それは楽しくなかろうと暗黙でそれは避けつつで。

2回目になって要領がつかめたのか、ふたりともケアレスミスはなくなり、積極的に宝石を取りに行きます。
僕は序盤は集中できていて、それなりに覚えていたのですが、中盤くらいから集中力が切れ始め、あれよあれよという間に過半数の宝石をとられてしまいました。

【感想】

記憶しておくことが最低限の条件ではあるのですが、単純な記憶ゲームというよりも相手の手を予想して自分の手番に組が作れるように持っていく、アブストラクト色のかなり強いゲームでした。
(これは捉え方が反対でガチガチのアブストラクトに記憶ゲーム要素を入れることで、多少ゆるくしているんでしょうか)
1337708911146901.jpg
(撮影タイミングが悪く、5枚の時のものしかありませんが。右端の女怪盗の裏はダイヤなのでなんとか左手の2つのダイヤにくっつけたいのですが、相手も覚えているのではと思うとなかなか近づけられません)

完全に覚えられるようになると重くなりすぎるので、ルールを忘れていない程度の時に少しずつ遊ぶのがいいかもとK君がいっていましたが、僕もそう思います。というか、記憶要素が入ったアブストラクトとか、頭がついていきませんw。せっかく覚えても裏表が変わりつつ場所が移動していくとか辛すぎますw

あと、表裏の各組み合わせが1つずつしかないので、それを利用した推理要素がクローズアップされた紹介も読んだことがありますし、表裏の組み合わせが1つと聞くと、推理できるな!と思ってしまうのですが、推理はあくまで記憶を助けてはくれるだけで、前述の通り、記憶していることが前提のどう組を作るか悩むのが主眼のゲームなので、推理によって勝てるようなゲームではないように思います。というわけで、推理要素はあるにはあれど、それは決して主眼ではありません。

カード(というか材質的にはコースター)の質もいいですし、全体的に上品な趣ですし、自分と相手のレベルがあっていれば軽くも重くも遊べる良いゲームなので、これからも持ち歩きはしたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。