スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじかるレストラン

IMG_2727.jpg
【概要&ルール】

概要書こうと思ったけどほぼネタ元と同じだったので自粛。
とある女性向けソシャゲの二次創作ゲームで、料理を作ってお客を満足させることで得点し、終了条件を満たした際に最も得点しているプレイヤーが勝利します。

プレイヤーは以下のいずれかを手番に2回行います(同じアクションを2回も可)。

・料理カードを獲得する:場に並んだ料理カードか、山札の一番上のものを1枚獲得する。
・料理の腕前を磨く:手札から料理カードを自分の前に腕前用としてプレイする。料理カードに書かれたジャンルの料理の腕前が書かれた分だけ上昇します。
・店の設備を買う:料理カードを消費して、料理を置くための配膳台、料理を一手でたくさん作る調理台、最終的にボーナス点が入る床や壁紙を手に入れます。
・料理する:手札から腕前を満たしている料理を配膳台の上にプレイする。

プレイした料理が場に並べられたお客の条件(レベル2以上の中華など)を満たしていれば、料理カードを捨ててお客カードを手に入れることができます。
料理カードが規定量出てきたらゲーム終了です。手に入れたお客カードに書かれた点数とボーナスの効果がある設備の点を合計して勝者を決めます。

【プレイ内容】

元のアプリをプレイしているHさん、Dさんと。事前にHさんに「やっぱやっといた方がいいのかな?」と相談したところ、一応、ゲームのあるあるネタとかあったらわかった方が良いと思うのでやっておいた方が良いんじゃないですかねとのことだったので、それもそうかと、それなりにアプリを遊んでの立卓となりました。

アイドル(自分がシェフをしているレストランの近くに事務所があるアイドルが客としてやってくるという設定)の容姿や名前は改変されていますが、元ネタはわかりますし、料理カードの絵はアプリとほぼ同じなので、そこらへんの話でひと盛り上がりした後でゲーム開始です。

Hさんが推しているアイドルは知っていたので、そのアイドルは避けても良かったのですが、結局、手札との相性次第なので、場に並んだお客さんと料理カードを見比べて、自分の腕前で作れる料理でお客さんを獲得できるようなら、どのアイドルだとかはこだわらずに獲得してしまっていました。
そんなわけで、Hさんの推してるアイドルも取ってしまったり、そもそもHさんがそのアイドルが取れるような手札になってなかったりと、なかなかうまいこといきません。
アイドルごとにデザート好きだとか、辛いもの好きだとか好みが異なり、事前に関する料理の腕前をあげておくと取りやすくはなります。そうして腕前とあわない料理やお客さんが場に並んでいる間は、料理を作らずに設備を整えたり、作れる料理を増やすために腕前をあげたりしてました。

そんなことをしてる間にも、「キョウヤさん入りました~」だの、「唐揚げ!25だね!」だの、「和食が最初に表示されるんで刺身が一番楽なのに、わざわざ刺身じゃなくてジャンボステーキにしてる人を見ると、ああ、この人は肉好きなんだなーとか思っちゃうんですよね」だの、「ちょっと違うのにしてたら常51のひとにあっという間に切られた」だのの話で盛り上がりつつ。

Dさんは配膳台もひとつのまま、万遍なく腕前をあげてひとつの料理で獲得できるお客をどんどん取っていく作戦、僕は初期手札にあった和食を最大レベルであるレベル3にまであげ、後は野菜料理とデザートをレベル2にして、それにあった料理を作りつつ、良い料理やお客さんが場になければ既に獲得したアイドルにボーナスをつける壁紙などの設備をとっていく作戦、Hさんは最初に調理台を導入、その後も積極的に設備を増強しつつ、場の料理やお客さんに合わせて随時腕前もあげていく作戦といった感じでした。

結果から言うと、臨機応変に場に対応できたDさんが頭ひとつ抜き出て勝利されていました。僕とHさんはお客様に対応できるようになったタイミングが似たような時期だったため、取り合って伸びしろを潰しあってしまったようでした。

【感想】

とりあえず、まずいいたいのは、何故刺身がないのかですw。アプリでは一番世話になるのが刺身なので、カードゲームにも登場させて欲しかったです。

Hさん、Dさんは普段ボードゲームで遊ぶことはなく、年に1回程度、僕と会う時に1,2ゲームやる程度ではあるのですが、このゲームに対しては、「このゲームならではという売りがない。元ゲーに似てる絵を使ってるという出落ちゲーム」と辛らつなコメントをしていました。
実際、僕も似たような感想です。面白くないというわけでは決してないのですが、全体的にぬるい作りなせいでアプリに似ているという点が一番のポイントになってしまってるように思いました。手札上限が3枚と少ないことから、設備投資や腕前強化をどのタイミングでやるのかという点が、場の料理やお客さんを取るのかとの選択でジレンマを作ろうとしている設計だと思うのですが、プレイヤー同士でお客さんの狙いが被らなければ急いで客を取る必要はないですし、そもそも場のカードが運良くジレンマが発生するような状況というのが、少なくとも今回のゲーム中は起こりませんでした。
手札を少なくすることでジレンマを発生しやすくしているのかもしれませんが、手札3枚では余計なカードを持つ余裕がないので最初に決めた狙いのアイドル以外はそうそう取れるような状況にはならず、どうせ、このアイドルは自分しか取れない→急ぐ必要ないとなってしまってました。

そもそも論なのですが、僕には何故二次創作としてこのゲームを作ったのかがようわかりません。以前、二次創作の同人活動をしている知り合いは、「湧き出てくる作品への愛を形にしても形にしても、いくらでも湧き出てきて辛い」と言っていました。二次創作の基本ってそういうもんだと思います。では、元ゲームへの愛の対象であろうアイドルを変えちゃってもええの?というのが、わかりません(わからないならコメントすんなというのはさておき)。二次創作系の同人活動は非常にデリケートであるということもわかってはいますが…。料理の絵はアプリとほぼ同じというか、アプリがデフォルメしたものを完全コピペでない程度に似せているせいで、なんか変なことになっている料理もあって、何をそのままにして何を変えれば、二次創作として許されるのか、それは二次創作する意味があるのか本当にようわからんです。
まあ、実際問題、このゲームがあるのですから、良いのでしょう。僕には理解できませんが。

また、ゲームシステムも別に元ゲームをなぞっているわけでもありません。そもそもアプリにあまりゲーム性はなく、アイドルとのイベントやレシピを増やしたり、レストランのレイアウトを楽しんだりというゲームで、カードゲームのような人にあった料理でないとならないというような場面はほぼないです。(一応好き嫌いは設定されてますが)ぶっちゃけた話、なんでも食いますし。

ボードゲームの二次創作で有名なのは某聖○士のゲームですが、あれは設定やゲーム性に原作の要素が嫌というほど詰め込まれていて、原作知らないひとは門前払い的な出来だと聞いています。

システム面を見れば特筆するところはないものの、別につまらないというほどでもなかったです。だけれどもテーマなどに関しては僕には理解できないゲームでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。