2匹ずつ/Two by Two

IMG_3637.jpg
(3人でインスト込み1時間ほど)

【概要&ルール】

あなたは箱舟の操舵手です。洪水に見舞われた世界を回って動物をつがいで舟に積み込みましょう。洪水をコントロールすることもできるので邪魔な動物は水没させましょう舟で回れる範囲を広げて多くの動物を助けましょう。

ボード中央に大きな島があり、森トークンで覆われています。

プレイヤーは手番に以下を行います。

1.水トークンの配置:ボード上に書かれた水、または既に置かれた水トークンに隣接するマスに新たな水トークンを配置します。水トークンに隣接する森トークンは表(動物の書かれた面)に返されます。

2.箱舟の移動/動物の救助:箱舟コマを移動させるか、箱舟コマに隣接する動物を獲得します。これらは1手番に2回行えます(移動-移動か、移動-救助か救助-救助を好きな順序で行う)。救助できる動物はボード上に同じ種類が2匹以上いるものに限り、そのいずれかに舟が隣接していればもう1匹は好きな場所にあるものを獲得できます。

これを終了条件を満たすまでプレイヤーはぐるぐると行います。

点数計算
点数はゲーム中に森トークンを返した際やゲーム終了時にそれまでに救助していた動物によって得られます。
基本ルールでは、1組1点です。上級ルールでは、ゲーム終了までに助けられた同種の動物の組数によって変化し、1組のみなら6点/組、2組なら3点/組、3組なら2点/組です。基本、上級ともにプレイヤーごとに決められた動物は点数が2倍になります。

【プレイ内容&感想】

アークノアをやった流れでFさん、Sさんと上級ルールで。

一応、得点の高い動物は各プレイヤーで決まってはいますが、どの動物がでるかはめくり運なので、3人とも特に深く考えずに島につっこんでいきます。
とりあえず、できるだけ多くの森をひっくり返して点数にできる位置に水トークンを配置していきます。

箱舟も1手番には最大で2マスしか移動できず、一気に遠くまでいけるわけでもないので近くに出てきた動物が組になるのを祈りつつ、動物を救助していきました。
始めのうちは自分の二倍になる動物や、既に救助した動物を他の人に取られると、点数が下がるのでと優先して救助するようにしていたのですが、序盤が終わる頃に急に(ようやく)気づきます。

これ、相手に得させる(自分に損になる)動物はどんどん水没させた方が良いのか! ある動物を助けた際、最終的に全プレイヤーでひと組しかいなければ一回の救助アクションが6点分になりますが、二組いれば全てひとりで独占したとしても一回の救助アクションは3点分かつ2アクションかけてしまっていて非効率です。

テーマ的に助けるゲームだとてっきり思っていましたが、邪魔な動物を溺死させるゲームだったのか!

そこからは粛清の嵐が吹きあれ、ゲーム中に2頭しかいないユニコーン(つまり救助できれば6点確定)も、取りにくい配置になったFさんによって即溺死させられましたw。
あーなるほど。貴重で素敵な生き物だろうと自分の利益にならないと決まれば殺してしまう。そんな業の深さを知るゲームなのか。なら、テーマとあってると妙に納得しました。

IMG_3639.jpg
(水没者多数のFさんの舟周辺。丸いトークンが重なっているのは動物の上に水が置かれているからです)

そうなるとますますめくりだけのゲームになるかなとも思いましたが、自分の箱舟の進路を開く必要もあるので動物の水没ばかりできるわけでもなく、自分の進路を開けるのを優先するか、それともまわりの点数を下げるかという意外と硬派な展開になりました(とはいえ、考えても所詮何がでるかは特定できない(ゲーム開始時にいくつか動物は抜いてます)ので、博打みたいなもんでしたが)。

結局、最終的には6点の動物を他の人よりも多く救助できていて、アクション効率の良かった僕が勝つことができました。
IMG_3642.jpg
(終了時点)

基本ルールでめくり運を楽しむだけのぬるーいゲームでもやる年齢層などを選べばそれなりに楽しいのではないかと思います。船の中はちゃんと動物ごとに置く場所決まっていたりしますし、テーマもわかりやすいですし。
ゲーム的な楽しさを求めるなら断然上級ルールで遊ぶべきだと思います。思いますが、それでもめくり運便りなのでぬるいです。その割りにお前の得点2倍になる動物は水没なと直接攻撃できるので仲良く喧嘩できる面子で遊んだ方が良いかと思います。
繰り返しになりますが、洪水に襲われている世界で動物達を助けるために作った箱舟にも関わらず、自分に利益をもたらさないから溺死させるというひとの業の深さはよくわかるゲームでした。

あとは、ホビージャパンの和訳では2~6人となっていますが、たぶんコピペ後の修正漏れで4人までです。最初はチーム戦ルールでもあるのかと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析