中野フローチャートに行ってきました。(偽エッセン会)

※お店の様子は写真を撮るのを忘れてました!
※たぶん遊んだゲームは個別記事あげます
※この時の様子をぐんまさんもブログで書いてくださっています!:ぐんまのつれづれ

新たなる偽エッセンを求めて中野にあるフローチャートにぐんまさん、たる田さん、しのぽさんと偽エッセン会で行ってきました(エッセンが移動して良いのかというのは、イベント名ということでひとつ)。
こちらもボードゲームができる店として有名です。お店主催のゲーム会や他のゲーム会など、ボードゲーム関係のイベントで使われてるようです。

中野ブロードウェイを抜けて、少しいったところにお店はあります。中野ブロードウェイはドロッセルマイヤーズに何回か行ったことがあるのですが、抜けてその向こうにいったのは初めてです。商店街やブロードウェイが賑やかなせいか、事前に地図で見て思っていたよりも随分近い印象でした。

メインの通りからちょっと入ったところにありますが、通り沿いに大きく看板がでているので大体の場所がわかっていれば迷うことはないと思います(迷ったらすいません)。階段を降りた地下1Fにお店はあります。

なかはそれほど広くなく、テーブル席は3,4テーブル(ボードゲームをやるのであれば多分2テーブル)、あとはカウンター席です。酒がダメな僕は行ったことありませんが、テレビとかでみる標準的(orちょっと広い)なバーの広さなんじゃないかと。

こちらの店にもボードゲームは常備されてます。FABFIBやストリームスなどの軽い、パーティーゲーム的なものもあるのですが、ドミニオン全作やランカスターといった重めのゲームもありました。あと、サークル倦怠期さんのバベルの塔など、おしゃれなお店の雰囲気にあったゲームも置かれてました。

ご飯がとてもおいしいとのことだったので、ひつまぶし風お茶漬けやきしめんカルボナーラなどの名古屋飯を食べつつ、僕以外の方はビールなどを飲みつつキーフラワーとウィウィルウォックユーを遊びました。

キーフラワー
1337708911147468.jpg

今年のエッセンのフェアプレイ1位、あっちからもこっちからも面白い面白いと聞こえてくる期待の新作をたる田さんのインストで。
開拓民となって、自分の村のひとたちを使って、建物を競り落としたり、建物で資源を作ったりして、春夏秋冬の4ラウンドで村を発展させるゲームです。最終的には村の発展度合いと、様々な勝利点獲得建物によって資源などを換算した勝利点の合計で競います。

特徴はキープル(ゲーム中に使うミープルのこと)の使い方で、競りでも建物の使用でもキープルを使います。キープルには赤青黄緑の3色があり、誰かが値付けしたり、建物を使ったタイルをその後、値付け/使用するには最初に使われたのと同じ色を、より多く使わなければならないということ。例えば、黄色のキープルをいくらもっていても、赤や青のキープルが置かれたタイルには置くことはできません。

時間の関係もあり、得点に強く結びつく冬以外は、どの季節にどのタイルがあるかの確認はせずに開始です(ゲーム後に気付いたのですが、夏は青々、秋は紅葉とタイルに描かれた木の絵が違うのでタイル一覧があれば季節も特定できますね)。

最初に渡された冬タイルがあまりいけてないというか、使い方が難しそうなタイルだったので悩みながらのスタートとなりました。特定の資源を点数にする等、ストレートな方が使いやすくて良かったのですが、技術関連のタイルばかりがきてしまいました。技術は入手機会が少なく、タイルで手に入れようとすると基本的にランダムなので使いにくかったです…。

ぶっちゃけ僕は春ラウンドの1手目で入札するタイルを間違ったりと、春・夏はどう村を発展させて得点に結びつけるのか全く方針がたっておらずちぐはぐなことをやってしまいました。しかし、これはみなさんも初回なので似たりよったりだったように思いますw。

とはいえ、夏くらいから方針がたってきたようで、みなさん的確にタイルを改良したり、資源を大量作成されたりしていました。僕は最初のつまづきもあって改良も思ったように進まず。

ラウンドごとにタイル(建物)が補充されるタイプのゲームでは「下拵えをしていれば使える」ものが後半は徐々に増えていき、これらが使えない=おいてかれてるということだと思うのですが、なんとなくそんな疎外感を感じつつやれることを。

中途半端なところには目をつぶって、良いところだけみれば、やはり緑キープルを村で作れるところだな!とやや開き直りつつ、それを活かして確実に手に入れられるであろう船やらを基準にして、全体の半分が終わったところでようやく方針らしきものがw。

結果は55点でトップから約20点差のビリでしたが、序盤のダメ具合を思えば善戦できたかなと。入手がランダムになるため、技術を点数に変換する冬タイルは使うのが難しいと思いました(その分点数効率はよいですが)。

タイルの種類がわかってからが本番でしょうし、今回は初回だし、他人の邪魔をするよりは自分を伸ばしましょうという密約もありました。他人のタイルの使い方も少しわかってきたので、次回遊ぶのが楽しみです。

ウィウィルウォックユー
1337708911147469.jpg

このまま感想戦かなと思っていたのですが、では、次はウィウィルウォックユーをやりますかと力強い宣言があったのでこれを。デザイナーはキーフラワーのデザインにも関わってるとのことなので期せずして、そのデザイナーさんのゲーム会になりました。

お金を集めて食材カードを買い、食材カードを中華鍋カードに変換しつつ、最後には食材で中華鍋カードに示された組み合わせを作って得点ゲット、最高得点のひとが勝利というゲームです。

食材カードの横に並んだお金の枚数が購入にかかる費用ですが、お金の補充もここからします。つまり、誰かがお金を補充するたびに食材は安くなります。食材を購入する際に払ったお金もここに置くため、誰かが食材を買うと価格は二倍になります。
そうして手に入れた食材を使い、中華鍋カードを購入し、最終的に手に入れた中華鍋カードにかかれた組み合わせで食材を持っていると点数になります。

急ぎ目にインストしたため、食材の種類ごとに枚数が異なるという結構大事なことを伝え漏れましたが、僕も忘れていたので、ある意味フェアな戦いに。

自分が高いと思って買わないとお金補充アクション=次手番のプレイヤーにとって安くなるなので、いま買うべきか、お金補充なのかは悩ましいです。

そう単純ではないですが、基本的に購入金額分は補充しないと、購入できるだけのお金にならないので、迂闊に焦って買うとしばらく他プレイヤーの手を黙って見るだけになります。

こちらでは先手をうてたものの後が続かずというか、よい料理の判断がつかず、食材も微妙に足らずで敗北。

たる田さん、しのぽさんが食材も鍋も具合良く取られてました。
どんなにおいしい場でも、指をくわえて見てるしかできず、しかも、原因は自分が直前に食材買ったからとか、ぐぐぐぐと悔しくなるよいゲームです。

負けはしましたが、どちらもそうそうないほどの面白さでした。料理もおいしかったですし、良い時間を過ごすことができました。みなさん、ありがとうございます。
僕の事情的に平日につきあって頂けるというのが本当にありがたいです。いいリフレッシュにもなりますし。

ル・アーブルやりましょう!と盛り上がったので次回の偽エッセンはどこかのエッセンでル・アーブルの可能性大ですが、どう考えてもレベルが違うのでまわりの猛者達に立ち向かうために取り敢えずアプリまわしておきます。

コメントの投稿

非公開コメント

偽エッセン会

こんばんは。
帰宅時間ギリギリの中、ウィウィルウォックユーを遊ばせていただきありがとうございました!
両方のゲームとも本当に面白かったですね。食事ともども堪能しました。

私もル・アーブルはほぼ2人プレイのみのヌル仕様なので、アプリで鍛えようと思っています。
人数でかなり変わるみたいですからね~。
サバ―ビアも手に入れたので、次回プレイのゲームはまた相談しましょう。

ところで今回の偽エッセン。
私のブログ記事から、ひだりさんの記事に直接リンクを貼ってもよろしいでしょうか?
できれば前回のリバネスカフェを含めてですが、よろしくお願いします。

Re: 偽エッセン会

> ぐんまさん

こんばんは!こちらこそお付き合いありがとうございました。
おいしい食事+面白いゲームというのは最高でしたね。
身内での集まりならともかく、意外とそういう場がないんですよねえ。

ルアーブルの面白さは保証されてますし、一方でサバービアも
エッセン前から気になっていたゲームですしと目移りして選ぶの大変そうです。

リンクについては無論全く問題ありません。こちらも相互で貼らせて頂きますねー。

Re: 偽エッセン会

リンク許可ありがとうございました。
早速、貼らせてもらいましたので、相互でお願いします!

http://gunture.blog3.fc2.com/blog-entry-1399.html
http://gunture.blog3.fc2.com/blog-entry-1394.html

次回の偽エッセン&偽ニュルンベルグ…いや長いので偽エッセンで良いです。
欲望を書くと、この後延々と行きたい場所が列挙されそうですしw

とにかく、次の平日会も楽しみです!
こういうのはゲーム選別から楽しいものですよね。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析