1830会(2014.4.13)

IMG_3715.jpg

PHYさんにお誘いいただいて、けがわさんと18XXを遊ぶ会に参加してきました。
僕は18XXが2回目、キノさん、がとぅさんさんが初プレイです。

前回遊んだときの様子はこちら

もう2年前ということで細かいルールは忘れていたのでルールの復習や定石など諸々調べた上で臨みました。

IMG_3714.jpg
※今回のゲームではミニオンゲームズで売られている、Futuristic Metal Coinsを紙幣の代わりに使用しています。大きすぎず、小さすぎずでかなり取り扱いやすかったです(まあ、これだけに使うにはお値段結構はりますが…)。

最初のプライベート会社の競りでは、けがわさんが70ドルの会社に75ドルで入札したいたところにがとぅさんが80ドルで被せてきます。PHYさんは160ドルの会社に170ドルで、キノさんはせっかくだから自分で会社を持ちたいと40ドルの会社に入札してきました。僕は前回と同様、B&Oを設立したかったのですが、PHYさんに170ドルで変われちゃうのもなあと180ドルでかぶせてみました。が、今回のPHYさんは「初心者チームのやりたいことを尊重する」という方針だったようで、220ドルの会社に入札。120ドルの会社もがとぅさんが入札して、あれー?と思ってる間にキノさんが20ドルの会社を購入してしまいました。

競り合いもほぼ起こらず、けがわさんはプライベート会社なし、がとぅさんが70ドルと120ドルの会社、PHYさんが220ドル、キノさんが40ドル、僕が160ドルの会社を持ってスタートです。

持ち金の残額の関係から、自分で会社を設立できるのはキノさん、けがわさんのふたりだけで、僕、がとぅさん、PHYさんは誰かに相乗らないと会社が設立できません。
当然、僕はPRRを設立したかったのですが、うまいことセールストークができず、また、序盤の収入面では圧倒的にB&Oの方が優れているのも知っていたので自分もPRRの株を3株ほど買っただけでB&O設立に相乗ってしまう始末。
結局、最初の株式ラウンド終了時には、けがわさんのB&M、キノさんのNYNH、PHYさんのB&Oが設立しました。

そして、最初の運行ラウンド。PHYさんはB&Oで2列車3台を購入したのですが、次にけがわさんがB&Mでなんと残りの2列車全てと3列車を1台購入。一気に2列車がなくなり3列車の時代に突入します。
けがわさんは昔は何度も遊んでいたと仰っていた通り、慣れていらっしゃるようで、大量の車両を活かして、なんとなく辺境の小さい会社というイメージだったB&Mで序盤としては破格の収入を得ていました。
僕は、まあ、いつか金がたまったらPRR作ればいいやーくらいの気持ちでいたのですが、この序盤のスピードのおかげでそんなんじゃ生き馬の目を抜く鉄道会では生きていけないぞとPHYさんが設立に手助けしてくださることに。PHYさんが乗るならとがとぅさんも一瞬だけPRRの株を買ってくれました。
(その裏でけがわさんは「自分で設立できないんじゃ、プライベート会社持ってても意味ないですね。80ドルくらい(もっと安かったかも)で買いますよ」と、唆しの言葉をささやかれてましたw)

これでようやく僕も会社持ちです。まあ、B&OやB&Mが200ドル以上稼いでいるのに、数十ドルしか稼げない味噌っかすみたいな会社でしたが…。

(PHYさん、けがわさんが仰っていましたが、けがわさんの手のせいで序盤がすっとんだためであって、本来の序盤はそんなもんとのことでした)

しかし、PRR自体の売り上げよりも大事なのはPRRが設立したおかげで手元のプライベート会社をPRRに買わせることができるようになったことです。
当然、次の株式ラウンド直前に320ドルで売却。PRRと連携しやすいC&Oを設立しました。
IMG_3716.jpg
(2社目設立!)

ここでPHYさんからフィーダー(持っている2社のうち1社は無配にして金をため、もう1社は配当会社にしたうえで貯めた金をまわす1830の代表的な戦術)やればいんじゃない?という助言も受け、よしそれではともう金もそんなにないPRRを無配会社にすることに決定。

さらにB&O、B&Mにこれ以上2列車で稼がせるのもなんだったので、一気に3列車+4列車をC&Oで購入して2列車を廃棄させます。
(僕がC&Oを設立したのと同じ株式ラウンドでがとぅさんがNYCを設立しており、3列車が残り1台まで減っていたというタイミングのよさもありました)

ここからはPHYさんたちの助言を受けつつ、PRRを稼ぎの大きいニューヨークにいれるよう周りの会社と協力してタイルを配置したり、C&Oもシカゴに入れれば~と思いつつ、PRRのニューヨーク行きを手伝ってたりしてました。

苦しそうだったのはけがわさんで、B&Mで暴れたのは序盤だけで見限ってとっとと手放したかったのだと思うのですが、PrimaryCardのまわりが悪く(下家のがとぅさんが最後に株を売買することが非常に多かった)、B&Mの経営のやばさを察せられてけがわさんの手番前に売られてしまっていました。
B&Mには1ドルも残っていないので6列車を誰か買って強制購入になったらけがわさんとぶんじゃないのか?と思いました。そして、どうも次の株式ラウンドで会社ができそうな気配。これは…と思っては株式ラウンド直前のPRRの手番(PRRは無配ばかりやっていたので株価が下がりまくり、最後手番になっていた)で5列車を購入しました。

続く株式ラウンドではPHYさんが持っていた株をいくらか売って、そのお金でERIEを設立、キノさんもNYNHで稼いだ金でプライベート会社を活かすべくCPを設立しました。

で、ERIEとCPは当然5列車を購入し、さらにNYNHが6列車を購入。B&Mは3列車がなくなり強制購入です。しかし、けがわさんは序盤の高収入で貯め込んでいたお金で楽々(に見えた)自腹をきって6列車を購入。
IMG_3721.jpg
(けがわさん6列車購入直後)

こうなると次は4列車しか持っていないC&O、NYC、B&Oがやばいです(誰かがD列車を買うと4列車は廃棄され、D列車を強制購入しないとならなくなります。しかもD列車は1100ドルと大変高額です(1ラウンドお金を貯めたとして、300ドルも会社に入れば多いな!という感じがする金銭感覚です))。

C&O社長の僕と、B&O社長のPHYさんは腐っても2社持ちなので、まだなんとかなりそうですが、NYCのがとぅさんは1社しかないので苦しそうです。しかし、ここは株価をあげつつ配当で金をため、自腹をきることになっても株価は下げないという強気の作戦。
僕はPRRはもう下がるところまで下げてしまった方が良い(で、その後買い戻す)と考えていたのでPRRで金をためます…。

誰がD列車を最初に買うのか、また、いつ買うのか。それまでにお金は作れるのか…と、じりじりと見合いながらゲームは進み、動いたのはPHYさん。
B&Oの4列車をERIEで購入。B&Oに金を渡しつつ強制購入させる状況を作ります(強制購入でないと自腹はきれない)。これを見て僕もC&Oの4列車をPRRに買ってもらいました。
自腹額は僕は数十ドルでしたが、PHYさん、がとぅさんは結構な枚数の株券を売ることに。

ここで放出された株も次の株式ラウンドでみなが回収し、もう破産終了はなくなったので運行ラウンドでどれくらい稼げるかです。

で、延々とタイルを置き換えつつ金をみんなに配っていくだけなのですが、キノさんが既に6列車持ちであるNYNHでD列車を買う動きを。これに動揺したのが僕です。列車1台と2台とでどの程度稼ぎが違うかはわかりませんが、NYNHの株を僕だけ持っていないのでNYNHにあまり稼がれるのはうまくありません。
IMG_3724.jpg
(6+D列車体制のNYNH)

そんなわけでNYNHがシカゴに抜けたりニューヨークを2回通るために抜けていた道中にC&Oのトークンを配置しました。
このトークン配置のためのお金を作るために無配をして株価を下げたりもしたので、実質的にはたぶん僕が一番損をしたようなのですが、まあ、初心者なので好き勝手やらせてくださいとやらせてもらいました。
(実際のところはようわかりません。西部に抜ける道の1つをつぶしたので結構収入は減ったのではないかとも思うのですが、僕は最終的な株価が1株50ドル下がってしまいましたし、明らかに損してるだろ!レベルの話なのかもしれませんが)

NYNH、NYCが高額収入をあげてるなか、自分のメインのC&OはNYNHの半分ほど、PRRにいたっては100ドルちょっととスズメの涙程度の稼ぎだったので、これは勝てないだろうと思っていたのですが、最終的に計算してみたら勝っていて驚きました。
IMG_3727.jpg
(終局図)

自腹額が少なかったことや手番順の綾でうまいことカラーゾーンに株価が落ちて売らなくてすんだ株がいくつかあったこと、高額収入でこれはやばいと思っていたキノ社長のNYNH、がとぅ社長のNYCはみんなに株を売られていたり、登場が遅かったせいで思ったよりも株価があがらなかったりで現金は手に入っていたのですが株の売却益があがらなったことなどが勝因だと思いますが、一番の勝因はPRRをお情けで設立させてもらったことだと思うので、今回の勝ちはあくまで参考だと思います。

前回は破産終了だったこともあり、ようやくゲームの全体像が見えてきたかなーという感じがします。
今回の記事にはかけていませんし、実際にそう波乱が起こるようなこともなかったのですが仕手戦による駆け引きもありますし(多分この辺はいやらしいことになるので僕らに気を使って熟練者のおふたりは積極的に仕掛けてこなかったのではないかと思います)、けがわさんはB&Oの買収など考えていらしたようですが、僕などそこまで頭まわりませんでしたし。まだまだ奥の深いゲームだとも思っています。

今回のプレイ時間はインストからいえば8時間ほどかかっています。純粋なプレイ時間というよりも途中途中でよくある戦術、基本的な考え方、僕らの選択に対するセカンドオピニオンの提示などなど、単純なプレイよりも濃いゲームだったことによるものと思われます。たぶん初プレイであってもインスト込み4、5時間程度で終わるのではないかと思います。それでも十分長時間ゲームですが、重量級ゲームを好きな人には下手な新作などをプレイするよりはよほど遊んで欲しいゲームです。
戦術論やプレイ記などもWEB上に複数あがっていますし、それらを読むだけで、18XXと呼ばれるゲームの面白さ、愛され具合は伝わるのではないかと思います。僕などまだまだひよっこですが、機会があれば年に1,2回でもこれからも遊んでいきたいゲームでした。

で、このあとブロッキーマウンテンで遊びました。いい大人が盛り上がっている様子をお楽しみくださいw。
まだ海外でも流通してないようですが、早く日本に入ってこないかなw。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析