スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バサリ

2回目くらいのプレイ。
バッティングを避けつつ得点を伸ばしていくすごろくゲーム。
①その時点の得点トップ者がふったサイコロで全員コマを進める。
②コマの止まったマスに書かれた宝石か得点を手に入れるか、サイコロをふってコマを進めるかを選択する。
③バッティングがなければ、選択した対象を取得、2人で被れば宝石を使った交渉、3人以上で被った場合は誰も行動できない。
④いずれかのプレイヤーが盤を1周するまで①②③を繰り返す。1周した時点で決算。3周して合計点の高い人が勝利。

得点機会は以下の4つ。
1.行動で得点取得を行う。
2.行動でサイコロを振る(サイコロは、目の数分コマを進めると共に、6-目の数分得点が入る)。
3.盤を1周する(誰かが1周した時点で、決算にはいるが、決算終了後の位置を起点として再スタートするため、1周できるのは最初のひとりのみ(同ターンに1周したプレイヤーが複数いた場合は頭割り))。
4.決算時に宝石を最大個数持っている(宝石は4種あり、それぞれ点数が異なる。この点数は価値として交渉時にも関係)。

行動は全プレイヤーが一斉にオープンし、行動でやることは単純なのでサクサクと進みます。「いっせーのーで」1,2,3、「いっせーのーで」1,2,3、…という感じです。宝石による加点が大きいのと、きらきらと目を惹くのでうちらのプレイだと宝石が大概一番人気です。次に得点、そしてサイコロが一番人気無しでしょうか。
相手のコマがとまったマスに書いてある取得可能な宝石、得点を見て、相手の持っている宝石個数を考え…と、考えることはありますが、先ほども書いたとおり、サクサクと進むため、戦術を考えるよりもワイワイと楽しむ感じです。
相手の手を読んで裏をかくと大抵の場合、相手も裏をかいていて被ります。相手の手の大体の傾向がわかってきてからが楽しいです。交渉も相手と自分の狙ってる宝石の違いから生じる価値観の違いを踏まえて行うと案外Win-Winで終われたりも。
今回は、3周目で1周による得点と、2種の宝石トップをとれたことが大きく、僕の勝利でした。1時間かからずに終わることもあり、僕、相方、TYの4人とも結構なお気に入りのゲームです。!

一般的にはわかりませんが、前回、今回共に1位は80点超えでした。つまり1決算ごとに30点弱取っていればよいわけですが、盤面には1周32コマあり、振るサイコロは1つのため、目の平均は3.5。つまり、およそ9回振れば1周です。この9回から、サイコロを選択した回数を減らす必要がありますが、うちらはサイコロの人気がないため、決算間は7,8手番とします。ここでテストとして、全手番得点を選んだとします。マスに書かれた得点は4~7のいずれかなので、均等に出てくるとして平均は5.5点です。ここで5.5×7.5とすると…、41.25となり、3ラウンド通してずっと得点取得を行うことで案外勝ててしまったりするかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。