リトルエッセンで遊んだゲーム

会場での出来ごとなどを書くだけで力尽きてしまい、遊んだゲームの話が書けなかったのであらためて。

コンコルディア
IMG_2972.jpg

エッセンシュピール2013のフェアプレイ人気投票第2位のゲームです。たる田さん、しのぽさん、水無月さん、一味さん、僕の5人で。

手札をプレイすることでそのカードに書かれたアクションを実施していき、手札回収カードをプレイすることで使ったカードを回収し…と手札をぐるぐる回すことで進めていくゲームです。
ゲーム開始時の手札は全員同じですが、場に並べられたカードを購入して手持ちのカードを増やすことができます。さらにゲーム終了時、カードごとに得点方法が書かれていて、手札全てのカードでそれぞれの方法に則って得点計算をして誰が勝ったかを決めます。

得点方法にはボード上に建てた家(交易所)の数が絡むものが多いです。家を建てるとアクションによって布やレンガやワインなどの資源が手に入ります。資源は家を建てたり、カードを買ったりで使います。つまり、資源使って家を建てて、家から資源を取り、カードを買ってアクションと得点源を増やすというようなゲームです(資源は売ってお金にしたり、お金で資源を買ったりというアクションでも手に入ります)。

ルール自体は4ページと大変シンプルで例外処理もほとんどないので、インストしてくださったたる田さんもほぼ初見ながらスムーズにインストは完了。よし、では始めるか!というわけですが、さっそく何をやっていいかよくわかりません。最終的には自分が効率良く点を伸ばせる方法の書かれたカードを買えるようになればいいのはわかるのですが、そんなのわからないしというか、家を建てれば良いとしても、家を建てるにはレンガ+その家が生産する資源+お金が必要、ただしレンガを生産する家は食糧+お金が必要です。つまり、レンガの家を最初に建てて、そこで生産したレンガを使って食糧の家を建てて…とやればいいのか?と思ったものの、家を建てる際に必要になるお金は布やワインなどの高級資源を生産する家の方が高く、しかも、他人の後で家を作ろうとするとお金は2倍、3倍と必要になるので、どうせ家を建てるなら先に家を建ててしまった方が有利は有利です。

得点基準が一定なら、最初に方針決めることもある程度できますが、得点は自分が買ったカード次第ということで、いまひとつ、自分の決めた方針が良いのか悪いのかわからず、初手から長考してしまいました。
結局、うーん、わからん!といいつつ、布を生産する家を建築しました。

そして、僕の建築アクションをコピーアクションでコピーするみなさん…w。ちょっとこれスタートプレイヤー不利なんじゃないの?と思いつつも、2番手以降から徐々に初期資金が増えるので、スタートプレイヤーが有利ということなんですよね。まあ、いい場所もとれますしとくじけないように、さっそく布を生産、その後売却してレンガを買うとやったところで、なんとなく道が見えました。布の売買価格は7金と一番高く、レンガは3金、食糧は4金です。商人アクションでは取り扱える資源は2種類までと決まっているので多種そろえても一度の売買では扱いきれません。
そんなわけで、生産は布に特化してあとは必要な資源を金で手に入れることにしました。
しかし、当然、最も価値の高い布を重視しようとするプレイヤーは僕以外にもおり、下家の水無月さんと見事に被りました。僕は西へ、水無月さんは東へとうまく分散して布の産地も2ヶ所ずつ押さえることになりました。

僕が布を押さえる戦術をとっている一方で、たる田さん、しのぽさん、一味さんはスタートに近いレンガの産地に3人とも家を建てていました。同じ場所に後から家を建てるには、支払うお金を(1+既にある家数)倍支払う必要がありますが、レンガは基本1金なのでふたり目、三人目でも2金、3金と安く(布の家は5金)、後手番の方が初期資金が多いので増額分もその差で吸収できるということ、さらに、生産は長官アクションによって行いますが、エリアを指定して、そのエリアのボーナス資源とエリア内にある全ての家から家の持ち主に資源が配られるので、同じエリア、同じ場所に家を作っておけば誰かの長官アクション時についでに資源が貰えます。
そんなわけで、3人はレンガ共同体に。長官アクションを実行した人はボーナス分の資源を得られるとはいっても、他の2人もアクション無しで資源が手に入るわけでおいしそうです。
ちょっと、これは僕も相乗らないと!と同じエリアにある既にしのぽさんが家を建てていた食糧の産地に僕も家を建築。

その後も家建築のコストが高いところはどうやって最初に家を建てるか考え、よく長官アクションで生産が行われているエリアにある安い資源はひとに相乗るような形で地方に進出していきました。
たる田さんは道具を重視しつつ他資源も万遍なく、しのぽさんは誰よりも相乗り、相乗られをしつつ、一味さんは一番建築コストが安いレンガ中心、僕は前述の通り布重視で他のものは金で解決です。この4人は相乗り、相乗られをお互いに積極的にやっていたこともあり、スタート時の拠点のローマの近辺に家が固まっていました。
この4人とは全く異なる戦術をとったのが水無月さんで、誰よりも先に東、アジア方面に開拓船を進められてました。誰もまだ進出していないので家を作りたい場所に初期コストで家を建てまくられていました。
水無月さんは長官アクションでの生産も「○○欲しいけど、相乗られてるひとらにも資源いくしなー」という悩みとは無縁になられてました。
IMG_2976.jpg

カードに書かれた得点方法の種類はいくつかありますが、そのうちのひとつに、「ある種類の資源の家数×○点」というものがあります。僕は布のそのカードを狙っていましたし、水無月さんも当然狙われていたことでしょう。しかし、カードが出てくる順はランダム、そして、全員初見なのでどこらへんで出てくるかの見当もついてません。
今回はたまたま出てきたタイミングで水無月さんも僕も購入に必要な資源を持っておらず、僕が上家だったため、買うための準備を先に始めることが出来、そのまま手に入れました(横からかっさわれなくてよかったです)。

その後は、点数のもとになる家を出来る限り置いたり、その家を置きやすくなるよう開拓民を増やしたり、カードを買ったりと、よーし、なんかやること見えてきたぞというところで、大抵のドイツゲームと同様に終了トリガーが引かれました。
結果はたる田さんが2位の僕と1点差で勝利されましたが、3位の一味さんとも2点差、4位のしのぽさんも数点差、水無月さんも布の家×○点を拾っていればわからないという点差で大変僅差の勝負でした。

IMG_2980.jpg
(終了時点)

あれをやるにはこれをやらないと! あー、それにはこっちも必要だ!とやりたいこととそれに必要なものははっきりしていて、しかも、とれるアクションも手札と言う形ではっきり見えているので、いったん始めてしまえば遊びやすいゲームでした。
そして、数手先まで見えているが故に、他プレイヤー手番時の「お願いだから、先にあれやらないで!」感がはんぱないですw。持てる資源数や一手で取れる資源に種類や数の制限があるので、ちょっとしたことで計画は崩れてしまいます。
しかし、それが崩れればもうダメかというと、(今回はみなさん初見だったせいもあるかもしれませんが)別の手に切り替えられるだけの選択肢、受け皿の広さもあります。ボードゲームやってる感、遊びやすさ、悩ましさ、脱落のしにくさ、どれもが高いレベルの傑作だと思いました。

プレイ中に自分の手がどの程度良かった悪かったということが全くわからないのが、脱落しにくい、遊びやすいという面にひと役かっている一方で、もやもやしたり不満点になっているところもあり、難しいもんです。
そのため、他人に相乗るのと自分で独占するのどちらが良いかはよくわかりませんでした。少なくとも他人に相乗っていて、自分でアクションせずに資源が手に入るのは大変精神衛生上良いです。自分のアクションで他人が得するのは嫌なところもありますが、そこはアガペーです。

また、リトルエッセンの会場内で僕らと同じタイミングでコンコルディアを遊ばれていた方々のボードの写真を撮らせてもらいました。家の広がり具合=各人の戦術が卓単位で全く異なるというのが面白いです。
IMG_2978.jpg
IMG_2977.jpg
(飛び地があったり、他プレイヤーとの相乗りが少なかったり、うちらみたいに多かったり)

ダチョウレース
IMG_2981.jpg

コンコルディアともうひとつくらい重いゲームが遊びたかったのですが、お昼ご飯を食べたりのんびりやっていたとはいえ、コンコルディアだけで5時間程度使ってしまってしまい閉会時間も近づいていたので短めのゲームをということでこれを。

基本はカラーダイスを振り、出た色の数だけその色のダチョウを進めるというゲームです。
ただし、ゲーム開始時にどの色のダチョウを何位にすると何点になるというカードが各プレイヤーに配られており、その内容を達成するために1位にしたいダチョウを進めたり、他プレイヤーが勝たせたそうなダチョウの邪魔をしたりします。

僕が引いたカードは赤のダチョウが1位になっているもので、当然、赤を勝たせたいわけですが、いきなり赤を進めたらあからさまかなーと思い、別の色を進めたりしたわけですが、2,3ターン経っても誰も赤を動かしません。これは、もしや赤を勝たせたいのは僕だけなのか?と思い、赤を進めようとしますが、妖術ダイスによって怯えさせられ、なかなか前に進めません(怯えさせられると妖術ダイスで再度赤を指定する必要がありますが、周りからは攻められるのに赤を助けようとするのは僕だけなのでかなり不利です)。

そうこうするうちにおそらく下家の水無月さんが一位にしたい紫のダチョウがダントツで抜け出します。僕のカードでは紫は最下位にさせねばならず、しかも、最下位を当てると他の点数が2倍なのでおそらく2倍を取った人が勝ちますし、取らないと勝てません。

これはやばい!と思いましたが、今回のコース(コースは複数タイルをランダムに組み合わせて作ります)ではゴールタイル手前に、ワープの泉がありました。これは、ダチョウをその泉でとめるとダイスを1つ振り、出た目のダチョウと場所を入れ替えると言う効果があります。
まあ、そんなうまくいかないよねーと思っていましたが、なんと僕の手番で紫ダチョウを泉に入れることに成功! そして、振ったダイスの目は赤! ほぼスタートから動いていなかった赤が忽然とゴール手前に登場し、かわりに紫はスタートまで出戻りです。

やったーと喜ぶ僕に対して、全く誰も喜ばないというか、むしろ冷めていく「勘弁しろよ」という雰囲気すら出始める面々! たまらないぜ!
まあ、コンコルディアで疲れていたことに加え、今回はどうも勝たせたいダチョウが被らなかったようで、誰も協力するような展開がなく、互いに互いを邪魔し合って常にまともに動かせる(怯えていない)ダチョウは1、2頭という状況でこう着してしまっていたので、この反応も仕方ないかなとは思います。

ゴール直前にきたとはいえ、僕以外全員から邪魔される状況に変わりはなく、怯え→復帰→怯えを繰り返している間に緑と黄色もゴール前に到着。三つ巴の戦いは黄色(緑だったかも)が制し、一気にテンションがさがる緑を勝たせようとしていたプレイヤー。1位にできなければ2位でいいやというわけでもなく、2位は2位で勝たせたい色のダチョウがおるので、1位に出来なかった時点で下手をすると今度は負けさせたい色のダチョウになってしまうわけです。
幸い僕は緑、黄色、赤ともに3位以内に入れればとにかく点にはなるというカードでしたし、紫がドンケツの今のうちに終わらせれば点数が2倍にもなります。

結果、その通りになり、2倍効果もあり、僕が勝利。勝たせようとしていたダチョウが1位になれなかった時点でテンションがさがったり、勝たせたいダチョウが他プレイヤーと被っていないと怯えさせあいになってしまうというのが残念ですが、タイルを1、2枚抜いてコースを短くするなどして短時間でぐるぐるまわして合計点で競いたいタイプのゲームだなと思いました。

パルミラ

閉会まで残り1時間くらい、これからルールを読んで新しいゲームができるか微妙だという時間だったので、ルールを知っているパルミラを。
僕が以前遊んだ感じだとタイル引き運があるので少人数で遊んだ方がタイル運の良い悪いが薄くなって良いのではないかと考え、インストだけして抜けますよーという話をしたんですが、いやいや、それなら俺も抜ける、そもそも抜けなくて良いという漫才みたいなことになり、結局、睡魔に負けたしのぽさんを除いた僕を含む4人で遊びました。

ルールなどは過去の記事を。

結果から言うと、引き運もありはするもののちゃんとそれ以上に経験が反映されるようです。唯一の経験者が結構な差で勝ってしまいました。すいません。

タイルを貯めるのとお金(勝利点)を取りにいくのの切り替えのタイミング、貢物を何金にまでするのかの勘所、他プレイヤーの邪魔の仕方などなど、自分でも思っていた以上に経験がものをいいました。そして、4人プレイだと学び始めたくらいで終わるので、少人数プレイよりも経験差が大きくでてしまうのではないかと思います。

やはり、連鎖と言うか序盤に置かれたタイルを使って後半に一気に大量勝利点を獲得するのが気持ち良いです。勝利点が有限なのも、「勝利ラインはこの辺とみた!」と勝負どころを自分で決めて攻められるので面白いです。

以上3ゲームを会場で遊び、閉会ぎりぎりで会場をあとにしました。

前回の記事にも書きましたが、購入店舗の方が気にして声をかけてくださいますし、ルールの不明点あればすぐに聞けますし、同じゲーム遊んでいるひとたちと一体感と言うか、ああ、そういう展開もあるんだと興味深く盤面が見れたりとあまり他のゲーム会やイベントにない良い経験をさせてもらいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析