秦/Qin

1337708911147470.jpg
(2人でインスト込み30分)

【概要】

古代中国の一地方の領主となって、自分の支配する地域を広げましょう。

【ルール】

自分の領地であることを示す仏塔を数多く配置することが目的です。

赤、青、黄の3色が2つずつ組み合わされた(同色同士の組み合わせもあり)タイルを、手札として持ち、ボード上に配置していきます。
既にボード上に置かれた(もしくは最初からボードに描かれている)エリアに隣接するようにしか配置できません。配置した時、隣接したエリアによって以下を行います。

・同じ色のエリアが2マス以上になり、まだ仏塔が置かれていない。
 ⇒自分の仏塔をエリアに置きます(2~4つの広さのエリアを郡と呼びます)。
・同じ色のエリアが5マス以上になる
 ⇒既に置かれている仏塔に1つ追加して仏塔を2つにする(5つ以上の広さのエリアを県と呼びます)。
・村に隣接した
 ⇒村に隣接しているエリアの仏塔数を数え、仏塔数が一番多いプレイヤーの仏塔を村に置く。
・仏塔の置かれた2つのエリアがくっつく
 ⇒くっつく前のエリアが広いプレイヤーが小さいプレイヤーのエリアをのっとります(仏塔を取り除きます)。3つのエリアがくっつく場所や、同じ大きさのエリアがくっつく場所へはタイルは置けません。郡だけがのっとられ、県はのっとられることはありません。

その後、タイルを補充して、手番終了です。

これをいずれかのプレイヤーが手元の全ての仏塔を置ききるか、タイルが配置できなくなるまで続けます。仏塔をより多く置いていたプレイヤーが勝利します。

【プレイ内容】

K君と「インスト5分、プレイ30分」と聞いていた秦を。何人かのひとから面白いという評判を聞いていたので期待しつつ。

とりあえず序盤は最初にボードに描かれたエリアにくっつける形でタイルをぽつぽつと。僕は即物的にとりあえず2つくっつけて仏塔をおくスタイル、K君はエリアを広げつつというスタイルです。

序盤はボード上に空きがあるからというよりも、タイルを1枚おけば郡を作ることのできる場所が多く存在しているので、特に競合もなくサクサクと進みます。それでも、次第に同色の組み合わせのタイルでない限り一手では新たな郡が作れなくなってきました。

たぶんこうなってからが本番で、迂闊に1マスだけのエリアを残して手番を終えると、大抵そのエリアは相手の郡になってしまいます。
如何に相手に隙を見せずに手番を終えられるか、自分の仏塔を減らすことよりも相手の仏塔を減らさないためにはどうすれば良いかというしゃがみ合いが始まります。

そんな中でもどちらかというとK君は攻撃的にタイルを配置し、僕は下手なタイルをおかないことばかりを考えていたせいで2回ほど郡を乗っ取られ、面していた村も奪われるということがありました。

相手に隙を見せる時も、村を取るならこっちで郡を作る、というような二択を無言で相手につきつけるような手が基本になります。どうしようもない時は、二色のタイルを既存の郡とはつながらないように配置し、どちらかの色で相手が郡を作ればもう一方で自分が郡を作るという二択を迫るしかないのですが、相手も同じ二色の組み合わせを持っていれば、隣に置かれて一気に2つも郡を作られてしまいます。

K君は僕にそれをやられてちょっとへこんでましたが。これで郡をのっとられたのを取り返し、終盤、仏塔残りが僕3つ、K君3つという局面に。
僕は2マスとも同色のタイルを村につながるように置き、郡と村に仏塔を置いてリーチ。その裏のターンでK君も同様の手でリーチです。ここで僕の手札に2マスとも同色のタイルがあれば勝っていたのですが、残念ながら無く、隙を見せないよう、中央に空いていた場所を埋めるようにタイルを置いてパスのような手をうちます。
これでK君の手札に2マス同色のタイルがあったら終わる…!と思いながらのK君の手番。
あるんだよねーと軽やかに置かれたタイル上に仏塔を配置して残り0。K君の勝ちとなりました!
1337708911147471.jpg
(決着直前)

【感想】

思っていたよりも一手一手は遥かに重いものの、聞いていた「インスト5分、プレイ30分、しかも面白い」は本当でした。

序盤の数手番で、どの郡にも属していない1マスのエリアはなくなります。そうなってからがこのゲームの本番です。
4人戦だと事情が異なるのでしょうが、2人戦だと手番間におこる盤上の変化はたった2マス(1タイル)なので、お互いに隙を作る/作られることはそうそう容易ではありません。というか、隙を作るのは相手のタイル運のなさに賭けるくらいしかありません。
もしかしたら、相手に隙ができるように配置できるテクニックがあるのかもしれませんが、たぶん無いです。

1マス残して相手に手番を渡してしまうと、確実に郡にされてしまうので、そうならないよう、相手が隙を作るか、相手に2択を迫れる状況になるか、それとも、1枚で郡を作れるタイルがくるのか、それをひたすら待ち続ける、そんなゲームでした。ずっと潜っていて、下手に息継ぎのために顔をあげると撃たれる。そんな感じです。

それの何が楽しいのかと言われそうですが、常に最善手は何なのかを探すのが非常に楽しいです。将棋や囲碁のように相手の手や次手番以降のことも考えるのは大変ですが、手札が3枚と言う制限のなかで、とにかくその時に隙が残らない手を打つのはそう大変ではありませんし。

ここらへんはおそらくK君も同じだったと思います。短時間ゲームであれど1手1手の重さは結構なもので、悩まずにうった手が良い手であることはほとんどありません。やることは単純で軽そうであれど、悩ましさの塊があるという、ある意味いつものクニツィアの面白いゲームです。

で、今更思い当たったのですが、感想戦でK君は「どこまで戦力を投入して、どこで引くか。そういうところが囲碁に似てる」と言ってました。その時は、そんなもんかとしか思わなかったのですが、今思えば、僕の郡はほとんどがK君に押さえられて県になっていません。
隙を見せないようにしつつ、相手の県化を抑えるためにしっかりエリアを固めていくのも大事なようです。気づくの本当に遅いですが。

2人プレイが濃密なゲームだとは思いますが、3人戦、4人戦だと息苦しさは緩和されるでしょうし多人数戦もやってみたいゲームです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析