スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yokohama 1 GAME Night(2012.11.27)

この日のテーマは「白いボードのゲーム」でした。
家にあるゲームを考えてみたのですが、案外白いボードのゲームってないもので家には一つもありませんでした。主催のキノさんが用意されたものも僕が見たことないものが多かったです。

人数の関係から僕と一味さんはあふれてしまったので、テーマと関係はないものの、ふたりでできるゲームを最初にいくつか遊びました。

カナルグランデ/Canal Grande
1337708911147447.jpg

詳細はこちらの過去記事を。

前回K君と遊んだ時とは違い、地区カードは5枚というのを事前にふたりとも理解した上で遊びました。お互いに「カウンティングとか苦手」といいつつ、そのラウンドで出た枚数、公開されている枚数くらいは数えながらで。
これだけですが、ずいぶんゲームがしまった気がします。手札の内訳は覚えてないですし、そもそも手札から奪われることもあるので、どの程度今回のカウンティングが生きてるかはさておき。

ゲームの展開は、序盤はやや僕が有利に展開したものの、手札が減ったところを、多くの手札で一気に5種類の地区カードを獲得するところまで持っていき、そこからはゴンドラを上手く使って一気に4枚プレイされた一味さんが勝利されました。
僕もリーチまでは行ったんですが…。
ちょっと特殊効果付きのカードが強すぎる気もしますが、相手に出来る限り渡さないプレイもできるので、「特殊効果カードを渡しすぎるプレイをした」というのがそもそも敗因になるんでしょう。

Pick-a-Dog
1337708911147448.jpg

まだTOKAIDOが終わらなさそうだったので、次、何やります?となって、ふたりでやるゲームではあまりないかもしれませんが…、馬鹿ゲーですが…と、このゲームを。
場に広げられたたくさんのカードの中から、手札と1ヶ所だけが異なるカードを探してどんどん重ねていくゲームです。ラウンド最後に各自のとったカードがあっているか確認するのですが、その確認部分がこのゲームの肝です。

普通の犬が、黒くなって、両手になって、ポップコーン持って、大きくなって、小さくなって、ポップコーンを捨てて、メガネをかけて、白くなって、黒くなって、白くなって、メガネをはずして…と確認するのですが、なんで大きくなるんだよ!なんで色が変わるんだよ!ポップコーンどこにいったんだよ!と笑えます。

一味さんのすごいスピードに一時はかなりの差がつけられましたが、終盤、カード運が悪くつまったところを一気にカードを稼ぎ1枚差まで追いつけました。まあ、負けですが。

姉妹品のPick-a-Pigも持っているので、いつか混ぜてやりたいです。

イゴール

もうちょっと。とのことだったので、コード破りのテーマ乗せ換え版であるこちらを。詳細は過去の記事に。

チップが乗り切ったカードを取らずにバーストした場合、そのカードは破棄するのが正しいルールなのですが、残したまま、相手手番にうつるハウスルールがギャンブル性があがるため好みです。

序盤はダイスが走りまくり、僕しかカードを獲得していないような状態だったのですが、調子に乗ってバーストした5点のカードを取られたところから、ケチがつき、逆転されてしまいました。

ダイスゲームは振ってなんぼなので、じゃらじゃら振れて、適度に考えどころがある好きなゲームです。ちょっとした時間にもできて、遊べる人数も融通がきくので常備してます。
そのため、やり過ぎてダイスの印刷がはげてきてるので、もう1つ買おうな?と悩み中です。

フォーラム・ロマナム/Forum Romanum
1337708911147449.jpg

ここでTOKAIDOが終了したので、そちらのメンバーと合流して6人で、先日のゲームマーケット2012秋で復刻版が売られていましたが、今回使われたのは旧版。
お坊さんに見えるコマと布?ボードが特徴的です。

ルールは非常に簡潔で手番がきたら自分のコマを1つ盤上のマスにおくだけです。手元からコマがなくなったら盤上のいずれかのコマの場所を変えます。
盤上のマスもいくつかのエリアに分かれてはいますが、特別な効果などがあるわけでもありません。
縦、横、斜めか、エリアがコマで埋まったら決算で、数が単独で一番多いプレイヤーが加点され、一番少ないプレイヤーが減点されます。一番多いプレイヤーが複数いる場合は決算になりません。一番少ないプレイヤーが複数いる場合は減点数が半分になります。

同じ場所で決算が起こることはなく、全ての縦、横、斜め、エリアで決算が起きるか、まだ決算が起こっていない場所がコマで埋まっていたらゲーム終了です。

非常にシンプルなルールなので、逆に言えば序盤はとっかかりがなく、みんなすぱすぱと置いていきます。その結果、緑が有利になり、独走状態に。
では、緑が絡んでいないエリアで決算を起こして、緑を減点させよう、ただし自分が得するように…と緩い協力体制がくまれ、徐々に決算が行われていきます。

僕は過半数をとっている場所はあるものの、まわりが埋められずに点数をもらえることがなく、ぶっちぎりのドベに。
とはいっても、全部の場所で決算が起こることが終了条件なので、2、3ヶ所で得点して上位集団に食い込みます。

最後の決算でも得点でき、もう少しでトップか!?という位置まで行ったのですが、最後に計算する未決算場所の点数が全くもらえず、減点ばかりだったため、無難な場所でゲームを終えました。

自分が得点できなくても、自分が決算して欲しい場所で決算が行われていくかが非常に重要なゲームだと思いました。どのコマも動かしたくない!という局面が結構あるのですが、決算起きた場所に割いていたコマはいくらでも動かせるので、そういったコマを作るために決算起こしてーという気になります。

自分が損する決算はお仕事以外ではだれも起こさないのでにらみ合いが続きますし、とはいっても、トップを追うためには誰かは味噌をひかなきゃいけないので途中、お仕事職人的なひとがでてこないと勝負は案外決まるかもしれません。

今回は6人だったので、情報量が多すぎて読み切れずに、ある程度諦めるという場面も多かったですが、これを少人数でやると非常に消耗しそうです(それとも、利害がすっきりはっきりするので、手なりに打てるんでしょうか)。

僕が1時間程度のゲームが好きということもあるんでしょうが、ちょっとした気分転換に1ゲーは便利だなーと思ってます。
難点はせっかくR&Rが会場なのに閉店ぎりぎりまでやっているせいで、店内を見る時間がないということでしょうかw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。