ゾックンロール/ Zock 'n' Rol

IMG_7975.jpg
(5人でインスト込み30分ほど)

【概要&ルール】

自分のダイスと場にある共通のダイスでテキサス・ホールデムをやるゲームです。

各プレイヤーが自分のカップの中でダイスを振り、その後、親が全員に見えるよう共通ダイスを振ります。その後、親から時計回りに降りるか、場に残るかを宣言します。2人以上残っていれば親が共通ダイスを追加で1つ振って、また降りるか残るかの宣言。これでもまだ2人以上残っていれば残っていたプレイヤーはダイスを公開して、場の共通ダイスとあわせてより強い役ができている人を決めます。

得点は、最初の選択時に降りていた人はその時点の共通ダイスと自分のダイスとでできる役の点数+1巡目に降りたボーナス点、2回めの選択時なら役の点数のみ。3回目はそこまで残っていた人の中で最も強い役にだけ得点+一人勝ちならボーナスがあります。

いずれかのプレイヤーが規定回数同じ役から得点したらゲーム終了し、合計点の高い人が勝利します。

【プレイ内容】

一味さん、シミーズさん、しゅだっちさん、けがわさん、僕の5人で。

まず、自分用のダイスを振ります。この時、他プレイヤーから見えないようにカップの中で振るのですが、カップの底が抜けていて上から覗きこむことでこっそり自分だけダイス目の確認ができます。
簡単な加工ではあるのですが、これが目からうろこで、そうかー、こうすりゃよかったんだよなと初めて見た時にちょっと感動しましたw。
ブラフとか、まわりに見せないようダイス目を確認するゲームではかなり使えそうです。
IMG_7972.jpg
(横から見ると普通のカップですが)

IMG_7973.jpg
(上から見ると自分は出目の確認ができます!)

基本ルールでは得点になる役はポーカーと一緒です(ダイスではフルハウスよりもストレートの方が作りにくいのでそこだけ強さが異なっていますが)。

みなさん序盤からハッタリ効かせて、弱めの役でも最後のショウダウンまで残られている方もいらっしゃいましたが、僕はヘタレなのでワンペア、ツーペアくらいの役しかできていなければ積極的に降りていくスタイル。
2回めの宣言時でツーペアができてれば1/3の確率でフルハウスにはなりますし、フルハウスより上のストレート、フォーカード(ダイスですけど)、ファイブカードはそうそう作れないんで思い切るのも十分ありだとは思います。
実際にショウダウンしてみたら残ってた面子のほとんどがツーペアだったり、むしろツーペアで勝っちゃったりしてましたしw。

とはいえ、ある程度以上の確率でフルハウスとかになるのはみなさん同じなわけで、3回めまで残って勝負かけてフルハウスが最高の役だったとしても他にも同じ役がいればボーナスはもらえず、リスクだけ背負うことになります。最後まで残って勝った時のボーナスは大きいのは確かですが、ゼロ点になるリスクを考えれば、無理せずワンペア、ツーペアで降りて点数をもらうのも十分ありかなーと思いながらプレイしてました(ここまで明確に考えてたわけではなくて、なんとなーくリスク怖い怖いくらい)。

しゃがんでいるうちに自分のダイスでゾロ目が出て、かつ、場にもその目が! フォーカードなら十分単独勝ちが狙える役ですし、うまくいけばファイブカードまで伸びます。そんなわけで初めて3回目まで残って、無事勝利!ボーナス点も獲得できました。
なんかこれで流れがきたのか、自分のとこのダイスと共通ダイスがうまく噛み合って、フォーカードだのストレートだのが出まくります。
もちろん、そういう時には勝負にもいけるわけでリスクを負うことなく勝負に挑めれば、まあ、強いわけで。何回か最後の勝負に勝って、このまま行けるか?運が落ちるか?と思っていたらシミーズさんから、「1回目に降りまくってゲームを終わらせれば、もう勝てそう」という助言が。

このゲームの終了条件は『同じ手段から規定回数得点したら』なのですが、この手段には1回目の宣言時に降りることでのボーナスや、最後のショウダウンでひとり勝ちした時のボーナスも含まれます。
この助言を聞いて、ああ、なるほど、ではそうさせてもらいましょうと、この後は毎回1回めに降りてました。

ゲーム自体は、一度もゼロ点の回がなく、高めの役もそれなりに回数をとっていた僕が勝利しましたが、もちろん僕が終了条件を満たすまでも、みなさんは熱い勝負を繰り広げられてました。シミーズさん、けがわさんのおふたりがショウダウンまで残って、
シミーズさんが先に「フォーカード!」とダイスを公開すれば、けがわさんが間髪入れずに、「ファイブカード!」と勝利宣言したりなどなど。
IMG_7978.jpg
(フォーカードは9点の役なので負けるとダメージがかなりでかいです)

IMG_7980.jpg

得点を記入する個人ボードに裏面があり、そちらを使う時には、自分用のダイスをひとつ追加して、役の種類に変更が入るのですが、まだ時間もあったのでそちらも遊ぶことになりました。

こちらの面では、最低の役がツーペアになり、ワンペアでは点数がもらえなくなったり、ストレートがダイス4つ連番、5つ連番、6つ連番と3種類になったり、大フルハウス(フォーカード+ゾロ目)や3つ同じ目が2セット(2アラシとか言えばいいんですかね?)などの見慣れない役が追加されたりしてます。

こちらをやってまず思ったのは、「手役がどれくらいになれば強いのかさっぱりわからん!」でした。やっていくうちに上位の役(シックスカード、ファイブカード、大フルハウス、ダイス6つのストレート)はそうそう作れない(ショウダウンでも大抵勝てる)のがわかってきましたが、それ以下の役であればダイスがひとつ追加されただけでかなり出来やすくなっており、2回目までツーペアやスリーカードとかであっても、ショウダウン時にはそれなりに強い役になってました(もちろんツーペアのままということもありましたが)。

確率とか全く計算してませんが、1回目、2回目の宣言時には役に絡んでなかった出目が3回目の共通ダイスでさくっとつながって役になることが裏面になって増えたような気がします。例えば、自分のダイスが1,3,5で、共通ダイスが3-5-6-2と出て、2回目宣言時にはツーペアだったものが3回めの共通ダイスが4でダイス6つのストレートになったりなど。
つまり、劇的なショウダウンが起こりやすく、また弱い役でも逆転に賭けて突っ込みやすくなった気がしてました。

僕はこちらの面でもゾロ目運がよく、何回かファイブカードを作れたことが大きく効いて連勝したりしてました。
基本的に役が1つ強くなると1点あがるという得点方式なのですが、ファイブカード、シックスカードだけは3点ずつあがるので、この2つの役が作れると点数的にかなりおいしいようです。

【感想】

ルールが簡単で、みんなで盛り上がれ、適度な運要素があり、プレイ時間も長くなく…と、2016年のSDJ待った無しです。まあ、え!?これが取る(ノミネートされる)の?と驚かせてくれるSDJなので実際に取るかはさておき、正統派の面白さのゲームでした。

テキサス・ホールデムをもとにしたルールでは有りますが、ダイスだと6つしか目がないのでトランプと比べて圧倒的に役が出来やすいため、テキサス・ホールデムにある駆け引きの要素はこちらではかなり薄く、単純にショウダウン時の役の意外性に驚いたり、自分や他人の役が1つのダイス目で一気に強くなったり、そうならなかったりを一喜一憂して楽しむ古き良きダイスゲームになってます。

やや余談ですが、ダイスでテキサス・ホールデム作ったら、ゲーム性というか、ゲームのポイントが全く変わってしまうというのが非常に興味深かったです。武器が弱い(強くなりにくい)からこそ駆け引きの余地があり、武器がぽんぽんパワーアップする中では駆け引きなんてものは介在しようがないというか。

一見、適当につけられたような各役やボーナスの点数の配分がちょうど良く、このゲームの肝である降りる降りないの悩ましさをきちんと補助して、単純にダイス振って一喜一憂で終わらせないような作りになってます。
余程役が良くなければ、得点の幅は1~6点しかないので、降りちゃっても案外点差は開きませんし、逆に1回めの宣言時に降りてボーナスの1点をもらうという選択肢が手番が早ければさくっと降りるという選択肢がかなり有効なようにも見えるんですよね。
逆に数点しか違わないなら思い切ってショウダウンまで残る!という選択肢も取りやすいですし、どちらにせよ、まあ、この程度の点差ならこの選択もありかと自分に言い訳しやすいですw。
確率的に役ができやすいダイスで、手元ダイスの倍近くが共通ダイスとして振られたら、そりゃあショウダウンで引き分けになりやすいわ!とも思うんですが、それが勝負にいきやすさ=遊ぶ楽しさに結びついてるのが、偶然なのか狙ってなのか、うめえなあと思ってしまいます。

前述の通り、役が出来やすく、また、一気に役の強さが変わるような出目が出る(この人、結果は勝ちはしたけど、さっきまでツーペアだったのによくショウダウンまで残ってたな!ということが遊んでみると多々ありました)のが、楽しさの一助になっているのは確かなんですが、そこが気に入らない人もいるかもしれません。
良くも悪くもSDJを取りそうなゲームとして楽しむのがいいんじゃないかと思います。

あと、プレイ前にこのゲームを持参してくださったシミーズさんに「テキサス・ホールデム+ヤッツィーみたいなゲームなんですよね?」と聞いたら、「うーん、振り直しはないですし、ヤッツィーの肝をどこと捉えるかですね」と返されて、おおおー、確かに!流石や!と思わされました。
まあ、見た目はヤッツィーぽいですし、テキサス・ホールデムと肝が同じかっていうと上記の通りそれもまたちょっと違うなーというのはあるんですけどね!w。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析