ルアシェイア/Lua Cheia

IMG_3400.jpg
(2人専用でインスト込み15分ほど)

【概要&ルール】

2人専用のトリックテイクベースのカードゲームです。

親が先手となり、手札から1枚カードを出します。後手になった相手も同様に手札から1枚カードを出します。
この時、カードが同色なら数字を比べ、小さい方がその差分だけライフを減らします。カードの色が異なるなら、親が出したカードに書かれた数字分相手はライフを減らします。

手札かライフがなくなるまで行い、ライフの残り量が多い側が勝ち、手札切れなら1点、ライフ切れなら3点を得ます。

先に規定点を獲得したプレイヤーが勝利します。

【プレイ内容&感想】

K君とトリックテイクをやりたかったのですが、なかなか面子がそろわなかったのでできなかったところに2人用でトリックテイクのエッセンスがあるというこのゲームが出たので早速購入してK君と遊んでみました。

スートというか色というか、カードの種類ごとに枚数が異なります。例えば赤は5枚、青は2枚などになっています。各色で数字の重複はないので赤は1,2,3,4,5、青は1、2のカードがあり、相手との数字の差分だけライフが減らせるので、一見赤が強いようにみえますが、相手も持っている可能性が高いので青などの数字の小さいカードの方が使える場面もあります。

最初はあーでもないこーでもないとうんうん言いながらやっていたのですが、徐々に2人ともわかってきました。
親(先手)は常に切り札を出せる状態なので、如何に相手側にこちらが持っているのと同色のカードを使わせるのかを考えればよさそうです。
そうなると、先に必ず勝てるカードを出していって、選択肢を狭めていくんかな?などと色々やってみました。

序盤はライフ削りきっての勝ちなどもあり、一時はK君と3点差つけてあと2点というところまで先行したのですが、残念ながらそこまで。

僕が親(先手)の時、配られたカードを見ると、「赤(5が最大)5,4,3、緑(3が最大)3,2、青(2が最大)2」という、何を出しても勝てる手札が揃っており、これはライフ削りきりで勝てる!と思ったら、K君に黄色が4枚あったので配り直しになったり(同色4枚以上が手札にあると配り直し)、逆に子の時に1や2しかなくてぼろ負けしたりと、あと2点から得点できず、K君の逆転勝ちとなりました。

その後、もう1戦やりました。この時も途中までは一進一退でしたが、最後にK君が僕のライフを削りきって2連勝というところで時間切れとなりました。

配られたカードを見て、これとこれは勝ち確定、これは負け確定。残りをどの順番で出していけばよいのか?相手の手札には何があって、何がゲームから除外されているのか?を考えるのは確かにトリックテイク的で悩ましくて楽しいです。
しかし、基本的に配られた時から勝ち負けは決まっていて、あとは順番を間違えないようカードを出していくだけの単調なゲームかとも思いました。

ゲーム中、何度もK君と話したのはカードを出す順番で勝ち負けに影響があるか?です。

つまり、親が赤の4と2を持っている時、どちらを先に出すのか。さらに言えばゲームのどこで出すのが良いのかです。

とりあえずゲーム中のどこで出すのが良いかですが、序盤、中盤、終盤と考えた時、重要なのは相手が同色のカードを持っているか、またそのカードを出す気があるかです。終盤であればそれまでに別の色のカードに対して使っていないとも言えず、数字が減ることなくライフを減らせます。その代わり手札にまだあるなら、選択の余地なく出されます。序盤はこの逆に持っている可能性は高いですが、必ず出されるとも限りません。
では、子があえて親と同色のカードをださないことがあり得るかですが、カードは配りきりではないので、自分の手札から相手の手札の全てを類推することはできません。そして同色でなければ数字の意味はなくなるというルールなので、次にまた同色が出てくるかわからない(有効に使えるタイミングは今しかないかもしれない)ので出すしかないのかなーという結論にK君とは落ち着いてます。

また、カードを出す順番ですが、仮に先手が赤4,2、後手が赤3,1を持っている時、同色同士をぶつけあったとしても出す順番次第で、後手が2つライフを減らすか、先手が1つ後手が3つライフを減らすかの2パターンがあり得ますが、この差が勝負に絡むことになることなど非常に稀ですし、自分が後手として、先手が2枚持っている可能性にかけてあえて最初に出てきた赤のカードに自分が持ってる赤の1をぶつけるのがどうも得策とは思えません(すごくうまくいけば先手の裏をかけるでしょうが、普通に他の色に負けて「何故、さっきださなかったの?」となる気がします)。

結果からすれば、どうも僕もK君もこのゲームでカードの出す順番を工夫することに意義を見出せませんでした。

その理由ですが、一応、ライフの削りきりという特殊な勝ち方はあるものの、基本的に「相手より多く勝つ(ライフを削る)」しかないからでないかと思います。
トリックテイクの面白さのひとつには、単に勝った負けたではなく、狙った通りに勝てたか負けたかがあると僕は思っています。つまり、多くのトリックテイクで採用されている自分が何勝出来るかを宣言するあれです。

このルアシェイアでも、バリアントでも構わないので、それを取り入れれば、配られた瞬間に勝敗が決まっているや単調といった印象は受けなかったのではないかと思います。これはこれで、勝ち負けを競うものではなく、すっきりさっぱりさくっと遊ぶ分には楽しいですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析