スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィウィルウォックユー

1337708911147492.jpg
(4人でインスト込み40分)

【概要】

あなたは中華鍋音楽祭で料理をふるわなければなりません。しかし、何者かに食材が盗まれてしまいました。新たに食材を購入し、その食材で作れる料理を決め、その通りに料理を作りましょう。

【ルール】

場からお金カードを取り、そのお金カードで食材カードを購入し、購入した食材カードで組を作って中華鍋カードを取ります。さらにゲーム終了時に中華鍋カードを使い、食材カードを得点に変換し、最も得点を取っていたプレイヤーが勝利します。

各手番には、以下の3つのいずれかが行えます。
・お金を場から取る
・食材カードを取る
・中華鍋カードを取る

お金を場から取る
 場に2列あるお金カードの列のいずれかからカードを1枚とります。

食材カードを取る
 お金カードの列の横ごとに食材カードが2列ずつあります。対応するお金カードの列に並んでいるカード枚数と同じ枚数お金カードを列に追加することで食材カードを列ごと獲得できます。
(つまり、誰かが食材カードを買うと、その横のお金カードの列=値段は二倍になります)

中華鍋カードを取る
 食材カードには食材の種類に関係なく、箸などのマークが0~2個描かれています。これが4個以上になるよう食材カードを手札から公開することで場にある好きな中華鍋カードを獲得できます。

得点計算
食材カードが全てなくなったら得点計算です。中華鍋カードに示された組を手元の食材カードで作り、得点にします。
合計得点が高いプレイヤーが勝利します。

【プレイ内容&感想】

偽エッセン会にてしのぽさん、ぐんまさん、たる田さんと。

食材カードの価格はゲーム開始時は食材カード2枚側が4金、3枚側が6金です。初期資金は3金なのでスタートプレイヤーは買えません。たる田さんが3枚側からお金を取り、ぐんまさんは3枚側をこれ以上安くするのも危険と判断されたのか2枚側からお金を取りました。
これで、2枚側であれば初期資金である3金で買えるようになりました。とりあえず買うかと手を出して、食材カードを獲得。本来ならどの中華鍋を取るかまで考えた方が良いのでしょうが、とりあえず中華鍋を取りやすそうなものを取りました。これで2枚側の価格は僕が払った3金分増えて6金になります。

そこからは展開がすぱすぱと。
なにしろ価格が一気に倍になるので、お金を取るしかないという局面もかなり多く、場合によっては手番があっという間にまわってきます。

そんな中でも価格が5金くらいにまで落ちてくると、たぶん次の手番には値上がっている、それでも5金(要は5手番補充が必要な金額)は高い…と悩みます。
悩みはするんですが、何分お金を取るだけのサクサクプレイの感覚でまわってくるので、ちょっとしか悩んでないはずが、えらい長くゲームの進行を止めているような気もして、基本的に悩む時間も短くなってました。
(この時は〆まで時間がなかったので、中華鍋の選択で悩む時は「悩んでいる間、先に進めていいですよ」といっていたのですが、うーん、これとこれのどちらが…とやっている間に次の手番がきてしまうという感じでした)
1337708911147493.jpg
(終了間際)

中華鍋カードも点数的によさそうなものがあっという間になくなった上に、それなりの点数のものまでいつの間にかなくなっており、あれ?もう終盤?と思った時には終わっていました。

僕は中華鍋カードは最初に選ぶ機会を得たものの、中途半端なものを取ってしまったり、食材ももう1,2金下がってから買うということが我慢できずに微妙に損し続けたりと、いけてないプレイングが積み重なり、最終的に、完成できなかった中華鍋や余った食材もありでびりっけつ。

トップは高得点の中華鍋カードをしっかり取って、食材もほぼあまりなしのたる田さんでした。

2012エッセン新作のカードゲームの中ではかなり評判の良い(かつかなり安い)作品なので期待していましたが、期待通り面白かったです。

お金の補充か、食材の購入かというのは、他プレイヤーに与える影響がかなり大きく、悩ましい選択ではあるのですが、自分が獲得した中華鍋で使える使えないはもちろん、いま手元にあるカードのマークの関係から、食材カードの価値がひとそれぞれというのが、悩ましさを軽減しているのは良いなと思いました。

まあ、よその人の手を吟味してる暇なんてこの時はなかったんですが(展開の早さ的に)。

中華鍋間の強さ(得点効率)の差がどの程度あるのかは気になりますが、そういう頭でっかちな知識よりも、自分に必要な食材をいかに(そのゲーム中の)最適なタイミングで購入できるかというゲームだと思います。ある意味、アクションゲームです。

あと、たぶんなんですが、2,3回目からWe will rock youかそれ以上のテンポでこのゲームできる気がしますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。