あやつり人形(in2010新年会)

(5人でインストこみ1時間(時間切れ))

風呂→夕飯コンボの前に1時間ほど時間調整をする必要があり、ぼーっとするよりはということで「あやつり人形」をプレイしました。

僕以外全員初めてで、かつ、僕も1年以上ぶりだったため、全員でルールを確認しつつプレイしました。

【ルール】
ラウンドごとに8種の職業のなかから1つを選びつつ、お金を貯め、手札から建物を建てていくゲーム。
職業は、全プレイヤー共有の8枚からクローズで1枚ずつ選択するため、基本的に自分以外がどんな職業を選択したのかはわからないようになっています。自分のところにまわってきた職業や、自分が残りプレイヤーにまわした職業から
他プレイヤーがどんな職業を選択したのかを推理しつつ、自分も効率的な職業選択をするのがキモです。
建物を8軒先に建てたプレイヤーが勝利します。

【プレイ内容】
ひと通り職業の能力を説明しましたが、やはりピンとこないようだったので、他人の職業を推理することが重要だということ、推理する手段等をざっと説明した後に、実際にやってみた方がよいだろうということでスタートしました。

久々だったせいか、人数が多くて被害が分散したからかはわかりませんが、思っていたよりも順調にお金が貯まり、順調に建設は進みました。

5人プレイだと、職業カードの選択に入る前に、伏せカードで1枚、表向きで1枚が除外されます。この時、表向きの1枚が国王だった場合、やり直しになるのですが、伏せカード側が国王だった場合、やり直しはありません。
何故かこの伏せカードが国王状態が3,4ラウンド続き、かつ、僕の左隣がスタートプレイヤーだったため、僕のところに余った2枚がき続けるラウンドが続いたため、正直つらかったです。

大概、暗殺者と傭兵がまわってきて、僕は赤い建物を持っていないので暗殺者をとり…という展開を繰り返しました。
僕以外の方は、あまり他人を邪魔するという方向に思考が向かなかったようなのですが、そのせいか、他人から邪魔されやすい職業というのも、それほど意識されなかったようで、商人や建築家を暗殺対象に選ぶと、いつも同じプレイヤーが死んでました。

そんななかでドロボウで5金をかっさらって頭ひとつリードした方が、その後も地味な職業選択でマークをかわし続け、8つの建物を建築されてました。
が、その8つ目の建物が傭兵に壊されたところで、時間切れとなったため、勝負はつかず?(8つ目が建ったら、そのラウンドが最終ラウンドとあったのですが、壊されても適用されるって考えでいんですかね)

この時点で計算したところ、8つ建設ボーナス分、その方が逃げ切ってました。

【感想】
「あやつり人形」がはじめて、かつ、普段ボードゲームをやらない方々だったせいか、そこが勝敗にもろにでましたね。もちっと他人との絡みを考えて手を選択すると、もっと自分も面白いし、まわりもどんどん面白くなるように思いました。
とりあえず、面白かったとは言ってくれただけで良かったのかもしれません。

僕、個人的には、こんなにあっさりとしたゲームだったかなというのが正直なところです。今までは2人とか3人といった”好きな相手を狙いうちできる状況”でのプレイだったせいで、緊張感と言うか考える内容の濃さが違ったんでしょうか。
個人的には、どこがどうダメなのか、うまく言えないですが、なぜかWEB上の評価ほどには楽しめないのでしばらくは封印かもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析