私の世界の見方

129613499973494.jpg
(5人でインスト込み40分ほど(ただし勝利条件を緩くしてます))

【概要&ルール】

お題カードと単語カードがあり、親が読み上げたお題カードにあいそうな単語カードを子は手札から場に出します。

子が出したカードに山札から1枚単語カードを加えたものをシャッフルし、その中からお題にあっているものを親の感性で選びます。
選ばれた単語カードの持ち主がお題カードをもらうことができますが、山札から加えた単語を親が選んでしまうと、親は持っていたお題カードを1枚失います。

お題カードを一定枚数を手に入れたプレイヤーが勝利します。

手元に持てるカードは、単語カード+お題カード<X枚 と制限されるため、お題カードが増える(勝利に近づく)ほど、回答時の選択肢が少なくなります。

【プレイ内容&感想】

Sが持ってきてくれたゲームで、インストも進行もSがやってくれました。プレイヤーは、僕、S、TR君、K君の4人で。

ルールは単純ですが、親と子の感性の勝負なのでそこが楽しくもあり、辛くもありでした。

カードは全部日本語シールがついていて(自作なのか、どこかのショップのものなのかは確認しませんでしたが、ブリトニー・スピアーズが倖田來未と訳されていたりと、素晴らしい訳でした)、ワードゲームではあるものの、そこでつまづくことはありませんでした。

お題は「人生とは素晴らしい○○である」等と言った形で、単語を使って穴を埋める形式で書かれています(お題はうろ覚えなので、同じものはたぶんゲームには出てきません)。
それに対して、プレイヤーは手札から「12億の中国人」「壊れたテレビ」「アルタ前」等々の単語(単語も同様にうろ覚えです)を出して、親に選んでもらおうとするわけですが、難しいです!

僕はシュール系の笑いの方が好きなのですが、あまり理解してもらえなかったりして、なかなか他のみんなの輪に入れません。
ディクシットの時も思ってましたが、どうも僕はずれているようですlol。親が選んだ単語以外は誰のものか言及されないので、かなり助かりました。

これは取ったろう!と思った会心の単語でようやく1枚お題カードをもらえたくらいで、K君が規定枚数(この時はSが時間かかりそうだから減らしましょうと提案して、4枚取ったら終了にしてました)を獲得してゲーム終了となりました。

面白い、面白いですが、あわないなあというのが正直な感想です。今回のプレイヤーのひとたちの感性とあわなかったというのもありますし、元々面白くないやつなんだろうというご意見もあるかと思いますが、ゲームの作り自体が僕とはあってないなと。

単語カードの引きは運なので、「これ、どう使っても面白くないだろうorうまいこと言えないだろう」という単語が手に入る時もあります。手札ではどうしようもないお題が出た時等に捨てカードとして出すわけですが、親が1枚1枚単語を確認している時、あからさまにつまらない単語が出ると、盛り下がる(ように感じる)んですよ…。本気で出しているのか、捨てカードなのか、山札から選ばれたカードなのかは、わからないので、つまらない回答でも親も子も迂闊な反応ができなくて、「……」となってしまって、この時の空気が僕は辛いです。
その空気をはねのけるくらい騒げれば良いのでしょうが。

あと、ゲームの作りとは関係ないですが、今回のゲームでは、山札からランダムで出したカードが強すぎでした。
細かくは忘れましたが、なにか人物名を単語として選ぶとよさそうなお題の時に、回答に「細木数子」が! これが山札から出したカードで、強すぎだろう! 山札空気読み過ぎだろう!という話になりました。全体の2、3割くらい山札からのカードが親に選ばれていたように思います。このせいでなかなか、ゲームが収束しなかったし、いつ終わるんだという気持ちになったのも、あまりいい印象が持てなかった原因かもしれないです。

129613501973495.jpg
(細木数子がでた時、写真撮ったんですが、お題が写ってないです・・・)

わぎゃんしりとり(その2)

129310046067149.jpg
(4人で1ゲーム15分ほど)

【概要&ルール】
省略!
以前の記事

【プレイ内容&感想】
先日、相方と遊んで面白かったのでTYと4人で。
Tは昔からのゲーマーなので、ゲーム名を出しただけでルールを把握してくれたので楽でしたw。まあ、説明してもせいぜい30秒もあれば十分なお手軽ゲームですが。

カルタ方式で場札を時計回りでしりとりしながら取って行くバージョンと、手札から場札にしりとりでつながるように出して行くバージョン、あとはディクシットリと3回遊びました。

知り合いで遊ぶ限り、プレイ感覚はほとんど変わらず笑えました。
前回やらなかった手札から出して行くバージョンは、いまひとつで、場札をとっていく方が面白いです。
このゲームって別に勝ち負けを競うもんじゃないと思うんです。勝ちたかったら、淡々と無難な言葉でだけしりとりして、他人のアホな答えに待ったを出してればいいわけですが、それはこのゲームの面白さを思いっきり殺す方向の遊び方なので。

手札から出すバージョンだと、基本的に自分との戦いで、自分ひとりでうんうんうなって、これだ!と出すだけですし、手札を出すのは早い者勝ちなので他人の答えを感心してる間も笑ってる間もないという感じでした。
選択肢も手札分しかないので、結構言葉を探すのが大変です。

手番のプレイヤーが場札を見て、うんうん唸っている横で、アホな言葉を思いついて、自分ひとりで吹き出している時と、そのひとを横から何笑ってんですか(笑)と言ってる時がこのゲーム一番の楽しいポイントであり、醍醐味じゃないかと思います。

129310049067150.jpg
あと、ディクッシットリは4人だと大変ですね。全員に共感してもらえるような言葉を見つけるのが。ついつい不思議な何々シリーズとかやってしまうので、それだけ注意ですかね。

わぎゃんしりとり(同人)

129225287365109.jpg
(2人でインスト込み10分ほど)

【概要&ルール】
基本しりとりなので背景とかはないです。懐かしのワギャンランドのボス戦を再現というところでしょうか。

カルタのようにしりとりに使ったカードをとっていき、場札がなくなれば終了というやり方と、スピードやワードバスケットのように手札を持ち、場札に対してしりとりになるように手札からカードを出していき、手札がなくなれば終了というやり方があります。

しりとりはカードに書かれた絵を自由に解釈して行います。↓の例でいえば、右のカードから左のカードへ「貝」⇒「イチゴ」でもいいですし、逆に左から右で「あまおう」⇒「海の思い出」でも構いません。あまりに酷い読みと判断されると待ったをかけてもよいことになってます。

129225299665112.jpg

カードをたくさん取るか、早く手札からなくすか、勝利条件もやり方で変わりますが、要はしりとりに強い方が勝ちです。

【プレイ内容&感想】
大人数でやった方が楽しいだろうと思いつつ、お試しで相方と2人でやってみました。お試しなので本来よりも場札は少なくしてます。

最初は「貝」「イチゴ」と大人しくスタートしましたが、意外とまともな読みだけではつながらないもので、2人とも適当になって頭をつかうようになっていきました。

例えば、下の3札をとった時の流れは、

129225297165111.jpg

「おつまみ」

「ミケネコの友達のネコ」

「コハダ」
という流れでしたが、ノー待ったです。おつまみは上手い方だと思います。FINE PLAY!って画面下に表示されます。

自分以外のプレイヤーの言葉を「そうくるのか」と笑うのが基本なので、楽しむためにはある程度、わやを言う必要があり、そうなるとやはり仲間内で大勢集まってやらないとなと思います。真っ当にしりとりするだけだと、どうなんでしょう。

始めは馬鹿なだけのゲームかと思ってましたが、案外頭は使います。単純に何の絵かをみると言うよりも、どういうイメージかを読み取るかという感覚です。

あれ? この感覚ってなんかと似てる…と思い、↓をやってみました。

129225293865110.jpg

ディクシットしりとり、略してディクシットリ。ルールはわぎゃんしりとりと同じで使うカードがディクシット。

やはりというか、プレイ感覚は変わらないですね。わぎゃんしりとりの方が絵が具体的なので参加者同士で共通認識を作り易い点で待ったがかかりにくいでしょうか。ディクシットだと、どうしても理解されないインスピレーションがくることがありますが、わぎゃんしりとりは、余程、イメージを抽象的に捉えるようにしない限り、仲間内である限りは大概共感が得られると思うので。

まあ、相方は逆にあえて具体的なモノを読み取ってやろうとする謎の頑張りをみせてましたが。

ちなみに、紙は名刺よりも少し薄く、なよっとしているので何戦もやるのであれば、スリーブに入れた方がよいかと思います。

ワイルドバイキング

128596091351077.jpg
(相方とふたりでインスト込み20分ほど)

【概要】
バイキング達が財宝を持って村に帰ってくる。財宝をどんどんうちの館に運び込んでもらわないと。

【ルール】
カードを使った競りゲーム。バイキングが船に積んでいる財宝をプレイヤー同士で取り合います。最も財宝を獲得できたプレイヤーが勝利します。

場には村と赤、青、黄のバイキング船が並べられ、プレイヤーは手番に1回、サイコロをふります。
サイコロには、赤、青、黄の各バイキング船、黒のバイキング船、船の移動、カードの目があります。

バイキング船の目がでると、その目に対応した船に財宝が1つおかれます。黒のバイキング船はワイルドカードで、好きな船に財宝をつむことができます。
船の移動の目は、場の船が村に向かって移動します。村に一番近い船が村に到着し、それ以外の船は村に近づきます。
村に到着した船の財宝をどのプレイヤーが手に入れるかは、競りで決めます。競りは手札にある船と同じ色のカードで行います。前のプレイヤーが出したカードと以上の枚数を出すかパスするかを、自分以外の全員がパスするまで続けます。
競りに勝ったプレイヤーは競りに使ったカードを捨て財宝を手に入れ、他のプレイヤーはカードを手札に戻します。

カードの目は全プレイヤーが1枚ずつカードを補充します。

船の目が出た時に補充用の財宝がなければ、ゲームは終了です。

【プレイ内容&感想】
相方にやる?とコンポーネントを見せたところ、カワイイ!とのことで即プレイすることに。見るからにゲーム内容が手軽そうってのもあったんだとは思いますが。

とりあえず手探り状態でスタートして、4投目くらいで最初の船移動の目が出ました。相場もよくわからないので、とりえず出せるだけの赤カードを出してみるも、相方にあっさりと上乗せされて競り負けました。
まあ、カードの補充はサイコロの目次第で、かつ1度に1枚ずつしか補充できないので、これで次に赤い船が戻ってきた時には有利になるし、構わないかと思っていたのですが、カードの目がでまくります。1/6なんてなんのもんじゃい!と言わんばかりに出まくります。

このカードの目が出まくる傾向は、ずっと続き、最初のうちは、負けるかもしれないけどカードを全部出さずに残すようにするとか、財宝の数に対してこれ以上カードを出すのはおいしくないなどと考えていたのですが、相手のカードを減らしたとしても、がんがんカードが補充されてしまうので、とりあえずその場その場で全力で競っていく方針に切り替えました。

カードが貯まってしまうので相方も全力で競ってきます。
船が到着する度に、4枚だの5枚だので競り合ってるんですが…。

あくまで机上の話ですが、船の移動の目が出るのは1/6の確率なので、ある色の船が一度村に戻ってから次に村に戻ってくるまでにサイコロは18回振られるとします。とすると、各色の船の目は3回ずつ振られ、黒の船の目も3回でるので各船への財宝補充は4回で(自色+黒船を平等に分配)、カードは3枚だけ補充されます。(だいたい各色1枚ずつですね)

つまり、4つの財宝を1枚以上増えていればラッキーといえるカードで競り合うのが確率上のこのゲームなわけですが、1つ、2つしか積まれていない財宝を4枚、5枚のカードで競り合うという異常事態が展開されてました。僕の確率の考え方がおかしいのかもしれませんが、いくらなんでもカードの目出過ぎだし、財宝補充でなさすぎです。

最終的には、次の勝負が最後になるだろうから、今回は財宝の数も2つで少ないしパス!と判断したのが裏目に出て、次の勝負などはなくゲーム終了となり、財宝2つ差で負けてしまいました。

今回は出目が異常だったのでおかしなことになってしまいましたが、厳しいことを書くと、やはり運の比重が大きすぎるかなあと思います。競りに全力を出すか出さないか(次回の船を取るか、今回の船を取るか)が勝敗をわけるところですが、次回の船にどの程度の財宝が積まれているかは完璧に運なので、判断材料がありません。結果、次の船の方が財宝が少なかったとして、何が失敗だったか?を反省しようにも、運が悪かったなあとなるだけです。
競りで出すカードの枚数も、トータル枚数が決まっていてカウンティング出来る(ただし手札に何枚あるかはわからない)とかであれば、考えることもできますが、とりあえず勝ちたい時には全力!しか手がないように思います。ここで相手に何枚使わせて…というのが有効に使えるシチュエーションが思いつかないです。

128596096851078.jpg
とはいえ、コンポーネントはかわいいですし、サイコロ振りに競りにと盛り上がる要素もあります。ちょっとした時間に出していくゲームとしては良いと思います。
プロフィール

ひだり

Author:ひだり
川崎市で相方や友人たちとボドゲやってます。

オールタイムベストは、
・グローリー・トゥ・ローマ
・バサリ
・インペリアル
・アフター・ザ・フラッド
・ゴッズプレイグラウンド
・HABA社製品 全般

推理ゲーム好きだけど↑には入ってないという
-------------------------
連絡先:hidarigray@gmail.com
※当blogはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

QLOOKアクセス解析