スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汽車は進むよ/Jedzie pociąg z daleka

IMG_1526.jpg
(4人でインスト込み30分ほど)

【概要&ルール】

線路の書かれたタイルを配置して汽車を駅まで進ませるゲームです。

ニューヨークスライスピザ(もっとホイップを!)やシトラスのデザイナーであるジェフリー・アラーズの2017年の新作で、Nasza Ksiegarniaという花見小路やカルタヘナといった他パブリッシャーの軽中量級ゲームをポーランド語版にローカライズしていたパブリッシャーが、近年、オリジナルゲームを出し始めている中の1つになります。

各プレイヤーに駅と線路がかかれたフレームと、タイル、4色の汽車が配られます。
プレイヤーは配られた自分用のタイルをシャッフルして各自の山を作り、汽車を既定のスタート位置に置きます。

ゲームは以下を終了条件を満たすまで繰り返します。
1.全プレイヤーが一斉にタイル1枚を自分の山から取り、フレームの縁、または配置済のタイルに隣接するように配置する。
2.配置したタイルによって接続された線路にあわせて汽車を移動させる。
  ※どの汽車も移動できない位置へのタイル配置は禁止(スタートから埋めていく必要がある)

汽車が移動してタイルに入るたびに移動点として、1点を得る。汽車が移動して別の汽車にぶつかった場合は、2両ともゲームから除外する。

汽車を移動させたことによって、駅に到達したら得点ボードの該当の駅の該当の順位のとこにトークンを配置する。もし同ターンに複数プレイヤーの汽車が同じ駅に到達したら、全て順位は同じものとして扱う(1位が3人とか)。この場合、次に到達したプレイヤーの順位は同着者数分とばした順位になる(1位が3人なら、次に入ったプレイヤーは4位)

1つの駅に到達できる汽車は各プレイヤー1両のみ。もし既に汽車1両が到達している駅に自分の別汽車が到達したら2両目の汽車は順位点はもらえず、汽車をゲームから除外する(1両目には何も起こらない)。

「移動可能な汽車がいない(全ての汽車が駅に到達または衝突によってゲームから除外されている)」、または「全てのタイルが配置された」のどちらかでゲームは終了し、ゲーム中に獲得した移動点に、駅への到達点を加えてもっとも点数の高いプレイヤーが勝利します。

※ルールブック上では、駅への到達点だけで勝負するのが基本ルールで、移動点のみで勝負するのがバリアントルール1、到達点+移動点で勝負するのはバリアントルール2という扱いになっています。プレイ内容と合わせてバリアントルール2で↑は書いてます。

IMG_1511.jpg
(4人用の得点ボード。最高点が高い駅は順位が落ちた時の点数の落差が激しく、最高点がぼちぼちの駅は順位が落ちても点数はさほど下がらない配分になっていて、最高点の駅への到着争いは熱くなります)

【プレイ内容】

キノさん、Kさん、Blueroseさん、僕の4人で。

会場が閉まるまで30分ほどしかなかったのですが、会の前半でキノさんたちが遊ばれていたのが楽しそうだったのと、せっかく訳してきたのだから自分でも遊びたい!ということで、のんびりしなければ終わるはずと立てることにしました。

非常に可愛い見た目ではあるのですが、うっかり他の汽車のいる線路とつなげてしまうと、汽車同士で対消滅衝突してゲームから除外されてしまうので、ちょっとドキドキします。
タイルには、各辺2本ずつ線路があり、1タイルで8本の線路が出たり入ったりしています。それが素直にまっすぐ突き抜けていたり、単純に右に曲がっていたりすればいいんですが、ちょっと曲がっていたり、トンネルに入っていて見にくくなっていたりと判断ミスをしそうな絵柄で、序盤にそうそうぶつかるようなことが起こるはずがないのに、ビクビクしながらプレイ開始です。

思わぬ事故を防ぐため僕がとったのはできるだけ単純な線路にしようという作戦。安全第一です。
まず、1枚目のタイルを配置して、そこに汽車が2台入り、真っ直ぐ行ったり曲がったりでとにかくタイルを抜けて2点とやってると、みなさん3点、3点と。あれー?とよく見てみるとフレームは駅かUの字の線路のどちらかのみで脱線するような線路にはなっていません(脱線というルールはないので当たり前と言えば当たり前なんですが)。

なので、フレームに向けて汽車を走らせてタイル→フレーム→タイルで走行点を稼がれていたようです。

なるほどと思いはするものの、上に進ませたい汽車が右や左に向かいそうになるのはやはり心配になので、とりあえず、寄り道させるのはやめて、スタート位置から最も遠い場所にある紫色の駅を目指します。
紫色の駅はトップで到達した時の点数は20点とゲーム中最高点です。

IMG_1512.jpg
(最高点である右上の紫駅目指して優先してタイルをおいていきます)

当たり前といえば当たり前なんですが、突出するような形でタイルを置くと進ませられる汽車の数は少なくなります。そんなわけで1両だけしか前に進んでないのをちょっと不安になり、他も進めるか…?とスタートから1タイルしか動いていなかった汽車たちを動かすべくスタート近くにタイルを配置していると…、

キノさん「紫色の駅に到達しました」
Kさん「同じく」
Blueroseさん「みんな到達なら私も到達させます」(同ターン到達なら同着扱いで同じ点がもらえるので)

みんな、真っ直ぐ紫色の駅目指してたのか…、自分のとこばっか見て全くまわり見てなかった…。と後悔もしますが、これで紫色の駅に到達しても僕は4位ということになり、1点しかもらえません。1位扱いのみなさんは20点なので19点差です。いやいやそれはないだろうと紫色の駅の近くにあるオレンジ駅にルートを引きました。ここの1位は17点と紫駅に次ぐ点数です。

危ないところでしたが、今度はちゃんと周りを見つつ他の未到達の汽車たち用に線路を敷いていきます。
またトップがとれそうだったのでピンク駅目指して進めていたところ、あと1マスというところでピンク駅に真っ直ぐ向かうタイルを無事山から引いてよっしゃよっしゃと思ったのですが、ん?これもしかしてとくるくるとタイルを回して見たところ、寄り道しながらピンク駅に到達できることが判明!

IMG_1514.jpg
(結果からすれば、すぐ上のピンク駅に到着するんですが、ぐるぐるぐるぐるまわって7点も獲得できました)

移動点がここまで僕は1,2点しか稼げておらず移動点を2〜4点ずつくらい毎手番稼いでいたキノさんとはかなり離されていましたが、この7点でかなり追い上げました。

よしよしと残りの汽車も進めます。さすがにもう終盤でほとんどの駅で1位は決まっており、2位になんとか滑り込みたいところです。とりあえず残りのうちの1両は『1位でも9点と高くはないが、4位まで全部同じ点』の黒駅に手堅く到達させ、最後の1両をまだ2位があいている緑駅を目指させます。

近くまでは来たものの良いタイルが引けません。とにかくすぐ右にある駅に到達したかったのですが、狙ってたような線路があるタイルは引けず!
もう会場の閉まる時間も近づいていたので、ええーーーい!とタイルを適当に配置しました。

IMG_1514.jpg

これがなんと、列車がシュッポシュッポと色んなタイルをあっちこっちして…。

IMG_1515.jpg

当初の狙っていたすぐ右の駅になんと到達してしまいましたw。

そして、これが11点のビッグムーブ。この11点のおかげで数点差で高得点駅に先着していたみなさんを追い抜いて勝利することが出来ました。

【感想】

タイル1枚を配置した時の変化のダイナミックさとどうなるのかのワクワクがたまらないゲームで、短時間で終わるタイル配置ゲームでは一番好みで面白いゲームでした。
ダイナミックさがあって、何が起こるかわからないと言うと、運要素が大きいように聞こえてしまうでしょうし、タイル自体は選択の余地はなく手番頭に山の1番上のものを引くだけなので、運に翻弄されるのを楽しむゲームのように思われるかもしれません(僕もルールを読んだときにはそういうゲームだと思ってました)。

実際には、タイルは色々なバリエーションがあるものの、大抵の場合、そのタイルに入っていく汽車を希望の方向に進ませることができます。全てのタイルで行き止まりなどなく、1辺あたり2本の線路がある(4本の線路が色んな方向からきて交差したりして出ていってる)ので、当たり前なんですけど。

タイル単体で見るとプレイヤーの好きな方向に進めせられることはできますが、これが複数タイルが組み合わさったり、以前のターンにこうなることを考えずに配置したタイルがあると、あっという間にジェットコースターに変わりますw。

プレイ内容に書いたとおり、序盤は汽車を進ませたい方向に進ませることができますが、徐々に配置済のタイルが増えてきて、タイル同士の連結が増えるとゲーム終了間際の11点ムーブのように、ぐるぐるぐるぐーると、うおおいどこに行くんだ!?となっていきます。
この緩急というか、制御できる部分とできない部分が両方あり、駅への到達では制御が重要になり、移動点では制御できない(しづらい)部分が重要になるという、どちらも楽しめる作りになっていたのが大変良かったです。

僕は目先のことというか、いま目の前の状況に対処したり、だいたいの目標でプレイするのはまだできるんですが、長いスパンでちゃんと完成図を頭に描いてプレイするのはあまり得意ではありません。
タイル配置でルートや地図を作るゲームでも、数枚で作れるくらいのものはこういうタイルが欲しい、取りたいと作戦を立てて取り組めますが、もっと大きな絵を描くようなゲームはあまり得意ではありませんし、あまり楽しめません。例えば、カルカソンヌをやってもでかい町とか草原を作るのは苦手で、つい小さめの得点要素に飛びついてしまいます。キングドミノや2つの街の物語くらいの、理想形をぼんやり頭に置きながらも、基本的には出てきたタイルに右往左往しながらとりあえず、1,2手の最適解で進めていくようなタイプのゲームの方が好みです。

そういうこともあって、このゲームでもとりあえず到達点重視のプレイをしましたが、最後の方は偶然に助けられて思いもよらぬ大きな完成図を描けて気持ちよく遊べました。一方でキノさんはゲームを通して移動点が大きくなるような線路をちゃんと考えて作っていた(けど、終盤に間違えて閉じてしまったそうでw)と仰っていて、目先だけでなくちゃんとでかい完成図を描ける人は、それを実現することもできる作りになっていて、駅への到達点と移動点の組み合わせでタイル配置ゲームの両極端な遊び方のどちらでも楽しめるようになっています。

※ルールのとこにかいてますが、駅到達点だけで遊ぶのが基本ルール、移動点だけで遊ぶのがバリアントルール1、両方組み合わせるのがバリアントルール2です。

タイル配置ゲームは、目先にせよ遠大なものにせよ、とにかく理想像があって、それに大してままならないタイルの出方によって、計画を妥協・変更させられるところに悩ましさが、計画通りのタイルが出てきた時に喜びが、全く妥協も変更も効かないどうしようもないタイルが出てきた時にがっかりがあり、それらが楽しさにつながっていると思ってます。

汽車は進むよは、計画(理想像)に幅をもたせ、妥協・変更はタイルの引きでなく、他プレイヤーとの絡みに重点をおくなど、タイル引きによるがっかりをほぼなくし、悩ましさよりもかなり楽しさ方向にチューニングされているゲームです(見た目も可愛らしくそういう層向けと思われます)。
ゲーマー向けの悩ましいゲームでは決して無いですが、(大抵好きな方向に進ませられるとは言え)どの向きにすればいいのかとちょっとしてパズル的な楽しさはもちろんありますし、ワクワクとドキドキは是非体験して見て欲しいゲームです。

タイルが置けるのは汽車が動ける場所のみという制限はあるものの、どこに置くのが最適解かと、すべての経路を確認して遊ぶような人がいると長考しちゃうかもというのは若干気になります。ワクワクとドキドキをパッションで楽しめる方向けかと思います。

IMG_1528.jpg
(箱絵もかわいいんですが、箱の中敷きもかわいいです)

IMG_1527.jpg
(各プレイヤー、国(地方)が違うという設定のようで、タイルはプレイヤーごとに絵柄が違います。表面はもちろん、裏面も全部ユニークで、同じ絵はひとつもありません)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。