スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年振り返り

今年ももう終わりということで、例年通り振り返ってみました。
とりあえず、遊んで面白かったもの、記憶に強く残っているものをあげてみます。

重げ枠

・フードチェーンマグネイト
IMG_6968_201512312353267ef.jpg

今年はこれ一強でした。別に全部の新作をプレイ出来てるわけでもないんですが、うおおおおお、おもしれええええという重げが今年はないなーと思ってたところに年末になって飛び込んできたおもしろゲーム。
手札とボード上の自分の販売経路の2つの成長・拡大要素への計画と達成の気持ちよさ、ラウンドをまたぐため、宣伝(需要発生)→アクションプロット→供給と行われることによって発生する激しいプレイヤー間のインタラクションと非常に好みでした。
脱落した人の目が死んでいく、3時間座ってただけとかフードチェーンイップス患者が多く生まれたのもアクが強くてまた好みでした。

今年の重げ枠は洗練されすぎてる印象のゲームが多く、好みと外れていたのが残念でした。ボードゲーム全体がどんどん洗練されていってるのは間違いないので、メジャーパブリッシャーのゲームだと好みから外れてる傾向は強くなっていくのかなーなどと思ってます。
フードチェーンマグネイト以外だと、トリケッリオン?トリカーリオン?(Trickerion)とアマングノーブルスが良かったんですが、年末にやりすぎて自分の中で消化する時間がなかったので保留ということで。

軽め枠

・ビトゥイーン・トゥー・シティーズ
IMG_6642_20151231235325e61.jpg

(重げの方が好きなので2番めにあげましたが)今年は色んな意味でこれが一番かなあと。ルール読んでくっそつまらなそうと思っていた反動かもしれませんが。トレジャーハンターやメディバルアカデミーといった今年後半何故か複数発売されたすげえ単純なドラフトゲームの1つで、システム的には渡されたタイルの中から2枚を選ぶのを7回やるだけ。選んだタイルも種類に応じて1列に並べると高得点だの、3枚までなら高得点だのといった単純な得点ルールを気にしつつ配置するだけ。
ただし、両隣の人と相談しながら!この相談しながら右隣の人との間と、左隣りの人との間に街を作るってのが猛烈に楽しい。しかもドラフトゲームなので、街づくりを相談しつつ、ドラフトしたカードに伝わるよね?と思いをこめる。そして、伝わったかどうかは即分かる。
やることと得点ルールを単純にして、「両隣と同時に協力する」とこを際立たせたのが大正解。両隣以外の街も軽くは自然と見るようになっていて、ゲーム中も感想戦も会話が弾む好ゲーム。ゲームなんで勝ち負けを競っているはずなんですが、なんかようわからん仲間意識というかが生まれます。
ゲームシステム重視の人の中にはシステムの中身のなさと面白さが釣り合わずに困惑するような人もいて、面白いですw。

大人数で遊んでお互いに出来上がった街をどうこういうのが楽しいですが、少人数ではどうなのかと、3人でも遊んでみました。「なんでそのタイルをそっちの街に置くんだよ!」とガチになりながらも、「いや、そうだよね。そっちのが点数のびるもんなー」とガチになりすぎることもなく、楽しめました(でもやはり大人数で遊ぶのが良いかと思います。街を見せ合おうにも3人だともう良くしってる街しかないので)

パーティーゲーム

・カタコンベ
IMG_6316_20151231235142d2d.jpg

おはじきゲームにハズレ無しではあるんでしょうが、凝りに凝ったモンスターやアイテム、魔法群などなど、ファンタジー世界のお約束を再現することにひたすら労力を費やした大量のコマが気分を盛り上げてくれます。
モンスター側のプレイヤーが接待しすぎない程度にヒーローを楽しませるように遊ぶ必要がありますが、ステロタイプなアホな敵役を意識してれば自然とそうなり、ヒーローもモンスターも楽しい時間をすごせるのではないでしょうか。

・ミステリウム
IMG_5051_20151231235139b98.jpg

2時間ドラマにしてもリアル脱出ゲームにしても、その他の謎解きにしても、よくわからんことについて、よくわからん根拠であーだこーだ言い合うのって楽しいし、みんな好きだなあと再認識できます。
幽霊役が話せないので一番むずかしいのは確かなんですが、このゲームの一番楽しいところって、せっかく伝わっているのに余計なことをいわないでー!なところだと思うので、幽霊役も是非やって欲しいところです。こいついつもいつも適当なこと言ってるなあと悟りの境地に立てるかもしれません。

如何に適当なことを言ってるかは、アイテムカードはあくまで「何をしていたか」を示すものなのに、遊んだ人のほとんどが凶器だと認識してるところからも察せられますw。

・ハンズ

写真はないので伝わりにくそうですが、手の形だけでやるPIT。手札に書かれた手のポーズのうちから1つを選び、同じポーズをしている人を見つけたら、お互いにカードを見せ合ってから捨てるを繰り返すゲーム。PITが面白いので、面白くないわけないんですが、手の形だけということで、基本無言でやってるので客観的に見るとめちゃくちゃ変な集まりになっててそれもまた面白いです。
途中、全員で同じポースをとるというルールも有り、それもまたまぬけな絵面で最高。

カードゲーム

・2枚目が好き(3は多すぎる)

カードを取り過ぎると減点になるので、ひたすら取りやすい状況になるまで耐えて耐えて、耐え切れずにちょっとの減点ならいいかーと引き取って…という昔ながらのよくあるジレンマで安定の楽しさ。
ぶっちゃけ、このタイプのゲームはもういいかな…と思ってはいたのですが、遊ぶとやはり楽しく、過去作と結局同じことをやっていたとしても、良作は良作だなと。
わかりやすい得点ルールとわかりやすいジレンマは間違いないですね

・悪魔の針
IMG_5028_20151231235136858.jpg

正式ルールだとフォローのルールがゆるすぎるので、手札に出せるカードがあるかぎりはフォローするというバリアントの方が好みです。トリックテイクはプレイされたカードからそのプレイヤーの思惑を推理するのが好きなのですが、悪魔の針は同時4ヶ所進行、シンプルなルールということで、この状況でこのカードをここにプレイするということは…と、互いの思惑がかなり丸見えで良かったです。丸見えということは、思惑ををぶち壊すプレイもやりやすく/やられやすくでそれもまた盛り上がって楽しいです。

18XX枠
IMG_5598_2015123123514023d.jpg

去年は18OEをやらせてもらいましたが、今年は、1846,18EUと評判の良い2作と、2人用マップ、3人用マップという少人数向けの1800をやらせてもらい感謝感謝です。18XXの基本的な面白さはどの作品も共通で、あとはそれぞれの作品の特徴がアクセントになっている程度ではあるんですが、やはり18XXはプレイヤー間のやり取りが熱くていいですね!
今年遊んだ3作は仕手戦でどうこうはあまりできず、列車購入タイミングや他人との線路引きの駆け引きに焦点があてられた作品でしたが、いつかは熱い仕手戦もやってみたいものです。

豪華版枠

・スモールワールドデザイナーズエディション
IMG_4890_201512312351377cb.jpg

面白い面白くないはさておき、見た目がド派手なゲームで遊ぶのは単純に楽しい!でした。遊ばせてもらった記念ということで。

・その他振り返り

遊んだゲームは去年とほぼ同じ160タイトルでした。ただ、今年は遊ぶ場所が増えたこともあり、同じゲームを何度も遊ぶことが増えたので(そしてそういうゲームの記録はつけてないので)実際に遊んだ回数は去年よりも増えていると思います。
ただ、今年は仕事の顧客からの要望が激しくなったり、体調管理が十分にできなかったりで、ブログの更新頻度が著しく落ちてしまったのが残念でした。書きたいのに時間がなーい、そlして書き始めると反動で書きすぎちゃって時間がますますなくなるという悪循環でした。
できれば週2回は更新したいのですが。

フードチェーンのところにも書きましたが、今年の重量級ゲームは個人的には不作だったように思います。新しいシステムがあり、それがちゃんとデベロップされてまとまっている。そんなゲームが増えてきているのは確かですし、それが人気のあるのもわかります。実際に、それを求めている人も多いですし、僕も昔と同じものばかり遊んでれば良いというわけでもありません。
ただ、単純に新しいシステムで洗練されたデベロップに魅力を感じなくなってきたのは確かで、来年も妙なゲームを探し求めるのでしょうw。

また、今年はこれまで以上に多くの人と知り合う機会が得られた年でした。
新しい顔ぶれの方々とゲームをする機会を作っていただけたシミーズさん、タロ吉さん、ありがとうございました。
あとはなんとなくの思いつきで始めた平日会で、そこで知り合った方々が思った以上に多かったことで夏のボドゲフリマにつながったというのも何がどうなるかわからんものだと思いますし、フリマに参加、協力してくださった方々ありがとうございました。
フリマは本当に超楽しかったので、本当にまたあるといいですね。

また今年も多く人に助けられましたし、また、楽しく遊ばせてもらいました。来年も今年同様、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。