ねこギャング

最近、ボードゲームをしてなかったので、久々の更新になってしまいました。

100310_2354~01
(ふたりで1セット2~4分。9セットプレイ。)

【概要】
ねこのギャングがうんたらかんたらという設定はありますが、ゲームとしてやってることと別に関係ないので割愛します。さすがクニツィア。

【ルール】
100310_2355~02

ネコが5種類、色が5色、同じ組み合わせが2つずつということで、50枚のタイルが存在します。
タイルは始め、全て裏向きに置かれ、そこから各プレイヤーは1枚ずつタイルを手元に取ってきます。
ネコの種類か、色が3枚そろえば勝利で、魚チップが1つもらえます。
既に手元にタイルが3枚ある場合は、手元のタイルのうちの1枚を表向きのまま場に戻し、代わりに1枚を取ります。
この時取るのは表向きのタイルでも裏向きのタイルでも構いません。

魚チップは全部で11枚あり、最も多くを集めたプレイヤーが最終的な勝者となります。

【プレイ内容&感想】
勝ったのは随分前で一時は、何度も何度もプレイしていたのですが、かなり久しぶりに棚から引っ張り出してプレイ。
ルールは非常に簡単なので、久々といえども僕も相方もルールは覚えてました。

相方の引きが悪く、魚チップが最大で4つ差まで開きましたが、徐々に追い上げてきて、結局、6対4となり僕が過半数を押さえたので終了。

ストレートに最初の3枚で勝利したり、場にタイルを戻すと、相手に取られて負けてしまうので、あえて最短手順ではなく遠回りをしてみたり、どのタイルを場に戻しても相手が次の手番で勝ってしまう状況に追い込まれたりと、単純なルールの中に喜怒哀楽があり、楽しいです。

基本的には、タイルの引き合いなので運の要素が高いですが、手元に3枚ある時の、どのタイルを場に戻すのかを考えるところが、ゲームのキモです。
キモと言っても、相手のタイルもオープンなので、それを見つつ考えるわけですが、大概は、捨てても相手が勝利せず、かつ、自分の手元にネコの種類か、タイルの色がリーチの状態のままになるタイルを捨てることにはなります。
ばらばらならネコか色かの2択です。
その程度の内容で、長考するような複雑な状況になることはありません。3枚そろえばゲームが終わるので、多くても手番が5,6回も周れば1セット終わります。

以前は何度もプレイしていたと書きましたが、久々にやってもやはり面白かったですし、また、機会があればちょこちょこ遊びたいなと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析