スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バサリ(3人)

100501_0749~01
(3人で40分ほど)

【概要&ルール】
省略!
昔の記事

【プレイ内容&感想】
Tが電話で質問を受けたとかで、少し席を外すということで、3人で1時間程度で終わるゲームやろうかということになりました。別に3人に向いているというわけではないのですが、Yが好きだからということでバサリをプレイすることになりました。

ルールはしょっちゃってますが、「宝石」、「点数」、「サイコロ」の三択を毎ターン繰り返して、ボードを3周し終わった時の合計点を競うゲームで、三択が2人で被った時は宝石を使った交渉後にどちらかがアクションを実行し、3人以上が被った時は誰も被ったアクションを実施できない(そのターンはパス扱い)というゲームなので、3人だとほとんど被ることないんじゃないのかなと思ってました。

まあ、案の定、2人は被りますが、3人被りは最後までありませんでした。

このゲーム、宝石が強いというのは、これまでの経験からわかっていた反面、やはり強い選択肢と言うのは被りやすいだろうと考え、「宝石も点数もイマイチだなー。サイコロにするか」程度の選ばれ方しかしないサイコロをあえて主軸に据え、他プレイヤーとの被りによるマイナスを避ける作戦をやってみたのですが、上記の通り、3人だと被らないので単に弱い手を延々と出し続けてるだけにしかならず、1回目の決算では宝石を数多く取ってたYが、2位以下に大差をつけての1位でした。
僕は余裕で最下位です^^v。

これはいかんと、サイコロ作戦をやめて、ベーシックな、宝石と点数を基本にする作戦に切り替えました。
しかしながら、このゲーム、決算時に得点対象となった宝石(要はプレイヤーの中で一番数を持っている宝石)は、場に戻さなければならず、次の決算までに取り返すのは結構つらくなっています。
ゲーム中には決算は3回なので、1回目で宝石数トップをとり、3回目までに数を回復させてまたトップを狙うというのが、良いというか現実的な戦略です。というわけで、もう逆転はかなり厳しいと思っていたのですが、相方とYが被ってる間に、うまいこと隙間隙間の選択ができたらしく、2回目の決算でYを逆転しました。

この決算で宝石が減らされるので3回目はきつくなるということはさっきも書きましたが、なんか、相方やYが持っている宝石を見ると、なんとなく減らされてなお僕が一番持ってる宝石が結構あるように見えます。
2回目の決算まででかなり荒稼ぎできていたようです。

得点トップなのでコマを進めるサイコロを振る役が僕だったのですが、なんか6がでまくって3回目の決算まで4,5回しかターンがなく、その各ターンも相方とYが被りまくったため、3回目の決算でも僕が宝石のトップをとれ、突き放して勝利しました。

どうもYに話を聞くと、1回目でかなり得点差をつけてしまったため、宝石強すぎるなーとそれ以降は宝石を取りに行くのを抑えたとのことです。

まあ、相方が何故宝石を狙いに行かなかったのかは確認していませんが、僕とYの思惑がうまい具合にすれ違ってしまい、すごい偶然ですが、Yの手を誘導するような形になってしまったわけです。
ここでYがすごいなと感心したのは、Yは勝つことじゃなくて楽しむことを目的にしてることです。素直に勝ちが拾える時は勝ってしまってよいと僕などは思ってしまうのですが。

しかし、今回はYの作戦変更(やや得点力落とし)のタイミングと僕の作戦変更のタイミングがあっていましたが、もし、僕が最初から最後まで作戦変更無しで、Yの変更のおかげで勝ってたら、手を抜かれて勝っても嬉しくないわーと妙な切れ方をしてしまう気もします。Yがいい子だと言う事は知っていますが、初対面みたいな人に同じことをやられたら、どうなんだろうとか考えてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。