R-120(2014.8.16)その2

その1の続きです。

ナビゲーター
IMG_4552.jpg

プレイヤーは大航海時代の名門商家となり新たな海域を調査し、見つけた植民地で砂糖や金などを産出する権利を得たり、加工工場を作ったりして勝利点を稼ぎます。

ロンデル方式のゲームです。得点要素として、植民地、工場、海域開拓、造船所、教会があり、海域開拓は船を未調査の海域に進めることで、植民地は調査済みの海域沿岸に登場したものを買うことで、工場、造船所、教会は建築することで手に入ります。
船や船員を手に入れたり、建築するためにはお金が必要ですが、植民地から金、砂糖、香辛料を出荷したり、工場でそれらを加工したりするのが収入源です。
長崎の海域まで調査済みになったり、工場が全て建てられたらゲーム終了で勝利点を計算して勝者を決めます。

如月さん、ヒガさん、彼葉さん、ねんそさん、僕の5人で。5人ともプレイ経験ありでしたが、僕は数ターンのみ、彼葉さんは二人プレイのみ。
でもまあ、みんなやったことはあるし、良拡張だって聞くしということで海賊&外交官の拡張いりで。

何をするにもお金は必要なので植民地か工場に手を出すんだろうけど、どちらにして、種類は何にするか?と考えているとスタートプレイヤーになった如月さんの手は船員の雇用。どよめく場。
増やしていて困るものではないとはいえ、値上がりするのはまだ先(ゲームは3つのフェイズに分かれていて、決まった海域まで船が進むとフェイズが進みます。フェイズが進むと船や船員の価格があがります(造船所や教会があれば安く買えますが))ですし、船員が多くないと購入できない造船所や教会はまだ高価なのでは…?と思いましたが、まあいいやと進めます。如月さんもあれー?失敗したかな?とは仰ってましたが…。

続くヒガさん、彼葉さんは船をリスボンの隣の海域に進めて次の手番でそれぞれ金と砂糖の植民地を獲得することは確定しました。このゲームでは商品の価格は一定ではなく、植民地からの売却価格と工場での加工(したものの売却)価格は対応していて一方が上がれば一方が下がります。当然、売られた方が下がります。
そんなわけで、上家が植民地をとったなら、下家である僕は工場を作って上げ下げの形を作った方がよさそうです。

如月さん:「すぐ上家の植民地とあわせた方がいいですよ。間に他プレイヤーが挟まると先に売られちゃうので」

となると、砂糖?うーん、と悩んだ結果、なんとなく金の工場を建築。この後、上家の彼葉さんに当然のように金の工場をかぶせられましたがw。何故、砂糖にしなかったのだろう…。
僕の下家のねんそさんは、最後手番だったため、エンリケ航海王子タイル(通常のアクションに追加して1回、航海アクションで船を動かせる。その後、タイルは上家に移動)を持っていたこともあり、船を進めて金の植民地獲得に動きます。

僕も回ってきたエンリケ航海王子タイルを使って船を一気に進め、砂糖の植民地を獲得。如月さんも金の工場を作りましたが、その後貯めに貯めたお金で一気に複数の砂糖の植民地を獲得。船員を増やしたのが効いてます。

みんな工場と植民地をそれなりに手に入れた形ですが、金の工場が金の植民地に比べて多いため手番運もあり、ヒガさんの金回りが序盤からめちゃくちゃ良く、市場アクションで手に入れるお金が僕の倍かそれ以上です。そのお金でまた金の植民地を買って~といいスパイラルに入ってます。
如月さんも一歩遅れてはいるものの他プレイヤーより多い船員を有効に使って手に入れた砂糖の植民地で多くの収入を得ています。

彼葉さん、ねんそさん、僕の3人は置いていかれた格好でこのままやっても勝てそうにありません。

彼葉さんと僕の遅れは植民地の少なさからくる収入の少なさだったので、共に海賊カードを購入。市場アクション時に船がいる海域に未購入の植民地があればその商品を自分のもののように売ることが出来ます。ただし、一度使うと再度購入する(コストは払わない)必要がありますが。しかも、最後に船の数分、加点があります。これを活かして建て直しを狙います。

造船所+船数を増やすという海賊の得点要素を活かしつつ、さらに海賊カードの効果をのばせるような方向の彼葉さんに対し、僕は海賊はあくまで一時的な収入源として手に入れた金で教会を購入して人を増やし、工場を1アクションで複数個買える様にしたり、恩賞を獲得し易くしてました。

ねんそさんは、誰も航海しないのを見て海域開拓を伸ばす方向に。フェイズ3に進む海域の手前で残りの海を渡りきるだけの船の準備を進めます。
IMG_4554.jpg
(そんな最終盤間近なボード上)

が、その時には如月さんが教会を複数建築した上で教会の点を伸ばす恩賞タイルの獲得を進めていました。ヒガさん、僕も教会を買って止めようとしましたが、時既に遅しという感じ。マネーパワーで対抗できそうだったヒガさんは得点要素として選んだ造船所が十分に建てる前に彼葉さんと被ってしまったのであまりうまくなく(ゲームに登場する建物の数は決まっています)。

結局、ねんそさんが長崎にたどり着くよりも若干早く工場が売り切れて終了。教会1つ9点×4つという大得点が効いて如月さんが頭ひとつでた形で勝利されました。
IMG_4555.jpg
(最終形)

テーマとプレイ感があっていて面白いゲームでした。
プレイヤー間の絡みとボード上の運も適度で好みではあります。好みという話だと、ロンデルをまわすのに船1隻とコストが重めなのですが、先日遊ばせてもらったハンブルグムくらい気楽にロンデルを先に進められる程度のコストの方が好き勝手できて好みではあります。

今回入れた海賊と外交官の拡張ですが、序盤の終わりごろの収入格差による僕と彼葉さんのお通夜感は半端なかったので、その状況でも希望が見れた海賊カード、今回はあまり使われませんでしたが外交官カードは入れたほうがよいのだと思います。
次回はもちっとうまくできるとは思いますが、如月さんのとられた得点源を教会にする戦術に勝てる気がしませんw。まあ、同じ戦術を複数人がとると得点が伸びにくくなるので、そういう意味でも良くできているゲームだとは思うのですが。

スチールドライバー
IMG_4557.jpg

ここで如月さん、ヒガさんが帰られて3人で。ナビゲーター後の感想戦というかおしゃべりが長引いて、開場が閉まる前に終わるかは微妙だったのですが、まあ、やってみましょうということで巻き巻きのインストでスタート。
紙だしするの忘れたけどスマホでみれるからなんとかなるやと思ってたら途中で電池切れてルール確認できなくなったり散々な出来でしたが。

プレイヤーは資産家になって、各ラウンド鉄道会社に投資し、その投資された金をもとに線路を敷き、収益を手元に入れてきます。最終ラウンド終了後にこれまでに敷いた路線上にある荷物を回収し、その荷物の組み合わせで得た収益をその会社の持ち株分加えて最もお金を稼いだプレイヤーが勝利します。

大きく分けてゲームは、そのラウンドの鉄道会社の持ち主を決める(その会社の株券がもらえる)競りフェイズと、鉄道会社の線路を敷く敷設フェイズに分かれます。
このゲームで面白いのは競りや敷設に使うお金は毎ラウンド規定数が補充されるもので、勝ち負けに関係なく、敷設フェイズ後に線路をつないだ都市に応じて手に入るお金と最後の荷物の組み合わせでもらえるお金は勝利点になります。

競りで使った投資金はそのまま鉄道会社に入り、敷設のために使えます。
効率よく競りで勝ちつつ、適度に他人に会社をでかく(線路網を拡大)してもらうのが良いのだろうなと思いつつの1ラウンド目。

3人プレイだと投資金は毎ラウンド10金もらえ、ゲームに登場する鉄道会社ば6つです。2つずつくらい競り落とす感じになるだろうし、4~6金くらいが相場なのかなーとねんそさんと僕がそれくらいで競り合っていると、彼葉さんの手番での宣言は「1金」。お金を貯めて後でおいしい会社の株を手に入れるのか、もしくは、安く株券をとって後で他プレイヤーに育ててもらう作戦なのかなとも思いましたが、線路を敷くには最低2金必要なので1金では本当に株券しかもらえませんし、ここまであからさまだと他プレイヤーに育ててもらうのもあまり期待できないのではないか?と思い僕はパス。ねんそさんもパスされたので彼葉さんは1金で競り勝ちました。
これと同じことがもう一度あり、ここでは僕もねんそさんも金を使い切っていたので思惑は異なりましたが、また1金で落札。

じゃあ、線路を敷ける4社でおいしそうな路線は全部敷かせてもらいましょうと、東海岸中心に線路を敷設。このラウンドねんそさんが株券(運営権)をとった紫会社は込み合うのを嫌われたのか西海岸に。

そして2ラウンド目の競りでも1ラウンドと同様の会社に1金しか使わない彼葉さんと、会社に金を入れていくねんそさんと僕。
ここでようやく気づいたのですが、案外、このゲーム線路を敷く場所に余裕があります。そのため、1ラウンド目の敷設を棒に振った彼葉さんが株券を持つ会社も普通に東海岸方面のおいしい都市に接続してきます。
といっても、一番美味しいところは1ラウンド目になくなってましたし、2ラウンド目も彼葉さん会社は1本しか敷けなかったので手元に入ってきてた収益では大きく離していたのですが。

3ラウンド目からは.彼葉さんもラウンドの収益を稼がないと判断されたのか競りに参加されてきました。さすがに1,2ラウンドで貯めた投資金があるので本気で競られると勝てません。

それでも1,2ラウンドのアドバンテージもあるし…と思いつつもさすがに投資金で並ばないと競りにならないので4ラウンド目はしゃがみました。

が、ここで時間切れ。4ラウンド目を最後までプレイした後、荷物を各都市に配置し、これでセットコレクションを作るために各社で荷物を集めていきます。
そして、ほぼ集め終わったところで、ねんそさんが荷物のセットコレクションは各社ではなく各プレイヤー単位で作ると間違えれていたことが発覚(これは僕のインストが雑だったせいです)。荷物は最後の最後にでてくるので取り直しても良かったですが時間が押していたので、覚えている範囲で元に戻して終了。

結果は、彼葉さんと僕がタイで、タイブレイクで彼葉さんの勝利!となりました。

ワレスらしくなく、さくさくすすむ軽さとルールのシンプルさですが文句無しに面白かったです。インストが全く丁寧でなかったり、時間切れ終了だったこともあって是非もう一度やってみたいです。3人だと6社を割り切れることもあって、競りがゆるめに思えたので、もう少し多目の人数で再プレイするまでうだうだ考えるのは保留にしておきます。

とりあえず思っていたよりも(少なくとも序盤は)線路の敷設は余裕があること、西海岸はセットコレクションの5種類目を手に入れるためにのばすところで、会社の本拠地とかにする場所じゃないってのはわかったので次に活かしたいですw。
ボード見ろよって話ではあるんですけど。

この日は(プロヴィンス、)ケベック、ナビゲーター、スチールドライバーとほぼ3ゲームしか出来ませんでしたが、どれも傑作レベルの面白さでした。ほんとボードゲームは遊べば遊ぶほど、やってみたいゲームとリプレイしたいゲームが増えて大変ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
どれも面白かったですねー。ナビゲーターは、全員がゲームの勘所を掴んでからが本当の勝負って感じがしますね。私はいまだに掴みかねていますが(笑
スチールドライバーの1金で競り落とすの部分がねんそさんになってますので、訂正お願いします。
では。

Re: No title

ナビゲーターは狙って勝ち筋にのるのはなかなか難しいように思います。しかし、如月さんの口ぶりだと何回か勝たれてるようなのでなにかしら掴める人には掴めるのでしょうね(僕も掴むのは厳しい気がしてますw)。
誤記についてもご指摘ありがとうございます。修正させて頂きました。

また、よろしくお願いしますー
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析