ゲームマーケット2016秋でアンケートをとってきました

かなーり時間が経ってしまったのですが、昨年の12月に行われたゲームマーケット2016秋で開場前の待機列に並んでいらっしゃる方々の一部にアンケートをとらせていただきました。

データ入力をとろとろやっていたせいで3ヶ月も前の話になってしまいましたが、ゲームマーケット神戸前にはなんとかしたかったので、なんとかしました。

今回のアンケートの内容は、
・どの程度のお金を持ってきているのか?
・どれくらいの価格帯の同人ゲームが購入対象に選ばれているのか? 
・その価格帯以上のゲームを買うことはあるのか? 
・あるとしたらその条件とその時の価格帯は?
というような内容で、具体的には↓のようなアンケート用紙を用意して答えていただきました。
2016Aanke.jpg

手っ取り早く結果をご覧になりたい方はこちら

【対象者】

本当はゲームマーケットの来場者の大半と思われるライト層へ聞きたい内容だったのですが、色々あって結局、待機列の先頭から500~600番目くらいまでの429人の方にお聞きした結果になります。
ゲームマーケット2016秋の全来場者が12000人とのことなので、全体のわずか3.5%の人にしか聞けてないのですが、(当初狙っていたのとは反対の)かなり濃い方の方々が対象になっています。

※ 得体の知れない人間の得体の知れないアンケートに答えたいただいて大変ありがとうございました!
 (たぶん事務局が公式にとっているアンケートだと間違えて回答してくださった方もいらしたのではないかと思うのですが、もしそうなら説明が足らなくてすいませんでした)

【回答結果】

以下、回答結果と、それを踏まえた推察をちょろちょろと問ごとに。ちゃんとデータ同士の相関とか分析したほうが良いのでしょうが、すいません。時間がとれないので簡単にしか触れられませんでした。記事の最後にデータへのリンクも貼るので気になる方は自分で見てみて下さい。

問1.ゲームマーケット2016秋で使えるお金(いわゆる軍資金)はおいくらですか?
anke1.jpg

最低は0円、上は上限なしという方や25万円という方が数名いらっしゃいました。上限なしの方は除外して算出した平均値だいたい3万2千円ほどでした。ただし、アンケート回答者の5割の人は2万以下、7割の人が3万円以下という回答でした。

全来場者のうち、先頭から4%以内の方々の結果なので、全体でみればもっと額は少なくなると思われます。データ無いので勘ですがほとんどの人は1万円も使わないんじゃないかと。

問2.ゲームマーケットであなたが購入対象とする同人ゲームの理想的な価格帯はおいくらですか?(実際の価格ではなく要望、理想の価格をお答え下さい)
anke2.jpg

アンケート回答者の75%が3千円未満、3割強の人たちが2千円未満が理想であると回答しています。
※繰り返しになりますが、濃い人たちでこれです。

また、ツイッター上で問1を除いた3問でアンケートを取った結果(詳しくはこちら)でも、8割が3千円未満、4割が2千円未満が理想であると回答しています。

そこまで同人ゲームに詳しいわけではないですが、今の同人ゲームの流通価格を考えるとちょっと購買層の求める価格より高めになってきているように思われます。とはいえ、商業ゲームでも今の主な流通価格は購買層の考えてる価格よりも2,3割かそれ以上高めになってきてると思われるので、別に同人に限った話でもないですが。

問3.問2のご回答より高い価格で同人ゲームを購入するとしたら影響するのは何ですか?(複数回答可)
(選択肢:システム・面白さ・クチコミ、アートワーク・内容物の豪華さ・高い価格では買わない)

anke3.jpg

聞いては見たものの、実質的な意味としては「何らかの理由があれば、少々高いゲームでも買いますか?」を聞いてるにすぎません。
面白ければ買うって、どの程度面白ければ買うのか、そもそも面白さって何なんだとか、システム重視にしても斬新なシステムがいいのか、ワイワイ盛り上がるのがいいのかなどなど、解釈のしようがないので(そうとはいえ「テーマ」を選択肢に入れ忘れたのは失敗でした)。

あえていうなら、8割弱の人が面白さが理由になると答えていらっしゃるので、売るためにゲームの内容を説明する際には、どういう面白さがあるのかを説明した方が買ってもらえる確率はあがるかもしれません。

完全に個人的な話ですが、評判とかツイッターでの書き込みとか気にされてる方が多い印象だったので、「クチコミ」が2割にも達してなかったのは意外でした。

問4.ゲームの内容(面白さやアートワーク、内容物の豪華さ等)によらず、これ以上の価格の同人ゲームは買えない(買う気がしない)というのはおいくらですか?
anke4.jpg

今のところ、7千円の同人ゲームとか(豪華仕様のものを除いて)ほぼないので、8割以上の人が「買いたいものはどんな値段でも買う!」と言っているといってもいい結果でした。
※ただし、来場者の中で一番濃いと思われる方々が回答者ということはお忘れなく。

【ちょろっと雑感】

別に売るのだけが目的じゃないという同人デザイナー/サークルさんもたくさんいらっしゃると思うので、そういう方々へは的はずれな話になるんですが、来場者のほとんどの財布の中には2万円以下、寧ろ1万円以下しか入ってないというイベントで売られているものの値段で3千円前後というのはちょっと高いんじゃないかなと思ってしまいます。

たくさんの来場者がいるように見えても、3000円前後のゲームを5,6個買ったら、お金がなくなる、1~3個という人の割合もおそらくかなりのものということは、新作だけでも300個以上ある中で買いたいゲームトップ5だったりトップ3だったり、その人の財布の中身次第とはいえ、かなりの上位に入らないと買ってもらえないというのは売り側としても辛いんじゃないかと。
「買うべき理由があれば高くても買う」という人は確かに多かったです。ただ、この理由、例えば面白さだとしても、絶対評価ではなく、相対評価なんですよね。他に金使ったらなんぼ欲しかろうが買えないんですよね。

いらないお世話なんでしょうが、千円台、できれば千五百円以下というのが鉄板なんじゃないかなーとは思います。

(追記)
なんか集めたデータの割に全体の話みたいになってしまったので、追記しときます。
今回のアンケートはたぶんゲームマーケット参加税の中で一番濃いところのデータではあるんですが、そのデータ基準でも上記の通り、3000円(以上)のゲームはかなりアピールポイントがないと購入対象に入ってこないと思われます。所持金の問題なので、(ゲーマーズゲームに限っても)売れる売れないがそのゲームが面白かろうが面白くなかろうが、どうしようもないんですよね。「他に買うゲームがあったから、金がなくなってしまって買えない」わけなので。
さらに言えば、濃い人達ですら、ほとんどは3千円以上になると高い、4割程度の人は2千円以上でも高いと思ってるわけで、高いと思っているものにそうポンポン金が出せるのか? ゲームマーケットの参加者の大半である濃くない人達にしても推して知れるわけで。作りたい物作って、その原価(というかほぼ印刷代)に何割か儲けをのっけるという価格の決め方に(もし売ろうとするのなら)限界がきてるのかもしれません。

最後に、一応というか、もちろん今回のアンケートを行うことは、ゲームマーケット事務局へはお伝えしてありました(公式に許可するとかはできないが、やめさせることもないというようなご回答ではあったのですが)。もし似たようなことをされる方がいらっしゃるなら、事務局には当然前もって話しておきましょう!

今回のアンケートのCSV形式のデータはこちらにおいてます。興味があればご自由にお使い下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析